月別アーカイブ: 2017年5月

オールドプルトニー 11年 2005-2017 蒸留所限定

DSC04316

Old Pulteney 11yo 2005-2017 (OB, Hand Bottling at the Distillery, Bourbon Cask#372, 61%)

香りはやや若く乳酸系飲料のフレーバー、バニラ、塩バターに少しガーリックが効いた香ばしさ、青リンゴ、奥に白桃が潜む。

味わいは力強く広がる青リンゴの酸味、バター、ややフローラルな軽快なニュアンス、ミドルからシュークリームの甘さ、ピスタチオ、フィニッシュにかけてローストしたカシューナッツ、とリンゴの酸味が残る。

【Good/Very Good】

プルトニー蒸留所の現地で手に入るハンドボトル、いわゆるヴァリンチです。今年の4月下旬に訪れた方が購入してきたものをテイスティングする機会を頂きました。プルトニーラヴァーとしてはとても嬉しいです。

11年熟成と比較的若く、香り味ともにやや若さが主体となったフレーバーではありますが、マイナスな印象は特に無く、それ以外の要素も含めて全体的にバランスが良いバーボンカスクのモルトです。もう少し熟成すると、オレンジやマンダリンというような徐々に重さのある柑橘系フレーバーに推移していくのですが、ちょうどその途中経過をたどることができ、熟成の最中のものをテイスティングできたという感じでとても良い経験になりました。

「ピートは若さを救う」のスローガン(?)にあるように、アイラのように短熟でもピートが効いたものは総じて「飲める」印象があります。しかし、正統派のバーボンカスクで若いながらもここまで仕上がったものはなかなか珍しいのではないでしょうか。プルトニー蒸留所のオフィシャルのシングルカスクは90年代から鉄板の仕上がりでしたが、2000年代に入ってもそのクオリティは揺るぎないものであることが確信できたボトルでした。

スコットランドの北の果てにあるプルトニー蒸留所。毎回行く度に違う樽が用意されているのですが、どれも大変素晴らしい出来栄えで、北の地をわざわざ訪れたビジターに良いものを提供しようという気概は大変嬉しいものです。それがまだまだ変わらずにいてくれることに嬉しさを感じます。

DSC04317

Sさん、貴重な現地のボトル、ありがとうございました!

広告

リトルミル 19年 1990-2009 スリーリバース ザ・ダンス シリーズ

DSC04315

Littlemill 19yo 1990-2009 (Three Rivers “The Dance”, Bourbon Barrel Cask#750, 51.5%)

香りはグラッシー、パイナップルファイバー、ポン菓子、麹と味噌のような独特のフレーバー。
味わいは柔らかく広がる砂糖菓子の甘さ、パイナップル、白桃などのややトロピカルなフルーツ、水につけた紙、人参のような野菜感、フィニッシュにかけては軽めの甘さと野菜や草のニュアンスが残るが長くは続かない。

【Good/Very Good】

スリーリバースの長いことシリーズ化されているダンスシリーズからリトルミル蒸留所。このボトルは2009年ボトリングの、ダンスシリーズでは第3弾。2017年現在30本近くリリースされているダンスシリーズの、最初期のものとなります。

1990前後のリトルミルというと、昔のようなダンボールや紙のフレーバーがややなりを潜め、代わりにトロピカル感のあるフルーツが出てくるイメージがあります。このボトルもそれに沿った傾向で、パイナップルのようなフルーツ感がしっかりと出ていました。一方で紙っぽさや、野菜のような少し独特のフレーバーも同居しており、そういう意味では多彩で複雑、どのフレーバーを取るかで印象が代わりやすいボトルでしょう。

この後、リトルミルもトロピカル系フルーツがしっかりと出てくるものが多数あり、ダンスシリーズでもリトルミルは常連となっています。そんなリトルミルを初期から拾ってきたスリーリバースさんのチョイスが光る一本です。

 

世界のアルコール消費傾向が面白い

ウイスキー界隈で話をしていたら、使われる樽のうちシェリー樽についての話題がありました。

「最近のシェリー樽はスコッチ業界がボデガに依頼してシーズニングをしている」というのはウイスキー関連の情報では有名なところですが、ここでふと疑問が浮かびました。

「シェリー酒って日本だとかなりマイナーだけど、実際どこの国で消費されているものなのだろう?」

上記のシーズニング用シェリーは実際には飲まないそうですが、本当に飲むシェリーはどこで消費されているのだろう? あまり考えたことがなかったのですが、調べてみるとすぐに情報は見つかりました。

sherry-sales-statistics-2014.jpg

International sherry sales statistics 2002-2014    image via Sherry Notes

なるほど、スペイン国内が30%程度で、イギリス、オランダ、ドイツ、アメリカと続くようです。特にヨーロッパ圏が主なようですね。

それにしても、見事に右肩下がり。ボデガも経営が厳しそうです。ウイスキーやその他業界からの樽需要が増えている最近はまだ良いのかもしれません。

 
右肩下がりの理由はいろいろとありそうですが、そういえばここ数年良く耳にするのが、若者のアルコール離れ。これは何も日本に限った話ではないと聞きます。

自分の印象としては、たしかにアルコールは飲まれなくなって来ていますが、それは昔のように「とりあえずビール」や「エチルでもメチルでも持って来い」的な勢いの安くて悪い酒を飲む習慣が無くなってきたためだと思っています。むしろ自分だけのスタイルでこだわりをもって酒を飲む人が増えているような。しかし実態は分かりません。

世界的なアルコール離れというのは本当に起きているのか? 気になったのですがちょっとまとまった情報を見つけることができませんでした。代わりに、WHOが取りまとめた “Global status report on alcohol and health” という資料を見つけました。これの付録に各国のアルコール消費推移がまとめてあり、見ているとなかなかに面白いです。

 

まずは日本

japan2.jpg

japan1.jpg
1990年代前半をピークに消費量は少しずつ減少。特にビールが減少しているようで、代わりにspirits(焼酎? 最近はウイスキーも?)が上昇しています。日本酒はOthersに入りそうですね。多種多様な酒が飲まれているのが分かります。

 

イギリス

uk2.jpg

uk1.jpg
意外と消費量は減ってないですが、ビールはここ最近で激減してきてますね。代わりにワインが台頭してきているのでしょうか。

 

フランス

france2.jpg

france1.jpg
消費量の減少っぷりが凄いです。特に国酒ともいうべきワインが綺麗に消費量と一致しての減少。その他はほとんど変化が無いので、単純にお酒が飲まれなくなっているようです。

 

スペイン

spain2.jpg

spain1.jpg

フランスと同様に消費量の減少が凄い。ワインが減少している代わりにビールが上昇。2000年代前半のスピリッツの激減とその他の急上昇はなんでしょうね? 何か制度が変わったりしたのでしょうか。

 

中東の国などでは、流石のイスラム教。アルコール消費量は少ないです。ほとんどゼロ、なんて国もいくつか。

no1.jpg

 

他にもいろいろな国があり、それぞれに飲まれているお酒が全然違いますね。ビールばかりの国、逆に蒸留酒ばかりの国、まんべんなく飲まれている国。本当にそれぞれのお国柄が出ています。消費量が減っている国もあれば、ここ最近で上昇している国もある。

面白いのは、フランスやスペインではワインの消費量が減り、イギリスやドイツ、ベルギーではビールの消費量が減っていること。どの国でも旧来のものは「古臭い」というようなイメージで敬遠されていくのでしょうか。隣の芝生は青く見えるというか、新しいものが流行っていくのはどこの国も同じなのかもしれません。

でもまたそのうち回帰的なブームがやってきて復活したりとか、巡り巡っていくような気もしますね。日本でもウイスキーは1980年頃までのブームから冬の時代を経て、ここ数年はご存知の通りジャパニーズウイスキーはブーム真っ最中でした。それもいずれまた冬の時代が来るのかもしれません。

それぞれの好きなものを応援していって、各業界がしっかりと継続していていけたら良いですね。

 

クロスレビューサイト ”Tasters.jp” が公開されました

昨年から The Whisky Diver(TWD) というテイスティングのスキルアップを目的とした会に参加しておりまして、そのメンバで、我々飲み手が主体となって各ボトルのレビューを公開していくブログを立ち上げる運びとなりました。

こちらがそのサイト、Taster.jp です。

toppage_banner02-300x300.jpg

Tasters.jp – お気に入りの美酒に出会える、レビューサイト

 

レビュー対象のお酒はウイスキーに限ってはいませんが、まずはTWDメンバのメインであるウイスキーを中心にレビューしています。今後、日本酒なども含めて多種多様な酒のレビューサイトとしていこうと計画中です。

 

DSC07813

TWDでの一コマ. 各人の香味表現の比較など.

 

TWDの目的のひとつに「香味表現の認識を合わせる」というものがあります。

「あの人がいう○○は、自分の感じる○○と同じなのだろうか?」
「もしかしたら△△のことを言っているのではないか?」

ある程度テイスティングに慣れてきた方であれば、誰もが気にする部分ではないでしょうか。公式のテイスティング・ノートと比較する際にもよくあります。こういった差についてしっかりと議論をし、どういう表現が良いだろうか、認識が合っているだろうか、様々な角度から見ていこうと。

こういう飲み手主体の発信をさらに伸ばしていき、Web上で公開していくのがこの Taster.jp です。

 

 

タイムリーな話題としては、ちょうど発売となるニッカの「ブラックニッカ クロスオーバー」について、メンバでテイスティングをしています。皆さんの評価や香味表現とも比べてみていただけると面白いのではないでしょうか。

 

また個人的には、テイスティング以外でも写真を提供させて頂いております。ここに載せたものと被るものもあるかもしれませんが、そうではない写真などもありますので、お目汚し失礼ながら見てやって頂けると幸いです。

まだまだレビューサイトとしては小規模かもしれませんが、今後もっともっとコンテンツを拡充させていきますので、皆さんどうぞご覧になって下さい。

 

アイルランドの蒸留所訪問を終えて

アイルランドの蒸留所訪問記をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

それぞれの蒸留所やアイリッシュ・ウイスキーの歴史や、アイリッシュウイスキーの製造工程などの情報については、正直ネットでいくらでも調べられるので、本当に細かい内容はそちらをご参照。現地に行ってきた自分が、それ以外で何か伝えられるとしたら、蒸留所を取り巻く場所全体の雰囲気や空気やにおい、そういった風土のようなものだと考えています。

アイリッシュ・ウイスキーの凋落からもうすぐ100年という時間が経とうとしていて、その間に消えてしまった蒸留所がどこにあったのかは定かでないものが多いのですが、今現在稼働している蒸留所でいえばどれも町の中心に近い場所にありました。スコットランドの蒸留所は、逆に町の中心にあったものは廃れてしまい、少し町外れや郊外の辺鄙な場所にあるものの方が残っているように見受けられます。次々に閉鎖せざるをえなかったアイルランドでは、効率を考えたら町からアクセスしづらい場所のものは優先的に切ってしまうしかなかったのかもしれません。

現存する蒸留所はどこも「昔ながらの伝統的な」「歴史ある建物」といった要素を前に押し出して歴史の長さなどを強調していました。しかし、実際の製造にはそのような要素はかなり限定的で、どこの蒸留所も原酒工場のようなものでした。

表向きのビジターセンターやツアー案内の部分は、過去に使われていた蒸留所を利用してそのような趣を出しているものの、裏手にはどどーんと大きな原酒工場が構えている、というスタイルだったのがブッシュミルズとミドルトン。

キルベガンも同様ではあったものの、ここは今稼働しているポットスティルがかなり小規模だったため少し異なりました。ただし、キルベガン銘柄の原酒は実際にはクーリーで作られているため、キルベガンはあくまで名前だけを冠しているにすぎません。

DSC03836

キルベガン蒸留所のポットスティルはフォーサイス製のかなり小規模なものだった。

 

そう、アイリッシュ・ウイスキーはこういうスタイルが多い。銘柄でいうとレッドブレストやカネマラにタラモア、ブレンデッドもたくさんありパディやターコネルといったようにかなり多いのですが、実際にその原酒を作っているのはクーリーとミドルトンの2つくらい。どうも表と裏の顔が違うように見えてしまうところが、アイリッシュ・ウイスキーの伝統というものに対してつきまとう「いかがわしさ」の元になっている気がします。(これは明らかに自分個人の印象なのですが)

 

少し毛色が違うティーリングに関しては、かなり伝統的なものに則ったポットスティルによる蒸留を行っているため期待できる印象。とはいえ、トロピカルフレーバーで一躍話題になった1990年前後の原酒は、クーリー蒸留所のものといわれているため、実際にダブリンで蒸留された原酒が美味しく育つかどうかはまた別の話、ということになります。

DSC03042

ティーリング蒸留所の原酒はどのような味になるのだろうか

ティーリングの10年~13年程度のウイスキーについては幾つか試飲しましたが、独特のトロピカル感は奥にあるもののかなり弱い。一方で、現地でハンドボトリングできる25年の原酒は、やはりマンゴスチンやパッションフルーツのフレーバーが明らかでした。20年を超えてくるとあのトロピカル感が全面に出てくるのでしょうか? どうしても謎がつきまといます。

 

アイルランドの蒸留所でもうひとつ期待したいのが、各所にオープンし始めたクラフト蒸留所。グレンダロッホなど稼働から10年が経過しているようなところ、まさにここ数年でオープンしたところなど様々ですが、それぞれの個性が楽しめるようになるのに、あと10年くらいでしょうか。期待しておきたいところです。

また、復活させたキルベガンの蒸留設備も、2000L程度のポットスティルで形もややクラフト蒸留所チック。フォーサイス製ということでモノは良いと思われます。

ミドルトン蒸留所でも2年前からクラフト蒸留所の設備を稼働させています。まだかなり新しい3つのポットスティルは、2500L,1500L,1500Lという小規模。創始者ジェムソンがかつて様々なレシピを試したように、同規模のポットスティルで現代でも試行錯誤を繰り返していこうということらしいです。

DSC04131

ミドルトン蒸留所のクラフト・ディスティラリー

 

これらの原酒がシングルモルト、シングルカスクで市場に出まわる可能性は未知数で、おそらく出てこないのではないかと悲観していますが、もし手に入るようになるのであれば楽しみではあります。もしかしたら、蒸留所限定のカスクということでボトリングもしくはテイスティングができるかもしれません。10年後くらいになるかもしれません、待つのは長いですね。

スコットランドとはまた違った趣があるアイルランドの蒸留所。数は多くないものの、各地に散らばる蒸留所はそれぞれに特徴があり、また近くに観光名所なども多いので、織り交ぜて旅程を考えると楽しいでしょう。今後のクラフト・ディスティラリーの蒸留所公開ぐあいによっては、それらも候補に上がってきます。将来の楽しみが残っている、という点では、やはりアイリッシュ・ウイスキーはこれからが本気を見せてくれるところなのかもしれません。

 

ミドルトン “ダー・ゲーラック” バッチ#01

DSC04168

Midleton “Dair Ghaelach” Batch#01 (OB, “Virgin Irish Oak Collection”, Tree Number 03, 57.9%)

香りはややオイリーさを伴う麦、煮たリンゴ、プルーン、フレッシュな杉のような樹木の香り。

味わいは柔らかい穀物のフィーリング、タンジェリン、チェリー、ミドルからチクチクと刺激的なタンニン、赤い色をイメージさせるの樹木感、微かにパッションフルーツのニュアンス、スパイシーさが支配的なフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ダー・ゲーラックという言葉は「アイリッシュ・オーク」という意味。15年から22年ほどのバーボン・バレル熟成の原酒を、その名が示す通りアイルランド原産のオークの樹だけを使った樽で1年ほどの後熟をさせています。ラベルには使った樹木の番号まで書かれており、単一の樹から作り上げてられたものであることを特徴にしています。このボトルは樹の番号が3番でしたが、他にも9番くらいまであるようです。

さて、その味はというと、ミドルトン・ベリーレアと同様の柔らかな麦感とフルーツ感で始まるものの、徐々にチクチクとしたやや荒々しいフィーリングが支配的になります。これがアイリッシュ・オークの個性でしょうか。どちらかというと新樽ということが影響しているようにも思えます。

日本にミズナラというジャパニーズ・オークがあるように、このダー・ゲーラックもまた独特の個性を持ったオーク樽。それぞれの土地を表現する要素のひとつになっていくのでしょうか。個人的には、もう少し刺々しさは控えめであって欲しいので、セカンドフィル以降のもので長い熟成をしたものが出てくるかどうか、といったところが楽しみです。

ちなみに Dair Ghaelach の読みは、ゲーラックとゲーロッホの中間のような発音でした。ツアーで案内してくれた方は「ゲーラッ」という感じの発音。最後の子音はほとんど発音しないようでした。アイルランドのゲール語も、様々な看板などで普通に見かけましたし、スコットランドの一部と同様に、普通に生活に根ざしている言葉なのだと思いました。

 

ミドルトン ベリーレア 2016ボトリング

DSC04167

Midleton Very Rare 2016 (OB, ex-Bourbon Barrels, 40%)

香りは甘やかな麦、トースト、ローストしたナッツ、ほのかにリンゴ、メロン、奥に紙のニュアンス。

味わいは柔らかく広がる、穀物の甘さ、ややオイリー、リンゴと薄めたマーマレードのフルーツ感、バニラクリーム、フィニッシュにかけて穏やかなホワイトペッパーと少し南国系のフルーツフレーバーが残る。

【Good/Very Good】

ミドルトン・ベリーレアは、1984年に当時のマスターディスティラーだったバリー・クロケット氏が作り出した銘柄。氏はアメリカン・オークのバーボンバレルでの熟成にこだわりを持っていたようで、同銘柄はその樽のみで構成されているスモールバッチで製造されているものです。このため、毎年限定生産となっているようで、ラベルにはボトリング年が表記されています。

氏は2013年に引退となり、2014年からマスターディスティラーはブライアン・ネイション氏に代わりました。このため、2014年のボトルからは署名が変わっています。味の傾向はボトリング年であまり変化をさせないようにしていたそうですが、そこはやはりスモールバッチらしく、色合いから見ても若干の差があります。

さて、肝心の味はというと、全体的に軽めで麦芽由来の風味とコクが主張しすぎない。この軽さも3回蒸留によるためでしょうか。やや控えめながらもバナナやリンゴ、若干の紙っぽさとその奥にメロンや赤い南国系果実も薄く感じます。典型的なアイリッシュウイスキーという印象で、VeryRareという表記の割には個性的な要素があまり感じられないところが、少し肩透かしを食らうようにも感じますね。

なお、値段もそこそこする同シリーズですが、2013年ころまでの過去のリリースボトルが蒸留所でも売られていました。値段は同じだったはずなのですが、レアリティを考慮してか、ちょっとプレミアムが乗せられてしまっていたので、アイリッシュの過去リリースもスコッチと同様にどんどん高騰していくのでしょうか……。手に入れるなら今のうちかもしれません。