カテゴリー別アーカイブ: Aberlour – アベラワー

ブラインドサンプル from 銀牙さん (2014-09B)

モルト仲間の銀牙さんと不定期にやりとりしているブラインド・テイスティング。続いてふたつ目です。

ブラインドサンプル from 銀牙さん (B)

香りは草、布、酪酸系のニュアンス、過熟感のある果実、リンゴ、キウイ、ケミカルな白桃のニュアンス、香水のような香り? 

味わいは穏やかなアタックから染みこむような麦の甘さ、華やかではないレーズン感、木の香りが鼻に抜ける、樽感が少し出ている、しみじみと長く残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

香りの第一印象は酪酸系のニュアンスがあり、少しオフフレーバー気味の部分があったものの、時間を置くと多彩な果実感が広がってきた。ケミカルで少しパフュ―ミーな印象も受けるものの、良い果実感との本当に微妙なバランスが興味深い。

味はしみじみとした麦の味わいに溢れ、少し樽感のような木のニュアンスが感じられ、長い熟成を感じさせる。レーズンのようなニュアンスがあり、シェリー樽も使われているのではないかと推測。そこから、オフィシャルの長熟などでバーボン樽とシェリー樽のヴァッティングしたものではないかと考えた。

シングルカスクのような強い個性があるわけはないが、しっかりとした麦の味わい、不思議と魅力的な香りが好印象のボトル。もしかしたらブレンデッドの可能性もあるかもしれないと思いつつ、今回はシングルモルトであると考えて以下のとおりとしました。

【予想蒸留所】 ①ロングモーン ②ハイランドパーク ③ダルモア
【蒸留年】1980年前後
【熟成年数】30年程度
【度数】43-46%

上記の内容でメールをお送りした結果、正解は……

アベラワー Aberlour 15yo “Select Cask Reserve" (Official Bottle 43%)

アベラワーの15年、現行オフィシャルのスタンダードボトルでした。

これまた現行オフィシャルでしかも15年という、随分と予想と違う結果になってしまいました。確かに言われてみると、樽感のような木のニュアンスが強い部分は自分がアベラワーに良く感じるニュアンスでしたし、シェリー樽もあわせたヴァッティングなんかはアベラワーらしい部分でした。

というか、つい先日蒸留所を訪れているわけで(この15年は飲みませんでしたが)当たらないとは情けない、と言われても仕方ないですね(笑)

それにしても、少しケミカルさもあるがフルーツ感がなかなかに出ており、このボトルも悪くない出来だと思いました。現行オフィシャルも侮れませんね。

アベラワー 18年 1994 ワールドワンダース

image

Aberlour 18yo 1994 (Morrison & MacKay “World Wonders” Hogshead 60.9%)

香りはレモン、乾燥した藁、穀物の甘さを思わせる、少しニューポッティさがあり若さを感じる。

味わいはレモン水、流れるような蜂蜜感、微かにイチジク、ミドルからは返りに草のようなニュアンスが含まれる、全体的に軽めだがフィニッシュは喉の奥に暖かさがしっかりと残る。

【Good】

モリソン&マッカイからワールドワンダースというシリーズでリリースされたアベラワー18年です。

度数や熟成年数と比較すると、全体的には若くて軽いタッチのイメージがありました。一方で、アベラワーに期待する流れるような蜂蜜感はミドルからしっかりと出ています。

草のようなニュアンスが少しひっかかるところなのですが、これはどのような成分から来るものなのでしょうか。最近は他のボトルでもよく拾うのですが、個人的には少しオフフレーバー的にとらえてしまっています。紙のニュアンスとも少し違うのですが、そのようなフレーバーの由来を解き明かしていくのは難しいのでしょうね。