ロングモーン 21年 1964-1986 R.W.ダッシー

dsc09836

Longmorn 21yo 1964-1986 (R.W.Duthie, 86 U.S. Proof)

香りはおしろい、腐る直前の過熟気味なオレンジやリンゴ、桃などのフルーツ感、しみじみとした麦の甘さと旨味、こってりとしたバターのオイリーさ、腐葉土、じっとりと広がるピートのニュアンス。

味わいは溶けて透明感のあるバター、水ようかん、小豆、ややもっさりしたリンゴ、メロン、スイカ、ミドルから麦の旨味、土のニュアンス、じんわりと植物感が広がる、フィニッシュは麦のコクとリンゴに草のニュアンスが残る。

【Very Good】

ダッシーのロングモーン、1964年蒸留の21年熟成。このシンプルなラベルは、シンプルさ故に逆に凄みを感じてしまいます。

香り、味ともに複雑で多彩、様々な方面の要素が多くノージング・テイスティングともに時間をかけてゆっくりと楽しむことができました。ダッシーはあまり変化球なものは好まず、それぞれの蒸留所や樽の良さをストレートに現す傾向にあるということでしたが、このロングモーンも格別華やかさがあるわけではなく、むしろどちらかと言うと朴訥とした印象もあります。

しかし、懐の深さを感じさせる複雑さと、奥に潜むフルーティさはその他60年代のロングモーンに期待するような華やかな要素が感じられました。話によると、同銘柄の別ボトルでは本当に素晴らしいフルーツ感満載のロングモーンだったそうですが、このボトルにはそれが無いようです。この日が口開けだったため、これから開くのかそれともボトル差か……、悩ましいところですが、暫くは経過を見守る必要がありそうですね。

Gさん、感謝です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中