ベンリアック 35年 1976-2012 酒のキンコー向け2ndボトル

DSC02266

BenRiach 35yo 1976 (OB for KINKO 2nd Release, Cask#3035, 43.8%)

香りは青葉、やや強めに草、奥からパイナップル、缶詰のミックスフルーツ、桃、シロップ、ヒノキのような木のニュアンス。

味わいは青い植物感から始まる、徐々にシロップづけのパイナップル、チェリー、桃など、ミドルから強くはないがしっかりと主張する樽の味、シロップの甘さとフルーツ感が残るフィニッシュ。

【Very Good】

九州のキンコーさん向けのベンリアック1976、セカンドボトルです。当時のアナウンス記事がまだ残っていますので、改めてそちらを参考にしてみると「最もピーチフレーバーだった樽」ということでした。

自分はそこまで桃という感じはとれなくて、どちらかというとパイナップルっぽさと、ミックスフルーツ缶のシロップのような、どこか人工的な要素もある甘さだな、という印象でした。上記サイトにもある「シンプルで澄んだ桃のフレーバー」というのはなかなか言い得て妙で、シロップのような澄んだイメージなら納得でした。

長熟の度数落ちで43%まで下がっているためか、飲んだときに強さは感じられないものの、ミドルには樽のニュアンスが結構強く出てきていることが感じられました。流石に35年という熟成期間は樽の影響がかなり出ますね。一方で、それでも比較的プレーンなニュアンスで、超熟に耐えられる良い樽だったのでしょう。

キンコーさんのチョイスが光る、良いボトルでした。自分も買っておきたかったですね……。

良いボトルを飲ませて頂きまして感謝です!

DSC02268

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中