カテゴリー別アーカイブ: Bowmore – ボウモア

ボウモア 32年 オフィシャル 1968-2000

dsc02037

Bowmore 32yo 1968-2000 (OB, 45.5%)

香りはやや控えめながらオレンジ、過熟したキウイ、ライチ、落ち着いたヨードと塩気、少し鞣した革、奥にコールタールのニュアンス。

味わいは染み込むように広がるパッションフルーツ、ライチ、少し完熟パイナップルの要素、徐々に麦と少し青い草に入れ替わり、じんわりと続いて下支えするピートとタール感、西洋的な魚介ダシに穀物の甘さも混じり複雑、鼻抜けには前述のトロピカルフルーツ様、フィニッシュはやや短めながら気品があり陶酔する。

【Very Good/Excellent】

オフィシャルの60年代ボウモア。ラスト・ショットを頂きました。Kさん、ありがとうございます!

さすがに最後の方であったためやや気が抜けてきてしまったそうですが、それでも素晴らしいフレーバーを堪能させて頂きました。らしいトロピカルフルーツ感は作為的ではなく、全体的に染み出してくるようにまとっているところが、近年のものとは違う部分でしょうか。各要素が決して強く主張しすぎないところが、バランスが取れた複雑さを醸し出しているようです。鼻抜けや嚥下したあとの返りがとても素晴らしく、陶酔感が満ち溢れていました。至福ですね。

ボウモアの時代変遷については他のブログなどでも語り尽くされておりますので割愛しますが、60年代のボウモアはやはり独特の個性があり美味しいです。90年代のボウモアが、同様に30年~35年程度の熟成となるのは2020~2025年ころ。その頃に、評価の高かった1993ボウモアなどが30年熟成などでリリースされるのでしょうか。そして、その味は60年代ボウモアにも勝ってくれるのではないか、そんな期待を込めたいところではあります。が、現状を考えるととんでもない値段になりそうで悲観的になってしまうのがなんともはや……。

どうかそれなりに良心的な値段でリリースされることを祈るばかりです。

ボウモア 16年 2000-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc01120

dsc01121

Bowmore 16yo 2000-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#800246 Bourbon Hogshead, 54.2%)

香りはパイナップル、オレンジ、じっとりとしたピート、やや塩気、少しクレヨンのような油脂、獣脂、微かにミーティなニュアンス。

味わいは軽くトロピカル系で、グァバ、パッションフルーツ、グレープフルーツ(イメージはピンク)、ミドルから焦がしたパン、ハイプルーフらしいピリピリとした刺激、鼻抜けはメロンからやや瓜系のニュアンス、全体を支えるピートの苦味と塩の味、メロン系と塩味が交じり合うフィニッシュ。

【Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから2000年のボウモアです。

香りはやや落ち着いていて華やかさはないもののトップにパイナップルのようなフルーツ感があり、期待できると思いながら飲むとトロピカル要素も感じられる良い内容です。凄い強いわけではありませんが、グァバやパッションフルーツ系の酸味もあるようなトロピカル。ミドルからはメロンの甘さと野菜の白い瓜のちょうど中間あたりの味があり、このあたりは人によって捉え方が変わりそうです。そこに塩気のある味わいもあわさって、生ハムメロンのようなニュアンスもあるのが面白い。

非常に多彩な味わいで飲んでいて飽きない、かなり良いボウモアだという印象でした。

 

アイラモルトはその人気からか、売り手側も結構な強気の値段設定をしてくるため90年代や2000年頃のものもかなり高額なボトルが増えています。ちょうど良い飲み頃に差し掛かっている原酒が値段のために買えないというのは残念なのですが、このボトル、というかケイデンヘッドは割と良心的な価格設定で良い樽を詰めてきてくれています。このボトルは前述の通りCASK ENDSシリーズの特別ツアーで樽から直接購入するものでしたが、それ以外にもスモールバッチシリーズの黒ケイデンから2000年近辺蒸留のボウモアが50~70ポンドほどで3種類ほどラインナップされていました。

ケイデンヘッドの熟成庫を見る限り、同様の樽はまだまだあるように見受けられましたので、日本にもいずれ入荷があると思います。2000年以降でも安くても美味しいボトルはあるものだと(特に最近は)感じることが多くなってきたため、当たりを求めて試してみる価値はありそうです。

ボウモア 17年 1994-2011 BBR

Bormore 17yo 1994-2011 (BBR Cask#1714 53.6%)

香りは良く効いたピート、グレープフルーツの皮の内側、どくだみ、野草、やや機械油のようなオイリーさ、ワックス、新し目の家具。

味わいはしっかりとしたルビーグレープフルーツ感、ジューシーでフルーティ、ベタつかないキレのよさ、ピートとヨードもっしっかり、メンソールとミント、若々しさとこなれた麦感が見え隠れする、旨味たっぷりな麦感と適度なフルーツ感がサッパリと良い余韻を残す。

【Good/Very Good】

BBRのオリジナルラベルの1994ボウモアです。

香りからはしっかりとしたピート感、ボウモアらしい海のニュアンスの効いたグレープフルーツが感じられます。ちょっと気になるような機械油のニュアンスが不安を誘いましたが、飲んでみると思った以上にジューシーで驚きました。トロピカルフルーツ! といった感じではありませんが、グレープフルーツがしっかり感じられ、想像以上にパワフルなボディは迫力があります。スーッとした清涼感のある草のニュアンスが香り味共に感じられ、良い塩梅です。

ボウモアといえば1993年がビッグビンテージと言われていますが、それ以降のものは概ね良い味になってきていると思っています。1992や1991のものでも、いわゆるパフュームがのっていないものもありますが、1993以降ならまず間違いないのでしょうね。2000年ころになってくると、若さ故か紙っぽいニュアンスが出てくることが多々ありますが、このボトルはそういったマイナスのニュアンスはありませんでした。香りの機械油っぽさだけが引っかかるところでしたが、それもかなり控えめのものなので気にならないくらいです。

ボウモアも今ではボトラーにあまり良い樽を回さなくなった、などと言われていますが、それでも少しずつは出てくるのですべてを辞める方向にはなっていないのでしょう。ラガヴーリンやアードベッグなど、ほとんど出てこない蒸留所もありますからね。原酒不足もあり、良い樽のシングルカスクが出てこないとなると残念ですが、ともあれ、このボトルはしっかり美味しいボウモアでした。

ボウモア 12年 2000-2012 カスク&シスル

Bowmore 2000 12yo (“Cask & Thistle Collection” Cask#0216 57.3%)

香りは良く熟れたグレープフルーツ、ただれかけの柑橘、マンゴスチン、瓜系の野菜感は悪くない、塩バター、海のニュアンスがふんだんに香るピート。

味わいは、まったりとバターのよう、濃い塩バター飴、凝縮された濃い味のデコポンのようなフルーツ、ミドルからマカダミアナッツ、オイリーさもかなり強め、染みこむ適度な麦感、ややまったりとしたヌガーのようなフィニッシュ。

【Good/Very Good】

カスク&シスルのボウモア、2000年蒸留の12年ものカスクストレングスです。以前に記事にしたことがあったのですが、久しぶりに引っ張り出してテイスティングしてみた結果、結構変わっていたので再度投稿しています。

口開け当初はかなり若さと荒々しさが目立ち正直微妙な印象だったため、暫く放置した方が良いと思い押入れの奥に仕舞うこと9ヶ月ほど。久々に気になって飲んでみたところ、目論見通りかなり落ち着いてふくよかなと味わいに変わっていました。こういう変化はウイスキーの楽しみな部分のひとつですね。

柑橘系のフレーバーという点では共通しているのですが、前はレモンなどのサッパリとした方向だったものが、時間を置くことによって、デコポンのようなもっと濃厚な方向になってきました。過熟感のあるフルーツ様も前は感じなかったニュアンスです。

空気に触れることでの変化を楽しめるのもモルトならではの楽しみ方のひとつ。体調などによっても変化してしまうものですが、同じボトルでもどんどん表情が変わっていく、その時間の経過を楽しむのも一興ですね。考えてみれば、長期間の樽熟、開栓後のボトル変化、そして1杯のグラスも時間をかけて楽しめるもの。モルトを楽しむには時間という概念は切っても切れない縁。時間に思いを馳せることで、モルトの魅力がより一層引き立ちます。

なんてことを考えながら頂きました。

ウイスキー大規模持ち寄り会

先日、モルト仲間で声掛けをして、大規模な持ち寄り会が実施されました。総勢で50人以上の参加があり、ひとり1本以上のボトル持ち寄りだったため、60本以上のボトルが並ぶという壮観な図。普段はお話できない方とも会話できたり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。主催、運営の方々、ありがとうございました&お疲れさまでした。

その中で、特に印象に残ったボトルを幾つか。

Balblair 10yo (OB 1970s(?) 100proof 750ml)

古いバルブレアのオフィシャル10年、カスクストレングス。年代は失念しましたが、70年代の流通ボトルでしたでしょうか。

少しオールド感も併せ持つ芳醇な麦の香りと甘さ、100プルーフながらきつくない飲みくちとしっかりしたボディも併せ持っていて、とてもバランスが良かったです。最近の10年ものとは明らかに異なる複雑さ、素晴らしいですね。

Strathisla 37yo (Kingsbury “Hand Writing” 48.2%)

キングスバリーのストラスアイラ37年。プレミアムレンジのハンドライティングシリーズです。

コクのあるベリージャムのような甘さと麦感、濃厚な木の香りは恐らく樽の影響でしょうか。きつくはなく好ましい範囲でした。若干のセメダインは複雑さを増すファクターになっていたと思います。

CO-OP Whisky (Toa shuzou 100% Scotch Malt Whisky 43%)

こんなの初めて見た&予想以上に美味い、という声続出のボトル。イチローズモルトとも関係の深い東亜酒造が、CO-OP向け(?)に作成したモルトウイスキー。100%スコッチモルト、ということはモルトを仕入れて自前で蒸留したのでしょうか。

結構ライトですが、単なる麦の甘さだけでなく若干のピーティさもありスモーキー。意外と侮れない味わいですが、今の時代でこそ評価される気がします。昔はこういうのはあまり好まれなかったのではないでしょうか。

Bowmore 34yo 1968-2002 (Duncan Taylor Rare&Auld Cask#1421 43.3%)

60年代のボウモア。ダンカンテイラーのレアオールド。この頃のラベルは自分は大好きなボトルです。

香りから独特のフルーツとヨードの混合した複雑なフレーバーが感じられます。飲みくちは思いの外柔らかく、そして意外と素朴な麦を最初に感じました。スルスルと流れるような麦と草のニュアンス、そして過熟感もあるフルーツ、裏打ちするピートのバランスが楽しめるボトルでした。

===================================================

少しずつ飲んでも相当な量になってしまったため、どのボトルもしっかりとテイスティングできたわけではないのですが、面白いボトルが沢山あり目移りしてしまいました。またこのような会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

ボウモア12年 2000-2012 カスク&シスル

BOWMORE 12yo 2000-2013 (Cask & Thistle Cask#0216 57.3%)

香りは甘い麦汁ジュースと塩気のあるバター、濡れたピートがしっかり、軽くヨード感、レモングラス、ネーブルオレンジの皮。

味わいはアルコール感を伴った若い麦の甘さ、すぐに塩気が強くピーティさもしっかりと主張、ミドルから薄い蜂蜜、レモンの皮、徐々に甘味が出てきてオレンジの甘さに変化、フィニッシュにかけては塩気とサッパリとしたハーブ感が軽く残る。若干アルコール感が強い。

【Good】

カスク&シスルのボウモア、2000年蒸留の12年ものです。1993年頃から美味しいものが多くなってきたボウモア、2000年代に入ってからの12年以上の熟成ボトルが出てくるようになりましたが、どれもなかなか安定して美味しいものが多いと感じます。このボトルもそのうちのひとつですね。

全体的に若さを感じさせるアルコール感が出ているところが少し気になりますが、レモンやオレンジのようなサッパリとしたフルーツ感がそこそこ出ており、ピート感などとの全体的なバランスはなかなかに良くまとまっています。特にフルーツ感は果汁そのものではなく皮の白い部分のような、少し苦味を伴う感じが出ていて、単純な甘さではなく複雑さを伴っているところも面白いと感じました。

この頃の蒸留年の長熟は今から期待してしまいます。

ボウモア テンペスト 10年 バッチ2

Bowmore Tempest 10yo Batch.2 (Official Bottle in 2010 “Small Batch Series” 56%)

香りはピーティで濃い潮気、凝縮したオレンジやレモンなどの柑橘系の香り、バタースコッチのような麦と甘い香り、爽やかな草原を思わせる草、アルコール感から来るメンソールのような爽やかな香りが鼻を刺激する。

味わいは、ややオイリーなテクスチャのアタックから始まり、ピーティさを伴いながら塩気を伴う果実感、濃いグレープフルーツ果汁が続く。ミドルに軽く木の皮の渋み、続いて塩バニラアイスのような甘味、微かにパイナップル、フィニッシュにかけてスパイス様が少しありヒリヒリとするがあまり強くなく、塩バニラの甘味がそこそこ長く続く。

【Good/Very Good】

ボウモアのオフィシャルボトルから、スモールバッチシリーズのテンペスト、これはバッチ2ですので2010年のものです。

全体的にバランスがとれていて、飲んでいて引っかかる所があまりありません。若いボウモアにありがちな紙っぽさはあまり感じませんし、ピートは香りでこそ結構主張しますが、味わいにおいては落ち着いた様子で全体的に下支えしており、良いバランスを保っていると思います。ボウモアに期待するような果実感も良く出ており、10年でこの仕上がり具合、この価格というのは素晴らしいと思います。

バッチ1は飲んだことが無いのですが、もっと個性が際立つようなタイプだったようで、それに比べるとこのバッチ2は優等生的な仕上がりになっているのかもしれません。もっとも、この辺りは好みの問題もありますし、バッチ毎に味わいが違った方が楽しめると思うので、いろいろなボトルがでてくるのも大歓迎ですね。

夏にさしかかり、暑くなってきたこともひとつの原因かもしれませんが、ピートの効いたサッパリとしたアイラモルトがどんどん美味しく感じるようになってきました。そんなところにこのボウモア、開いてきたのかフルーツ感もどんどん広がり、当初の評価よりも1クラス上に感じるほどです。もしかしたら自分のツボにハマったかもしれません。まだ手に入りそうなので、将来を見越して確保してしまっても良いのかも、と思い始めました。