ブルイックラディ 35年 1970-2006 創業125周年記念ボトル

DSC06318.jpg

Bruichladdich 35yo 1970-2006 (OB 125th Anniversary Bottling, 40.1%)

香りはやや昔のスタイルでやさしいモルティさとシェリー感、古い家具、樹木の香り、ホワイトペッパー、微かに高貴なランシオのニュアンス。
味わいは染み込むような優しい麦とシェリー樽感、ボディは緩いが芯のあるバーボン樽感、バニラ、オレンジ、干したアプリコット、フィニッシュにかけて軽くランシオ系の高貴さを伴いながら儚く消える。

【Very Good/Excellent】

ブルイックラディはあまり長熟のものを飲んだことが無い蒸留所です。それは、1994年から2001年ころまで閉鎖されていたということもあり、自分の飲み始めた頃にはあまり目立ったリリースが無かったことと、アイラ島というとやはりピートの効いたボウモアやラガヴーリンなどを求めてしまうもので、ブルイックラディをちゃんと評価することが出来ていなかったと思っています。

今回のラディは1881年の創業から125周年となる節目にリリースされたもので、復活からようやく前途が明るくなってきたところでの並々ならぬ力が入ったボトルと言えると思います。往年のシェリー樽のニュアンスが存分に漂っている中に、各種のフルーツ感やヴィンテージ家具のような古酒感が良いアクセントに。ランシオのような高貴なニュアンスもありノージングが楽しくなります。
味わいはしっとりと優しく染み込むようで、引っ掛かりのなさは本当に秀逸。徹頭徹尾、バランスの良さと陶酔感にやられっぱなしでした。スルスルと飲めてしまうので、ある意味危険なボトルとも言えるでしょう。

流石の記念ボトル、間違いなく自分の中で最高のラディと言えます。この時代の原酒の良さを感じるために、オールドボトルを求める気持ちもよく分かりました。昔の12年とか、美味しいですよね。もっとラディもいろいろと試してみないと。

DSC06320.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください