アードベッグ 1993-2004 エーカーダイク “A Single Old Malt Cask”

DSC02263
Ardbeg 1993-2004 (Acredyke “A Single Old Malt Cask”, 57.5%)

香りは濃厚なチーズ、ヨード、海の潮気、甘そうなハチミツ、少しミーティさ燃やした枝のニュアンス。

味わいはやや強めのアタック、柑橘の白い部分や袋、若さを想起する乳酸系、チェダーチーズ、じくじくとしたタール様、海岸の泥、フルーツ感は乏しくじっとりとしたヨードとチーズ感が個性的なフィニッシュ。

【Good/Very Good】

エーカーダイク、という読み方で良かったように思いましたが、どうだったか。この1993アードベッグは香りにチーズ感がとても特徴的で、アイラの要素がしっかりとあるもののボウモアのようなフルーツ感に乏しく、ラフロイグのように柑橘のニュアンスも薄い。かといってカリラほどオイリーで地味でもない。というところから第一印象はアードベッグでしたが、ここまで濃い目のチーズやミーティなニュアンスは経験が無く、ラガなどと迷うところでした。

簡易ブラインドで答えを聞いたときは納得でしたが、アードベッグで1993年というヴィンテージは休止中ではないかと思っていたため出てきませんでした。そう、アードベッグと言えば1981年に頃に休止した後、1989年から1996年まで不安定な操業が続いていたのですが、この期間を完全休止と思っていたのが原因です。その後、1997年にモーレンジが買収してからは安定した操業が可能となり、今では様々なリリースが出るようになりました。

度数の割には飲みくちはやや柔らかく、ボトリング後の経年によるものかもしれません。一方で香りと味にも若々しさの残るチーズ感が特徴的でした。個性的なアイラの蒸留所から、さらに個性的とも思えるボトルが選ばれた、そんな気がしますね。

DSC02265

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中