グレングラッサ 39年 1972-2012 ザ・ソサエティ 21.27

DSC01516.jpg

Glenglassaugh 39yo 1972-2012 (The SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY 21.27 “An enticement of sweet oak”, 46.7%)

香りはモルティ、ナッツ、オレンジ、高級感のある家具、ポリッシュ、紅茶、奥からやや醤油のニュアンス。

味わいは落ち着いた広がりから栗の甘さ、オレンジ、桃のニュアンス、おしろい 苦味の少ない紅茶、強いフルーツ感にピリピリとした刺激のあるフィニッシュ。

【Very Good】

ソサエティの21番、グレングラッサ蒸留所から超長熟レンジの一本です。

原酒由来なのか穀物系の力強さもありつつ、長熟の樽で出てくる高級感のある家具のような良い香り。飲んでみるとフルーツ感しっかりに、リフィル系の紅茶のニュアンスと、とても多彩かつまとまりが良く素晴らしいバランスでした。過熟すぎる場合によくある樽をしゃぶっている感もなく、”enticement of sweet oak”とある通り、まさにオーク樽の魅力に魅せられてしまいそうでした。良いですね、これは。

このボトルもこの日が口開けだったため、まだまだこれから広がりを見せていきそうな予感がしています。

グレングラッサ蒸留所といえば、1986年に一度休止した後2008年に復活となったわけですが、休止前の蒸留のもの、特に70年代前半のオフィシャルボトルなどは評価が高いですね。このボトルも1972ということで、その頃の良質な原酒から更に選ばれた一本なのでしょう。今となってはもはや幻ともいえそうなスペックです。まだ5年前なのですが……。

同蒸留所は、G&Mなどがあるエルギンの町から東へ40kmほど。周りには何もないようなところにポツンと建っています。再開までの間にもその建物が維持されていたことに驚きましたが、原酒を寝かせる貯蔵庫としてはちょうど良かったのかもしれませんね。

dsc02048

グレングラッサ蒸留所付近の風景

2008年の再開後、そろそろ10年になるグラッサ。最近はあまり目立ったリリースがなくなってしまいましたが、もう少ししたら10年物のアナウンスがあるのでしょうか。リリースに期待したいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中