ブローラ 30年 オフィシャルボトル 3rdリリース

DSC02273

Brora 30yo (OB, bottled in 2004, 3rd Release, 56.6%)

香りは過熟気味の柑橘、パイナップル、マンゴーなどのトロピカル感、じっとりとしたピートにヨード、下支えするどっしりとした穀物の甘さ、まとまりがあり素晴らしい。

味わいはやや弱めのアタックから香り同様のフルーツ感、穏やかだがじんわりと主張するピートやヨード、ショートブレッドの甘さ、少し塩パンのようなニュアンス、じっくりと染み込むトロピカルフルーツとピート感がまとまりよく続いていくフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

2004年にリリースされた、オフィシャルのブローラ30年。この系統のオフィシャルボトルでは3番目のリリースとなるボトルでした。

こちらも簡易ブラインドで提示され、第一印象はボウモア30年シードラゴン。過熟気味のフルーツにやや落ち着いた感じのじくじくしたピートを取った結果のイメージでした。結果は上記の通りブローラ。盛大に外しましたが、アイラと北ハイランドで結構似たイメージが出て来るのも我ながら不思議だなあと思いました。

 

トロピカルというよりも過熟気味のフルーツ感の方が強く、爛れたニュアンスはある意味硫黄成分を含んだフルーツフレーバーもにも通じる要素があるのかもしれません。ピートのいぶしたようなニュアンスもあってボウモアと混同しました。

島モノらしさのあるピートのボウモアと、あまりそのようなイメージのないブローラですが、フルーツ感は結構似ているようにも思えました。ボトル公開後は「なるほど確かに」と思うのですが、ブラインド時にどう感じたかを思い返すと面白いですね。

 

ブローラのこのシリーズのオフィシャル、今回のボトルは2004年ボトリングでしたが、自分が飲み始めた2008年頃でも一部の酒屋ではこの3rdや4thが残っていた記憶がありあす。値段は3万円超えるほどでしたでしょうか、当時はその値段でもかなり高額な部類に入ったため、皆さんそこまで食指が動かなかったのかもしれません。2013年頃でも8thや9thが残っていて、それも4万円ほどでしたので、またまた同じような傾向ではありましたが、やはりいつしか売り切れてしまっていました。

この個性的な味わいは、近年ではあまり見られなくなってしまいました。もっとクリーンでクセのない方が一般的には受けるのでしょうか。この個性的な味は残して欲しかったですが、残念ですね。

DSC02274

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中