ウイスキーのロックに改めて気づかされること

夏の盛りも過ぎてしまったころですが、ロックで飲むウイスキーについて書こうと思います。

DSC05352.jpg

しっかりしたロックグラスを持っていないのが残念なところ。

つい最近のことですが、ウイスキーをロックで飲むと美味しいな、と思いました。

何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、あまりロックで飲むことが無かったのです。ストレートで飲むウイスキーは香りがよく開いてくれて、ただ味わうだけではなく香りも含めて愉しませてくれます。その経験があるからでしょうか、夏場といえどもロックで飲むのを避けてしまうのは、どうしても香りが閉じてしまうから。しかし、口に含むとどうしてもぬるさが目立ってあまり美味しく感じない。香り味ともにどうも一段劣るように思え、結果的に夏のウイスキー消費は落ち込むわけです(個人の感想です)。

また、これもまた良く聞く話かとは思いますが、本場スコットランドではロックは邪道、ストレートか少量の水をいれるのみ、という話。実際には多くの方が「自由に飲めばいい」と言っていますが、なんとなくそのイメージを引きずっているところがあるのかもしれません。

まあ、夏場はハイボールでサッパリ、というのが多いのもあります。ロックよりもハイボールかな、と。

そんな自分でしたが、久しぶりにロックで飲んでみたところ、「あ、美味しいな」と思うことが増えた。それをきっかけに、いろいろなモルトをロックで飲んでみているところです。ロックにするとミネラル感や奥に潜む系のピートのニュアンスが取りやすくなるように思います。ストレートとは違った味わいを感じることができるので、逆にストレートで飲んだときに様々な要素を感じやすくなるのではないかと期待しています。

あとはやはり冷たさを感じると飲んだときのフィーリングが良いですね。昔は氷が溶けることによって薄まるのが嫌でしたが、最近は薄めのものもそれはそれでありかな、と思うことも多いです。あまり飲みやすくなると、逆にスイスイ飲んでしまってすぐに酔ってしまうのがよろしくありませんが。

 

とけない氷といえば、金属でできたアイスキューブ(?)なども売られています。ちょっと興味はあるのですが、どうも食指が伸びません。というのも、殆が金属か石のような見た目で、どうも受け付けない。やはりロックの良いところは透明と琥珀色の美しさにもあると思うのです。見た目は味わいに影響しますからね。というわけで、透明で美しく、かつしっかりと冷やしてくれるようなアイスキューブでもないものか、なんて思っているところです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中