リトルミル 19年 1990-2009 スリーリバース ザ・ダンス シリーズ

DSC04315

Littlemill 19yo 1990-2009 (Three Rivers “The Dance”, Bourbon Barrel Cask#750, 51.5%)

香りはグラッシー、パイナップルファイバー、ポン菓子、麹と味噌のような独特のフレーバー。
味わいは柔らかく広がる砂糖菓子の甘さ、パイナップル、白桃などのややトロピカルなフルーツ、水につけた紙、人参のような野菜感、フィニッシュにかけては軽めの甘さと野菜や草のニュアンスが残るが長くは続かない。

【Good/Very Good】

スリーリバースの長いことシリーズ化されているダンスシリーズからリトルミル蒸留所。このボトルは2009年ボトリングの、ダンスシリーズでは第3弾。2017年現在30本近くリリースされているダンスシリーズの、最初期のものとなります。

1990前後のリトルミルというと、昔のようなダンボールや紙のフレーバーがややなりを潜め、代わりにトロピカル感のあるフルーツが出てくるイメージがあります。このボトルもそれに沿った傾向で、パイナップルのようなフルーツ感がしっかりと出ていました。一方で紙っぽさや、野菜のような少し独特のフレーバーも同居しており、そういう意味では多彩で複雑、どのフレーバーを取るかで印象が代わりやすいボトルでしょう。

この後、リトルミルもトロピカル系フルーツがしっかりと出てくるものが多数あり、ダンスシリーズでもリトルミルは常連となっています。そんなリトルミルを初期から拾ってきたスリーリバースさんのチョイスが光る一本です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中