オールドプルトニー 8年 スコッチモルトセールス

dsc09809

Old Pulteney 8yo 2001-2009 (Scotch Malt Sales, 62.1%)
香りはツンと強いアルコール感、薄めた蜂蜜、バタークッキー、プラム、ヨーグルトのニュアンス、微かに野菜の出汁のニュアンス。

若さを感じるヨーグルト、ミルクキャラメル、焼きバナナ、ミドルからはヒリヒリとスパイシー、強いアルコール由来か、軽く粒状感のある炭やタンニン系のニュアンス、フィニッシュにかけてはやや草のようなニュアンスとバター系の味わいが残るが、度数が高くスパイス感も強い。

【Good】

スコッチモルトセールスが2009年にリリースしたプルトニー8年。開封から3年ほど経っていますが、暫く放置していたものを久しぶりに引っ張りだしてみました。

全体的に若いニュアンスが強く、ヨーグルトのような乳酸菌飲料のフレーバーと微かにニューポット感もあります。最近良くあるNASのボトルにも共通するニュアンスですが、これはカスクストレングスで度数が高いことから少々ハードパンチャーすぎるきらいがあります。

それなりに加水しても香りはあまり変わらず。良い意味でとれば崩れませんが、アルコール感もそこそこ残ります。味はフルーツと乳酸菌系のどちらか微妙なラインの酸味が良く出てきます。全体的に奥行きはあまり無いため、そこがちょっと残念ですね。

若いやんちゃな部分を楽しむのもありですが、さすがに度数の高さもあって飲み疲れするタイプ。このボトルとは長い付き合いになりそうです(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中