グレンバーギ 20年 1995-2016 シグナトリー ビンテージ

dsc01498

GlenBurgie 20yo 1995-2016 (Signatory “Vintage”, Hogshead Cask#6486 + 6487, 43%)
香りはバタースコッチ、メロン、ハチミツ、レモングラス、ややヨーグルトドリンクのような若いニュアンス、奥に清涼感のあるハーブ、微かに小豆のニュアンス。

味わいは優しい口当たりでメロン、軽く桃、熟したパパイヤ、ミドルから木の皮、やや胡椒のようなピリピリとした刺激、フィニッシュは甘いハチミツとシナモン、カルダモンのような爽やかさも伴って程よく続く。

【Good/Very Good】

シグナトリーのビンテージシリーズからグレンバーギ。

程よく乗ったフルーツ感に、そこそこ木の皮や樽のニュアンスも出ていて、突出したところは無いもののバランス良く広がってきます。90年代蒸留の綺麗に作られたモルト、その中熟ボトルとしてちょうど良い、普段使いのモルトといった感じです。昨年末ころに、知人が「安いけど美味しいよ、これ」というオススメがあり、試飲したところ確かに良いな、ということで
1本購入しました。

シグナトリーのこのシリーズは、加水のおかげか値段も抑えめなのが嬉しいところ。また、同スペックのグレンバーギは前の年も19年熟成でリリースされていたらしく、同じような味わいだったことから今年の末や来年あたりにも同じようなボトルがリリースされる可能性が高いでしょう。気になった方はのんびり待ってみると良いかもしれません。

ところでシグナトリーというと羽の絵柄が昔からのアイコンらしいのですが、現在のこの羽はパッと見、エビに見えるのは自分だけでしょうか……。昔のボトルは羽根ペンみたいで格好良かったのですが。

dsc01500

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中