カテゴリー別アーカイブ: 響 – Hibiki

サントリー 響 21年

dsc02054

響 -HIBIKI- 21yo (OB +/- 2015, 43%)

香りは和のお香、樹のフラグランス、樟脳、リンゴ、洋ナシ、アーモンド、少しエンピツの削りカス、とても多彩で重層的。

味わいはスッと流れるアタックからやや強めのオーキーさ、ドライフィグ、カカオチョコレート、ボディは緩め、ハチミツ入り紅茶、ジンジャーシロップ、フィニッシュにかけてややピリピリと黒胡椒、ダークチョコと紅茶のニュアンスがさらりと消る。

【Good/Very Good】

ご存知、サントリーのブレンデッドウイスキーの高級レンジ、響21年。と書いておきながらなんですが、実は今まで飲んだことが無かったのです……。17年はもう何本も飲んだのですが、なぜか縁がなかった21年、この度機会に恵まれて頂きました。ありがとうございます。

正直なところ、想像以上に樽感が強く、ウッドチップを突っ込んだのではないかと思うくらいの刺激に最初は戸惑いました。熟成感はこちらのほうが出ていて、しっかりとした輪郭を持っているのですが、どちらかというと17年の方が全体のバランスが良くできているという印象で、その場に居た仲間からも同様の指摘があって腑に落ちたところでした。

僅か4年の差ですが、ジャパニーズの熟成はかなり早い方だと思いますので、その差も大きなものでしょう。またブレンダーもそういう味の違いを明確に出しているわけで、これはもう好みではありますが、17年と21年はどちらを求めるかは人それぞれ、といったところでしょう。個人的には17年の方が好みに近いと感じています。

広告

サントリー 響 年数表記なし 750mlボトル 1990年代中頃流通品?

Suntory Hibiki (No-Age-Statement 750ml 1990’s middle)

香りはヒノキ、桐などの良い木の香り、爽やかなハーブ、オレンジピール、バニラ、洋ナシ、麦と木の皮、微かにイチジクとセメダインのようなのニュアンス。

味わいは、淡い蜜、こんぺいとう、すぐに鼻抜けが香り、良い香木感、白い花の香りが押し寄せる。徐々にリンゴ、洋ナシなどのフルーツ感が出て、その後に栗の渋皮のようなタンニン様と軽くブラックペッパーのようなスパイシーさが残る。フィニッシュにかけては、じんわりと落ち着いて染みこみながら消えていくような儚い印象を残す。

【Good/Very Good】

サントリーのブレンデッドである響です。ラベルやボトル容量などから、恐らく1990年代の中頃に流通していたボトルだと推測されます。

響の素晴らしい所は、そのバランス感にあると思います。特に香りに顕著で、嫌味のない木のニュアンスがとても良く立ち上り、まるで新築のログハウスか森の中にでもいるかのような気分にさせてくれます。味もひっかかるところがなく、流れるようで線が細いですが芯が通っている印象でした。総じてバランス感が優れていて、よく出来たブレンデッド・ウイスキーだと思います。

響が発売になったのは1989年でしたでしょうか。そこから現在まで続いているわけですが、味わいは結構変わってきています。このボトルは比較的初期のものと考えていますが、やはり現在の流通品と比べると中身はかなり違っています。アルコール感が無く、ひっかかりの少ないあたりがこちらのボトルの好ましいところです。

値段も比較的お手頃で手に入るので、いつも手元に置いておきたいボトルです。