生命の水 ソサエティ 124.2 宮城峡蒸留所

DSC02260

生命の水 Japanese Malt Whisksy 16yo 1989-2005 (SMWS, Cask No. 124.2, 59.3%)

香りは青リンゴ、洋梨、カスタード、はちみつ、少しおしろい、独特のヒノキのような香木感が強すぎず主張する。

味わいはスムーズに広がる、オレンジ、洋梨、ミドルから香木とやや強めの樽感、芳醇な木の香り、ホワイトペッパー様がヒリヒリと主張しながらはちみつの甘さとともに残るフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

ソサエティの124.2番、宮城峡蒸留所です。以前、同じくソサエティ宮城峡の124.1番を飲ませて頂いたことがあるのですが、そのときの印象と比較すると、ジャパニーズらしい香木感はやや控えめなものの、その他の香りの要素ともバランスが良く、飲んだ満足感はどちらも勝るとも劣らない素晴らしいものでした。こんなボトルを頂けたことには本当に感謝です。

こちらも簡易ブラインドでの提示。香木感は単なるスコッチでは感じられないようなとは思ったものの、独特の香りを新樽と勘違いして探してしまいあえなく撃沈。自分は以前にもジャパニーズ独特の香りを新樽と勘違いしたことがあり、この辺の違いを明確にしていくのが課題といえそうです。

それはさておき、飲んでみればとんでもなく美味いことは確かで、ソサエティへ払い出した初期のこのあたりの樽は気合いをいれていたのでしょうね。最近リリースされている宮城峡のボトルは、どれもシェリーカスクの、それもちょっと樽感がキツくてギスギスした印象のものが多いですが、これは明らかにシェリーカスクではないですし、どちらかというとプレーンな樽感が良い方向に作用しています。

こんな樽もちゃんとあるじゃないか、というのは前にも持った感想なのですが、改めて宮城峡の懐の広さを感じると同時に、どうしてこういうのがオフィシャルから出てこないのかなあ、と残念に思うところでもあります。

原酒不足ということもありいろいろと厳しい事情もあるのでしょうが、今後のリリースに期待したいと思います。

DSC02262

 

広告

生命の水 ソサエティ 124.2 宮城峡蒸留所」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    先日は楽しい時間ありがとうございます。
    宮城峡は美味しかったですよね。
    余市なんかもスペックが普通?なのにとても美味しくて面白いものです。

    ブログは写真が美しくて楽しく拝見してます。
    またご一緒しましょう!

    いいね

    返信
    1. K.67 投稿作成者

      こちらこそ、素晴らしいモルトの数々、ありがとうございました!
      モルト以外でもゲームの話など面白かったですね。いやー、懐かしかった。

      お声がけいただければ飛んでまいりますので、是非またご一緒させて下さい!
      今度はこちらからも、あれこれ飲んで頂きたいモルトもありますので。

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中