キャパドニック 20年 1996-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc09769

dsc09770

Caperdonich 20yo 1996-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#13/452-1 Hogshead-Sherry HogsHead 3 years, 48.9%)

香りは甘い蜜、ポリッシュした家具、イチゴ、白桃、洋ナシ、清涼感のあるハーブ、トーンは高い、軽さのある穀物感、軽さを感じるオークの木樽、微かにチョコレートのニュアンス。

味わいは透明感のある蜂蜜、噛みごたえのあるイチゴジャム、徐々に少し刺々しいシェリー樽感が出てくる、ミドルからは少しオイリー、かき氷のイチゴミルクシロップ、トフィー、フィニッシュにかけて樽材の木のニュアンスと濃い目のミルク感が残る。

【Very Good】

CASK ENDS シリーズは、キャンベルタウンにあるスプリングバンク蒸留所内の貯蔵庫にある樽から直接詰めたものです。ボトラーのケイデンヘッドならではですね。2016年のスコットランド旅行で購入したものです。

dsc00380

サンプルテイスティングの様子。スプリングバンク蒸留所のウェアハウスにて。

 

このキャパドニックは17年をホグスヘッドで、その後3年間は別のホグスヘッドサイズのシェリー樽で寝かせたものです。フィニッシュというには長い期間ですが、思ったよりもシェリー樽感は強くはありませんでした。

特に香りが良く、アンティーク家具のような高級感のある樹木系の香りに、フルーツ感も乗っていて良いニュアンスが出ています。スワリングするのが楽しく、また1杯を楽しむ間にも時間変化で結構変わっていくようで面白さがあります。

加水すると特にアンティークっぽさとフルーツ感が良く出て香りが素晴らしくなり、味わいもジャムのような甘さが強くなる一方で刺々しいシェリー感はなりを潜めました。これは加水がかなり良いですね。

こんな風に良い樽をセレクトできたら、樽選びとしては幸せでしょうね。

この他にもウェアハウス内には様々な樽が並んでいましたが、大半は番号しか振られておらず、蒸留所など詳細は調べないと分からない状態でした。そのためか、テイスティング可能なリストに載っていても探すのが大変だったりして、試したい樽を探すのに10分くらい倉庫内をうろうろしたり、ということもありました(笑)

dsc00381

左側の樽のように、番号しか振られていないものもありました。詳細不明。

 

蒸留所の一般ツアーに飽きてきたり、特別な経験を求めるのであれば、是非こういったスペシャルなツアーに参加されることをお勧めします。個人で樽を買うようなことは今はできなさそうですが、樽から直接ボトルを購入したり、といった機会はいろいろとあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中