カリラ 1991 23年 ケイデンヘッド スモールバッチシリーズ

DSC04333

Caol Ila 23yo 1991-2016 (Cadenhead “Small Batch”, Bourbon Hogshead, 53.3%)

香りはオレンジ、少しパイナップルのニュアンスもある、シリアル、濡れたシダのような植物感、粘土質なアーシーさとヨード。

味わいはややパワフルにオレンジマーマレード、ハチミツがけのシリアル、やや薄めの紅茶、ミドルから落ち着いたピート、ホワイトペッパーのピリピリしたニュアンスがハチミツ感と共に続くフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズから、こちらはカリラ23年。

前出の32年と同様に、やはり安定したカリラです。色合いからこちらの方がやや赤みがかっていて、そのためかオレンジなどの柑橘や麦の甘さなどがハッキリとしていて華やかな印象でした。32年で魚介系の出汁の旨味を強めに感じた部分はこちらにはそこまで出ていないなど、どちらもそれぞれの特徴があり、同じカリラでも違いを愉しむことができました。

この他にも黒ケイデンの10年という短熟カリラも同時に頂きました。10年にしては未熟感は無く、一方でヤングアイラらしいパワフルさ、若さとピートの良い相性がバッチリ愉しめる一本でした。

ケイデンヘッドは安定して良い樽をリリースしてきますね。黒ケイデンという呼称もすっかり定着して、ケイデンヘッドの豊富なストックと選別眼の確からしさが伺えます。まだまだ様々なリリースがあることと思いますので(70年代もまだ結構あるそうで)往年の味わいを期待する人も満足できるリリースがあるのではないでしょうか。

良いカリラの垂直テイスティングでした。ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中