マクファイルズ 2000年記念 陶器ボトル 2000ml

 

dsc01145

MacPhail’s 2000 (Gordon & Macphail, Vatted Malt Scotch Whisky, 2000ml 40%)

香りは高貴なシェリー感、ふんだんに香る白桃、レーズン、プラム、リンゴと紅茶、鞣した革、アンティーク家具、複雑でリッチさがあり素晴らしい、時間を置くとバターのニュアンスも出てくる。

味わいは黒糖のようなコク、カラメル、驚くほどスムーズ、白桃、洋梨、プルーンなどのフルーツ感、ミドルから紅茶、ややドライでホワイトペッパーのように少しピリピリとするが強くは無く舌先に染み込む、鼻抜けから返りにも古樹の香り、余韻は穏やかな暖かさが残り、和三盆のように儚く消える。

【Very Good/Excellent】

天下のG&M、ゴードン&マクファイルズが西暦2000年の記念にリリースしたブレンデッド・モルトウイスキー。

縁あっておすそ分け頂く形となりました。ボトルの由来など詳細な説明はくりりん氏のブログをご参照頂ければと思います。

fec3de9e-s

陶器で2000gもあるそうで、箱も重そうな作り。 photo by くりりん

注いだ瞬間から立ち込める白桃やプラムのフルーツ感に思わず顔がほころんでしましました。高貴さも感じさせる往年のシェリー樽の香りも素晴らしいですが、単純なフルーツ感が前面に出るタイプのものではなく、木や革、古びた家具のニュアンスも同じくらい主張してきて、複雑ながらも全体として丸みを帯びている印象です。そして複雑さは味わうと舌に染み込むようで、ほとんど嫌味を感じさせませんでした。

“A vatting of rare single malt whiskies the combined ages total 2000 years” という記載では、一瞬、力技だけのブレンデッドかと思いますが、そこはきっちりと仕事をしてくれたのでしょう。さすがですG&M。合計2000年という熟成年数は伊達なだけのものではありませんでした。

ややヒネというか独特の香りがありましたが、ボトリングから16年ほど経った割には概ね状態も良好でした。原酒は概ね40年オーバーと云われていますし、今から50年も前に造られた酒が経た時をここで味わえる。素晴らしいロマンだと思いませんか?

次の節目は2100年でしょうか?(笑) こんな年末に来年以降のことを考えるなんて、何かに笑われてしまいそうですし、勿論生きてそれを見ることはできないでしょうが、G&Mならばそれをやってのけてくれる、そんな予感があります。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中