[日本酒] 仙鳴郷 無濾過純米酒

DSC02254

仙鳴郷 無濾過純米酒

米の雑味も含めた濃厚さにフルーツ感も乗った強めのボディ

やや若さを感じる乳酸系のフレーバーが濃厚なチーズを思わせる

冷やはややもったりとベタつくところもあり、燗の方が料理に合いやすい

 

神奈川県足柄にある井上酒造の仙鳴郷。神奈川の酒蔵と言えば、品質が良く著名な所は相模灘といずみ橋あたりか。さて、それ以外の酒蔵はどうかとふと気になったため、試したことが無い銘柄にも目を向けてみた。

純米酒ということで、やはり吟醸とは異なる方向になるが口開け一杯目は良いフルーツ感も出ているな、という印象。ただし、飲み進めていくとやや米の雑味と乳酸系のフレーバーが主張してくる。この辺りは個人の嗜好だが、自分はあまり好みではない部分だった。

ぬる燗にしてみたところ、こちらの方が飲みやすく料理にも合わせやすい。魚のヅケやきんぴらゴボウなどの味の濃いめのものに合いやすかった。やはり日本酒は料理あってこそ、ということかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中