[読書感想]KENTUCKY BOURBON COUNTRY -The Essential Travel Tuide-

dsc00680

フォアローゼスのプライベートセレクションをIさんから譲って頂いた際、同時にバーボンの参考資料にとお借りしたのがこちらの書籍。現在のバーボン蒸留所を取り巻く環境について、基本的なことから各地の情報までを網羅してるハードカバーです。

各地域ごとに蒸留所を紹介していて、現地への行き方、蒸留所の営業日、ツアー情報から現地の宿やバー、レストランの情報まで、いうなればウイスキーマニア版「地球の歩き方」といったところでしょうか。内容はすべて英語ですが、基本的な英語ですし、写真も多く載せられているため読むのはそこまで苦にはなりませんでした。

dsc00681

こういった写真で見ているだけで、バーボンの蒸留所はスコッチのそれとはかなり異なることがよくわかりました。例えば原料の粉砕工程。スコッチの場合はどこもモルトミルがあるわけですが、バーボンではコーンやライ麦など多様な原料を使うため、その粉砕機も一般的なモルトミルとは全然異なる形状をしています。また、貯蔵庫の並びひとつとってもアメリカとスコットランドでは全く別物。土地面積の広さもあるのでしょうが、ゆったりとした間隔で並ぶ貯蔵庫は、スコットランドの風景ではまず見ることができない光景でした。

これを見ていたら、バーボンの蒸留所を訪れるのも面白いかもしれないな、なんて思いが膨らんできてしまったり。

 

ところで、著者はSusan Reiglerという女性で、ルイヴィル在住のレストランや外食関連の批評家かつアドバイザーだそうです。著書も多く、また文化系全般に造詣が深いようで、様々な活動をされているとか。今年のスコットランド旅行でも思いましたが、蒸留所のツアーガイドも女性が多くなりましたし、単に上辺だけの知識ではなくて製造工程の細かい部分までをしっかりと理解している人ばかりです。ある蒸留所スタッフも言っていましたが、「最近は女性の方が作りには詳しくてね」なんて発言もでるくらいです。

ビジターセンターの拡充から観光地のひとつとしての側面を強めてきているウイスキー産業、ソフト面でのサポートは女性の活躍の場でもあるわけですね。今後、もっと労働環境が変わっていくことでしょうけれども、男としては、造りの部分では男の役割はまだまだ大きいと思いたいところでもあります(笑)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中