pinocchio barrique – ボトルサイズで簡単なオーク樽熟成キット

少し前に話題になったアイテムに、樽熟成を24時間で進めてしまうというWhiskey Elementsがありましたが、これと似たようなニューアイテムがリリースされていました。

 

pinocchio barrique” というこちらのアイテムは、ボトル形状のオーク樽。中にウイスキー、ビール、ワインなど、自分の好きなアルコール飲料を入れておくと、オーク樽の力で熟成していくというものらしいです。

素材はヨーロピアンオークで、ボトル形状は500mlのメカニックキャップ, 700mlのコルクキャップが用意されています。ウイスキーだけでなく、ビールなどの熟成にも配慮されているようですね。

1eb1db_154a31f375924fbf9b912c016cf5417a

 

 

また、内部はチャー(焼き付け)の具合によって3種類用意されています。これはウイスキーの樽熟成に詳しい方なら「おっ」と思うのではないでしょうか。

1eb1db_d8750c8405fb49db989b8fb88c2f4e251eb1db_0ce51f1189544588b78faee41ac3592c.jpg_srz_p_420_420_75_22_0.5_11eb1db_5b887f5323ec4ccd8e257369cfdb4826.jpg_srz_p_420_420_75_22_0.5_1

 

 

 

 

こちらの画像を見る限りでは、このボトルでも通常の樽と同様に外気との接触が発生し、熟成が促進されるようですね。謳い文句としては、「樽よりも6倍早い熟成」ということで、7日間~21日間程度での使用を想定しているようです。

160226_pb

 

ウイスキーの熟成のためのミニ樽、という選択肢からさらに一歩踏み込んで手軽に熟成を楽しめるように考えられたこちらのアイテム、個人で愉しむ範囲であれば、管理の楽さなどから使い勝手は良さそうです。Barなどでは流石に容量も少ないですからちょっと使いにはあまり向かないかもしれません。

個人的には3種類のチャーの違いが楽しめるという部分がとても興味深いです。値段的にはあまり安くはないのですが、熟成のプロセスを確認したい方は一本いかがでしょうか。

なおこちらは海外の製品ですが、公式サイトの通販ページから日本への発送もされているようです。国選択でJapanを選ぶと、3本なら送料は14ユーロ。2000円はしない程度といったところです。関税などが別途かかるかもしれませんが、そこまで高くはつかないと思われます。

 

 

広告

pinocchio barrique – ボトルサイズで簡単なオーク樽熟成キット」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Oak Bottle 短期間でウイスキー等の酒を熟成させるボトル | 酒は人生の妙薬

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中