グレンリベット 19年 1996-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS”シリーズ

dsc01475

dsc01476

Glenlivet 19yo 1996-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#906682 Bourbon Barrel, 52.1%)

香りは酸味のあるリンゴ、プラム、バタースコッチ、透明感のあるハチミツ、香水のよう、フレッシュな樹木の香り。

味わいはりんご飴、バタークッキー、ヘザーハニー、ミドルからアルコールのパンチと共に樹の香り、嫌味のないバーボンカスクの樽感、香木のニュアンスもある、鼻抜けにバラのような花の香りが漂いフィニッシュまで続く。

加水するとキャラメルのような甘やかな香りがよく立ち、味わいもキャラメルとハチミツ様が良く出てくる。スッキリとまとまっておりバランス良く伸びる。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから1996年のグレンリベット。

決して未熟感は無く、しかし一方でフレッシュなリンゴや樹木の香りが生き生きとして美味しいモルトです。味はプレーンで、素直な良いバーボンバレルが熟成するとこういう味、という教科書通りのようでした

加水するとまとまりよく伸びてくれて、カスクストレングスでの少し刺々しいところが収まってくれました。ロックは試していませんが、夏場にはそれもありでしょう。

dsc00378

実際の樽はこちらなのですが、ドロナックで詰められたリベットがスプリングバンクの熟成庫にある、という良く分からない経緯のものです。「なんで樽詰めがドロナックなの?」と訊いたのですが、担当者も “I don’t know, HaHaHa!!” としか答えてくれませんでした(笑) まあ、毎日たくさんの原酒が樽に詰められ生まれていくわけですから、全部が全部分かるわけじゃないですが……。

という不思議な面白さもあってこの樽も購入してきました。改めて考えてみても、この樽の素性はとても興味深いですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中