ラフロイグ 15年 2001-2016 エディションスピリッツ

dsc01116
Laphroaig 15yo 2001-2016 (Edition Spirits “The First Edition”, Cask#12382, Refill Butt, 58.4%)

香りはこってりとした黒糖、おしゃれで華やかなブドウなどのフルーツの凝縮感、やや長熟ラムに通じるニュアンス、グレープフルーツ系の柑橘もありフルーツ感が多彩、奥にはしっかりとヨード、火薬、クローブ、黒胡椒などのスパイスのニュアンスが少し。

味わいは、アタックから香り同様の多彩なフルーツ感が広がる、黒糖と麦の中間的な甘み、やや強めの樽感、ミドルからの強すぎないピート感が好印象、スパイスとジャムをつけた紅茶のニュアンスが広がるフィニッシュが心地良い

【Very Good】

最近ちょこちょこと見かえるようになった “The First Edition” のこちらのロゴは、ボトラーズのエディションスピリッツから。

かなり濃厚なシェリーカスクのラフロイグで、上述の通りそのニュアンスがしっかりと出ています。華やかさに溢れ、ハイプルーフらしくパワフルさも兼ね備えた厚みのある味わい。口に含んだ瞬間から飲み込むんだ後の余韻まで、満足感がずっと続くモルトでした。分かりやすく、素直に美味しい、そんな感じです。

オフィシャルの21年ハーフボトルとは(あちらはバーボンカスクなので)異なる方向性ですが、どちらも同じように突き抜けて美味いボトルですね。残念ながら既に完売してしまっているようですが……。300本程度であれば、仕方がないかもしれません。

 

ところで、ラフロイグ蒸留所としては珍しいと思われるシェリーカスク。今年のスコットランド旅行で現地を訪れた際、ちょうど樽が本土から届いており搬入作業をしていました。話を訊くと、やはりバーボンカスクばかりだということです。

dsc00020

ラフロイグ蒸留所、樽詰め前の一次保存庫内の様子。バーボンカスクが整然と並ぶ。

蒸留所のすぐ側にある熟成庫にも、基本的にはこれらのバーボンカスクばかりが並んでおり、シェリーカスクがどこにあるのかは正直見えませんでした。一方で、蒸留所内のいくつかの場所では既に役目を終えてオブジェとして並んでいるものの中にButtサイズの樽も置かれており、シェリーカスクが無いこともなさそうだ、という推測はできます。

オフィシャルの特別なボトル用、あるいは大手のボトラーズ向けに特別に払い出す用など、通常とは異なるルートで樽を手に入れてくるのかもしれません。色々な可能性はありますが、いずれにしてもシェリーカスクのラフロイグは貴重なものであることが伺えました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中