オールド・プルトニー 1997-2015 ロイヤルマイル・ウイスキー向け

dsc02050

dsc02076

Old Pulteney 1997-2015 (OB for Royal Mile Whiskies, Cask#774, 55,7%)

香りは豊かな麦の甘み、ハチミツ、塩気の強い焼き立てフォカッチャ、ローストしたナッツ、奥から洋ナシ、桃のニュアンス。

味わいは思いの外優しいタッチから突然パワフルに広がるハチミツ、ネクタリン、樽由来の樹の渋みが程良い、プラムジャム、鼻抜けは心地良い木香がさらっていく、塩気と水飴のような甘さが後を引くフィニッシュ。

加水すると香りはロースト香が立ちややオイリーさが増す、味わいはアタックの甘さとミドルの果実ジャム様が引き立つ。スムーズに伸びる少量加水が好印象。

【Very Good】

エディンバラにあるロイヤルマイル・ウイスキーがボトリングした、オールド・プルトニーのシングルカスク。18年ほどの中熟ボトルです。

オールド・プルトニーは自分の大好きな蒸留所で、これまで何度か蒸留所限定のヴァリンチテイスティングしていますが、各所で云われている通りこのボトルも似た方向性の味わいです。オフィシャルの良質な90年代シングルカスク、その中でもこれは珠玉の出来でしょう。

厚みのある麦芽由来と思しき甘さ、少し酸味のあるジャムのようなフルーツ感、そして強めの塩気。加水した際にローストしたような、あるいはチャーした樽のような香りがしたのですが、これはバーボン樽をチャーして使用している影響でしょうか。「バーボン樽らしい」バニラのニュアンスも勿論あり、バーボン樽のモルトとしてひとつの理想的な味わいを体現しているとも言えると思います。自分がプルトニーに求める味も然りなので、まさにドンピシャといったところです。

このボトル、評判が良かったようなのでロイヤルマイルから引っ張ろうと思いつつも迷っていたら、いつの間にか売り切れてしまっていたという。プルトニーラヴァーとしては完全な過ちでした。先月、持ち寄り会の場で少量頂きテイスティングすることができました。本当にありがとうございます。

ところで、プルトニーはこのようなバーボン樽のモルトに良い出来のものが多く、またオフィシャルボトルのラインナップ的にもバーボン樽がメインのように見受けられます。一方で、蒸留所としてはシェリー樽は勿論、ワイン樽やビール樽などもあるとのことで、いろいろな実験を行っているようですね。どの程度の比率で原酒を仕込んでいるのかは定かではありませんが、一般的にはプルトニーの求める味わいはバーボン樽がメインなのだろうと思います。

シングルカスクにはこだわらず、複数ヴァッティングでもかまわないので今後も美味しいプルトニーが飲めることを期待したいと思います。

広告

オールド・プルトニー 1997-2015 ロイヤルマイル・ウイスキー向け」への3件のフィードバック

  1. mabe

    初めまして。私の場合も亡き父が布団に入りながらレッドだったと思いますが、ストレートで飲んでました(若い頃は、ウイスキーはそのまま飲むと思ってました)元来酒に強かったせいも有り、店舗デザイン・施工もしてましたので、バーのデザインをさせてもらってオーナーと仲良くなり、西日本の色々なバーを散策しました。ちなみに今好きなウイスキーはラフロイグです。
    このピートの香りがたまりません。楽しいブログ楽しみにしてます。

    いいね

    返信
    1. K.67 投稿作成者

      ご訪問ありがとうございます。
      父親の世代は、やはりサントリーとニッカが強かったことでしょう。「スコッチ」は高嶺の花だったという話を良く聞いたものです。

      ピートは好みなものの、ラフロイグまで行くと少し苦手なのですが、アイラ・モルトは個性があって美味しいですよね。個性を愉しむのがシングルモルトの愉しみかな、とも思っています。

      いいね

      返信
  2. ピンバック: バルブレア 1993 23年 ロイヤルマイル向け | 酒は人生の妙薬

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中