グレンロッシー 20yo 1992-2013 BBR

dsc00940

GlenLossie 20yo 1992-2013 (BBR, Cask No.3464, 46%)

香りはオレンジ、こってりとした穀物の甘さ、白い花のニュアンス、汗のようなセクシーさもある、時間が経つと少し火薬っぽさも現れる。

味わいは穏やかで軽やかに流れるような口当たり、マーマレード、ピンクの果実、ミドルから落ち着いて素朴な麦の甘さ、まとまりが良くしみじみとしたフィニッシュ。

【Good/Very Good】

BBRオリジナルラベルのグレンロッシー、46%に加水されているボトルです。

ひっかかりが少なくするすると呑めるのは加水が巧いためでしょうか。オレンジなどのフルーティさもしっかりとあり、何も考えずにゆるゆると飲むにはちょうど良いボトルです。ロッシーらしさというのはあまり分かりませんが、軽やかで甘さのハッキリとしたフルーティさはスペイサイドらしい一本。

BBRの90年代蒸留のものはこういうプレーンな樽のものが多い印象で、ディアジオのオフィシャル樽に近いイメージがあります。こってりしたシェリー樽などはあまり持っていない印象。そのためか、どのボトルを飲んでも突き抜けて美味いものは無いように思えるのですが、安定した樽選びを堅実に続けている老舗、といったところでしょうか。

元々ワイン商のBBR、ワイン樽をウイスキー用におろしたりしていないのか、ちょっと気になります。あまりあれこれいじり倒そうという野心的なものは感じられないので、ウイスキーとワインは全く別物で考えられているのでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中