カテゴリー別アーカイブ: バーボン

メーカーズマーク プライベートセレクト 萌木の村 ポールラッシュ生誕120周年記念

DSC04830.jpg

DSC04865.jpg

Maker’s Mark Private Select (OB, “Paul Rusch’s 120th Birthday”, 55.5%)

香りは典型的なバーボンらしさ、メロン、糖蜜、酸味のあるリンゴ、清涼感のある樹木の香り、焦がしたトーストにハチミツがけ、メンソール様の爽やかさ。

味わいはとろりと甘い、青リンゴ、杉のようなやや刺激的な樹木感、徐々にピリピリとブラックペッパー、少しミント系のハーブ感、鼻抜けに焦げた木材、カラメル、青いハーブ感とブラックペッパーが続くフィニッシュ

【Good/Very Good】

清里は萌木の里のオリジナルボトル。同地の発展に貢献したポール・ラッシュ氏の生誕120周年を記念したボトルです。こちらはくりりんさんとバーボンを小瓶で交換する機会があり、その折に頂いたものです。くりりんさん、ありがとうございます。

詳細についてはくりりんさんの記事がとても詳しいため、そちらをご参照下さい。

香り味ともに典型的なバーボン、といっても差し支えないと思いますが、総じて高いレベルのバーボンです。アタックはさすがにハイプルーフらしく強めではあるものの、ややトロっとした口当たりがそれを緩和し、ボディも軽めでさらっと流れてくれます。度数からマッチョなラガーマンをイメージしましたが、なるほど、そこは牧師様の記念ボトル、温和で整ったところを感じさせてくれます。

リンゴ感や独特の胡椒のようなピリピリとしたところが際立っている感じ。このバーボンは単体でストレートでも良いですが、肉料理なんかとも相性が良さそうです。そういえば以前、フォアローゼスの試飲会では果実のリンゴと合わせて飲むととても良くマッチしたのを思い出しました。おそらくは新樽によるバーボン独特の香味が、リンゴなどと相性が良いのかな、などと考えています。

広告

フォアローゼス シングルバレル プライベートセレクション OBSO 2014年ボトリング

dsc00678

FourRoses Single Barrel 10years 10months Sep. 2014 (Private Selection by LiquorBarn, OBSO, 750ml, Barrel No,53 4E, 61.0%(?))

香りはマスカット、ライチなどの白い果実、酸味を感じる、メンソールのような清涼感、枯木のおがくず、メープルシロップ、微かにツンとくるシンナー系のニュアンス。

味わいはとろりとした蜜、イチゴシロップの甘み、ミドルから杉やヒノキを思わせる木のニュアンス、酸味の強い白ブドウ、ハイプルーフらしい収斂味、グレープフルーツの皮のような苦味のある柑橘のニュアンス、フィニッシュにかけては木の清涼感と苦味、ヒリヒリとスパイシーさが続く。

【Very Good】

バーボンです。フォアローゼスは有名なバーボンですが、こちらのシングルバレルは蒸留所限定や、一部のショップ用に特別に詰められたボトルで、日本で通常手に入るシングルバレルシリーズともまた別物です。こちらはモルト仲間の某Iさんが現地で購入されたお土産品。一本良いやつを頂きました。ありがとうございます。

バーボンはあまり飲んだことが無かったのと、安いものばかりだったからかあまり良い印象が無かったのですが、このボトルはとにかく濃厚なフルーツ感とどっしりとしたボディの強さが魅力的で、薄っぺらい感じは全くしません。バーボンとしては長めになる10年以上の熟成がなせるものか、それともやはり特別に選ばれた樽だからか、両方かもしれませんが、とにかく良いものはちゃんと選ばれるのだな、ということを再確認した次第です。

度数が高いこともあって飲み疲れするタイプですが、少量加水するとフルーツ感が際立って来るため、積極的に加水して少し緩くする方が良いようです。夏場に少し冷やしてゆるゆると愉しむのもまた良さそう。
このボトルを頂く際には、他のシングルバレル5本と比較しながらテイスティングをする機会を頂けました。レシピ違いによる香味の変化を確認することができ、このボトルは特にフルーツ感とボディが強いものでしたが、開栓から1ヶ月少々経ってさらにフルーツ感は強くなったようです。同時に少し木のニュアンスも強まっているため、どこかでバランスが逆転して木のエグミが強くなるかもしれないですが、どこまで変化していくのかも楽しみです。

dsc00679
このボトルのレシピは “OBSO” となっており、これはコーン60%、ライ麦35%、大麦5%のもの。
レシピの詳細を以下にまとめて今回の記事のまとめとしておきます。

1文字目の”O”はケンタッキーはローレンスバーグにあるフォアローゼスを、

2文字目は原材料の比率で次の意味。

“E” = 75% コーン, 20% ライ麦, 5% 大麦
“B” = 60% コーン, 35% ライ麦, 5% 大麦

3文字目の”S”はストレートのバーボンを現し、

4文字目は酵母の違いなどで以下の通りとなっています。

“V” = delicate fruitiness
“K” = slight spice
“O” = rich fruitiness
“Q” = floral essence
“F” = herbal essence