月別アーカイブ: 2017年6月

ハイボール用炭酸水の強弱

先日、バーで頂いたサントリーのプレミアムソーダで作られたハイボール。いつも飲んでいたウィルキンソンやサントリー天然水スパークリングよりもきめの細かい感じで、柔らかく飲みやすいな、とちょっと驚きました。

最近、強めの炭酸がちょっと苦手になりつつあるようで、もう少し優しめのほうが良いかなと思うようになってきました。そこで探してみたところ、どうやら「サン・ペレグリノ」は微炭酸のような飲みくちらしい。というわけで買って来て試してみました。

 

DSC04754

なるほど。これは確かに微炭酸。それもかなり粒子の細かい感じです。

早速これでハイボールを作ってみると、普段飲んでいたものとはまた全然違ってきます。アイラ系のようなピートでガツン! というタイプとはちょっと合わないかもしれませんが、シェリー樽系や中庸なブレンデッドのものとはなかなか相性が良いです。リキュール類を割るのも良いですし、ワインなどで簡易スプマンテのように仕上げてしまうこともできそう。

炭酸が弱めだと、いつにもましてゴクゴクいけてしまうのもまた違ったところです。ちょっと高級感も出るような。ステレオタイプな表現をしてしまえば、ウィルキンソンは男性的、サンペレグリノは女性的、といったイメージになります。

ハイボールは原酒だけでなく炭酸のチョイスもいろいろとあることに、今更ながらに気づきました。こうやって探っていくのもまた面白いですね。

キルベガン アイリッシュ・ウイスキー

DSC04752.jpg

“Kilbeggan” Irish Blended Whiskey (OB, bottled in 2017, 40%)

香りは熟したリンゴ、パイナップルの缶詰、微かにライチ、ハチミツ、奥から清涼感のあるミントのようなハーブ、濡れた藁と馬小屋のようなニュアンス。

味わいはアタックに乏しくややボケた印象だが、桃やパイナップルサクランボなどのフルーツポンチ、ややケミカルで缶詰のよう、風邪シロップ、少し紙っぽさ、ヨモギのような草と野菜のニュアンスが後を引くフィニッシュ。

【Good】

アイルランド旅行で寄ったキルベガン蒸留所。その名を冠したキルベガンは、原酒はキルベガン蒸留所ではなくクーリー蒸留所で作られているもので、熟成年数としては6年ほどのモルトと4年ほどのグレーンによるブレンデッドだ、とはツアーガイドさんの弁でした。

正直ノンエイジのブレンデッドなんて、と高を括っていたのですが、試飲してみると、あれ? 思ったよりも美味しいぞ? と。このミニボトルをもらったため、蒸留所マジックかどうかを判断するため、家に帰ってきてから再度飲んでみたところ、やはりなかなかに良い味わいです。

ノートの通り、アイリッシュらしさとも言えるフルーツ感が良く出ていて、未熟感もほとんど感じません。香りのトロピカル感はかなり秀逸。味わいも悪くはなく及第点以上です。流石にボディの弱さは否めませんが、飲みやすさでいえばピカイチでしょう。飲み進めていくと浮ついた紙っぽさを感じるようになるため、パッと飲み始めの一杯に、といった飲み方が合うように思います。

ハイボールではフルーツ感と紙っぽさが分離して強調されるため、ちょっとチグハグかな、という気もしますが、なかなかに悪くありません。とにかくじゃぶじゃぶいけちゃうタイプでしょうか。

エントリークラスながら、非常に出来の良いアイリッシュ・ウイスキーです。

[日本酒]栄光富士 純米大吟醸 サバイバル

DSC04745.jpg

栄光富士 純米大吟醸 SURVIVAL

  • バランス良くまとまっていて勿論旨味やフルーツ感もしっかり、ラベルの印象とは裏腹に思ったよりもサラッとしていて濃醇とまではいかない
  • 山形県の酒造好適米「玉苗(たまなえ)」は珍しさもあるが、酒米としてのポテンシャルは十分に感じる
  • 栄光富士さん、最近はシューティングスターなどちょっと面白いラベル・ネーミングが目立つので、やや保守的とも思える日本酒界でもっともっとはっちゃけちゃって下さい

 

 

[日本酒]賀茂泉 純米吟醸生原酒 RockHopper

DSC04743.jpg

賀茂泉 純米吟醸生原酒  RockHopper

  • とても濃醇でどっしりとした旨味凝縮系
  • リンゴのフルーツ感も強く一杯で飲みごたえあり、この後に軽めの酒は飲めないかも
  • 氷を入れてロック、あるいは少し炭酸水を加えてスパークリングにしてもまだ味が残るように設計された? 今年から俄に流行りだしている日本酒の面白い試み