長濱蒸留所 シングルモルトウイスキー ニューメイク 59%

先日の記事に引き続き、長濱蒸留所関連です。

DSC04739

NAGAHAMA Distillery  Single Malt Whisky    New Make 59%

香りは麦焼酎のようだが品の良い穀物の甘さ、もわっとしたヨーグルト様、奥に少しレザーとオイリーなニュアンス。

味わいはレモン果汁と、レモンの白い部分のような苦味、透明感のある甘みのスピリッツ、おこげのような穀物と焦げ感のニュアンスが少し残る。

加水するとレモンのワタのような苦味が味香り共に顕著に、少し糊のようなニュアンスも出て来るが、これはどのニューメイクでもほぼ共通。やはりオフフレーバーはほとんど感じられない。

 

長濱蒸留所のニューメイクスピリッツ、こちらはノンピートのものです。クラウドファンディングの御礼品として頂きました。

ニューメイクなので熟成感はありませんが、その分原酒の素顔を見ることができます。流石に度数が高く舌がやられないよう気をつけないといけませんが、穀物由来と思しき甘さに柑橘系のフルーツフレーバーがうっすらと乗っている、そしてオフフレーバー的な部分がありません。素性の良さを伺うことができます。

樽に詰めるのと同じ59%のアルコール度数となっていて、これが熟成していくのかと思うと、将来への期待が高まりますね。比較して申し訳ないですが、秩父蒸留所などが3年ほど寝かせたものでかなり仕上がっているのを考えると、こちらも3年~5年ほどで熟成感がしっかり出ているウイスキーになるのではと期待できます。

今後、ライトピートのニューメイクや熟成が進んでいる途中のものも商品としてリリースされるようですので、その過程を愉しむこともウイスキーファンとしては大いにありではないでしょうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中