スプリングバンク 19年 1997-2016 ケイデンヘッド ウェアハウステイスティング

 

dsc09767

dsc09768

Springbank 19yo 1997-2016 (Cadenhead “Warehouse Tasting”, Cask#606 Recharged Sherry Butt 59.0%)

香りはチョコレート、ネーブルオンジ、強めのシェリー樽香、濃く煮だした紅茶、濃い目の柑橘、少し粘土、腐葉土のようなアーシーなニュアンス。

味わいは桃、チョコレート、トフィー、ミドルからはピリピリとブラックペッパー、やや青臭いハーブ感、湿ったおがくず、酸味のあるさくらんぼ、じっとりとしたタールのようなピート感が広がる、酸味とタール感が残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

Warehouse Tasting はキャンベルタウンにあるスプリングバンク蒸留所内の貯蔵庫にある樽から直接詰めたものです。この後載せる予定の CASK ENDS シリーズと同じものになります。2016年のスコットランド旅行で購入してきました。

dsc00382

原酒を取り出した樽がこちら

 

やや荒々しく、粘土のようなニュアンスがひっかかるところがありますが、全体的にはなかなかの近年系シェリー感。もう少し落ちついて馴染んできてくれないかな、と期待をしているのですが、どうでしょうか。とりあえず1年くらいは寝かせてみるのもありかもしれません。

Recharged Sherry Butt というのは何か、と質問したところ、「1回スプリングバンクを詰めた後の樽にチャーをしてこの原酒を詰めた」というような説明でした。どのくらいのチャーの強さかは定かではありませんが、味のニュアンスからするとそこそこ強めにかけたのではないかと推測しています。

加水するとブラックペッパーのような刺々しさは弱まるが、全体的に酸味が強調されます。そこまで広がらないですがフルーツを感じやすく、また飲みやすくなります。まだ試していませんが、ハイボールも結構いいかもしれません。サッパリとした酸味がうまくはまってくれるでしょうか。

ケイデンヘッドの貯蔵庫内には様々な蒸留所の樽が眠っていましたが、樽から直接取り出して味を確認し、ボトルに詰めるというのはちょっとロマンがあって良かったです。とても良い経験になりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中