グレンギリー 22年 1993-2016 スコッチモルト販売

DSC04329

GlenGarioch 22yo 1993-2016 (Scotch Malt Sales “Distillery Collection”, 56.2%) 

香りは透明感のあるハチミツ、ヘザー、ミドルから瓜のようなメロンのような、少し青みがかったニュアンス、絞ったオレンジ果汁、後半に香木のようなウッドスパイス、残り香は焼き栗のニュアンス。

味わいはオレンジ、少し焦げたトースト、梅ジャム、清涼感のあるメンソール感、少し溶剤、細かく挽いた黒胡椒、香り同様の香木感が長く残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

スコッチモルト販売がリリースしている Distillery Collection の1993年蒸留のグレンギリー22年。

安定した美味しさで、特別なクセもなく良いバーボンカスクのお手本のような味わいでした。ハイプルーフなためやや飲み疲れする側面もありますが、加水するとハチミツの甘さとフィニッシュの香木感がしっかりと伸びてくれてNiceでした。

 

DSC04330

このシリーズはやはりラベルが良い。調べてみると、このシリーズは既に10年になるとか。現在のラベルは佐藤英行氏によるもので、スコットランドの様々な風景が閉じ込められたこれらのラベルはシリーズで並べたら本当に良いコレクションになりそうですね。「ラベル酔い」というのも、それはそれでボトルの持つ魅力のひとつだと思います。

 

DSC04343

グレンギリーは数年前にオフィシャルボトルのラベルチェンジがあり、最近のボトルは文字とロゴだけのものになってしまいましたが、旧ボトルでは同じように鹿が描かれていました。またこれ以前のボトルでも何回かシンボルとして同様に鹿が描かれています。タータンチェックの柄とも相まって、自分がウイスキーを飲み始めた頃に「最もスコッチらしい」雰囲気を出していたボトルでした。そんなわけで、こうして飲み終わった後も外箱だけいまだに残してあるわけです。

今のボトルも、外箱にはタータンチェックが描かれていますし、嫌いではないのですけどね。中身はむしろ最近のものの方が安定して美味しいと思います。この時期のグレンギリーは、ちょっとパフュームが出ていたりしますので……。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中