グレンファークラス 26年 1989 オフィシャル for Bar メインモルト & BAR キャンベルタウン・ロッホ

dsc01511

GlenFarcalas 26yo 1989-2016 (OB for “Bar Main Malt & BAR CAMPBELTOWN LOCH”, Sherry Butt, Cask#13009 52.3%)

香りはレーズン、デーツなどの美味しそうなフルーツ感が強い、ローストナッツ、オイリー、少しクレヨンのニュアンス、全体的に近年系らしくない良い香り。

味わいは滑らかに広がる、糖蜜の甘さ、プルーン、濃いレーズン、ミドルからピリピリと黒胡椒、火薬のニュアンス、レーズンとその枝、落ち着いていてちょうど良い渋み、濃厚なフルーツ感と軽い収斂味がちょうど良いフィニッシュ。

【Very Good】

最近のニューリリースの中でも本当に美味いと、今年はじめから話題となったグレンファークラス。その噂はかねがねでしたが、噂通りの美味しさでした。

近年系とは思えないような滑らかで嫌味の無いシェリー樽で、凝縮したフルーツ感とほどよい刺激に厚いボディがちょうど良くまとまっています。こちらは開けてから暫く経っているからか、一体感もあり美味しく素直に1杯で満足できるモルトだなあ、という感想を持ちました。これは確かに良リリースですね。

ここ最近の日本市場はそこまで魅力的には映らないからか、各社ともどちらかといえば中国や台湾に注力してしまって日本は後まわし的に見えます。そんな現状にあっても、これだけ美味しいボトルを引っ張ってきた関係者の方々の努力には本当に感謝です。こうして実績をつくって、今後にも繋がると良いですね。

 
さて、この日は前述のファークラス1971の次にこのボトルを飲んだのですが、正直言って全く遜色なかったと思っています。向こうが口開けだったためややまとまりに欠けていたというのもありますが、こちらの1989の方が引っかかりがなくまとまっていて滑らか、という印象でした。

両グラスを同時に飲み比べてみると、確かに1989は近年系シェリーの味が特にフィニッシュにかけて顕著にはなり、一方で1971の方はやはり往年のシェリー樽の素晴らしさが漂うわけで、そういう意味では1971の方が風味が好ましいことは確かです。が、もうこれは方向性が違うというか比較しても仕方がないというか……、どちらも同レベルくらいで美味しいと思いました。というわけで評価としては同レベルとなっています。
改めて、近年リリースの中でも素晴らしいファークラスでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中