グレンファークラス 32年 1968 オフィシャル加水ボトル

DSC02257

GlenFarclas 32yo 1968 (OB, Bottled in 2000, 43%)

香りは昔のシェリー様、レーズン、古木、アンティーク家具、少し腐葉土、残り香にカスタードクリーム。

味わいは優しく染み込む、レーズン、酸味のきつくないプラム、少し野暮ったさを感じるアーシーさ、チョコレート、ローストしたくるみ、じんわりと温かく染み込むようなタンニンが心地よく広がる。

【Very Good】

グレンファークラスのオフィシャルボトル。2000年にボトリングされたこちらのボトルは1957年、1974年がいずれも加水43%でリリースされています。ファミリーカスクはカスクストレングスですので、それとは対極になりますね。ボトリング数が1200本程度なので複数樽ヴァッティングでしょうが、加水ということもあってひっかかりの少なさが好印象です。こういうのが疲れなくて良いんですよね。

簡易ブラインドで出された結果が上のテイスティングノートなのですが、第一印象からして往年の良いシェリーカスク。かなり良い素性、というところ。加水なのは明らかで、少し野暮ったいアーシーさがマッカランなどとは異なりました。出題者がヒントで1968というワードを出した瞬間に、飲んだことは無かったんですがボトル指定でこちらは浮かびました。ファークラスらしいといえばらしい味わいでしたね。

グレンファークラスはオフィシャルからヴィンテージ入りのボトルが多数出ていることもあり、幅広いラインナップが用意されていますが、概ね似た傾向の味わいになっているところは流石といったところです。おそらくは樽の管理が安定していることに加えて、それを選ぶ人も味わいがぶれていないためでしょう。ファミリーカスクなどはしっかりと美味しい樽を選んでいるのだろうなと思います。もちろんそこまで良くない樽もあるでしょうから、その辺は何か他のものに使うのでしょう。

多数の在庫と管理手法による安定さ。直近では年末年始の1989,1991,2005などのヴィンテージはどれも評価が高めで話題になりましたし、今後もうまく機能させていって美味しいボトルをリリースしていってほしいですね。

DSC02258

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中