グレンフィディック蒸留所がビジターセンター50周年記念ボトルをリリース

グレンフィディック蒸留所が、自身のビジターセンター設立50周年を記念して、30年熟成のシングルカスクをリリースするそうです。

Image via Spirits Buisiness

Glenfiddich releases 30yo to mark visitor centre https://www.thespiritsbusiness.com/2019/07/glenfiddich-releases-30yo-to-mark-visitor-centre/

ビジターセンターの歴史については以前こちらで記事にまとめましたが、現在まで続くウイスキーツーリズムの走りとなったビジターセンター設立から50年、今なおスコットランドの蒸留所ツアーは人気上昇中で、スコットランド全体で世界中から年間200万人以上の訪問客が集まっています。

特にグレンフィディック蒸留所は敷地も大きく、ビジターセンターも充実していることから、大型バスでツアー客がたくさん来ているのが印象的でした。日本でも白州蒸留所や宮城峡蒸留所、余市蒸留所などは大型の駐車場があり、ツアー客も多い印象でしたが、グレンフィディックはさらに賑わっていたように記憶しています。

蒸留所での体験を重視する最近の傾向で、昔は一部だけだったハンドフィルも今では一般的になりましたし、小規模蒸留所も顧客に様々なアプローチをする一環として、蒸留所の門戸を開いていることが多くなりました。やはり実際にウイスキーが作られているところを見ると印象的で、その蒸留所のことをもっと知りたいと思ったり、あとでウイスキーを飲むときにも思い出しながら飲んだりと、本当に良い経験になります。

最近は国内の蒸留所も多いので、ぜひいろいろな蒸留所に出かけて、実際に見て頂きたいと思います。自分もまだまだ行きたいところが多く、次はどうしようか、などと悩み中です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください