カテゴリー別アーカイブ: Brora – ブローラ

ブローラ 30年 オフィシャルボトル 3rdリリース

DSC02273

Brora 30yo (OB, bottled in 2004, 3rd Release, 56.6%)

香りは過熟気味の柑橘、パイナップル、マンゴーなどのトロピカル感、じっとりとしたピートにヨード、下支えするどっしりとした穀物の甘さ、まとまりがあり素晴らしい。

味わいはやや弱めのアタックから香り同様のフルーツ感、穏やかだがじんわりと主張するピートやヨード、ショートブレッドの甘さ、少し塩パンのようなニュアンス、じっくりと染み込むトロピカルフルーツとピート感がまとまりよく続いていくフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

2004年にリリースされた、オフィシャルのブローラ30年。この系統のオフィシャルボトルでは3番目のリリースとなるボトルでした。

こちらも簡易ブラインドで提示され、第一印象はボウモア30年シードラゴン。過熟気味のフルーツにやや落ち着いた感じのじくじくしたピートを取った結果のイメージでした。結果は上記の通りブローラ。盛大に外しましたが、アイラと北ハイランドで結構似たイメージが出て来るのも我ながら不思議だなあと思いました。

 

トロピカルというよりも過熟気味のフルーツ感の方が強く、爛れたニュアンスはある意味硫黄成分を含んだフルーツフレーバーもにも通じる要素があるのかもしれません。ピートのいぶしたようなニュアンスもあってボウモアと混同しました。

島モノらしさのあるピートのボウモアと、あまりそのようなイメージのないブローラですが、フルーツ感は結構似ているようにも思えました。ボトル公開後は「なるほど確かに」と思うのですが、ブラインド時にどう感じたかを思い返すと面白いですね。

 

ブローラのこのシリーズのオフィシャル、今回のボトルは2004年ボトリングでしたが、自分が飲み始めた2008年頃でも一部の酒屋ではこの3rdや4thが残っていた記憶がありあす。値段は3万円超えるほどでしたでしょうか、当時はその値段でもかなり高額な部類に入ったため、皆さんそこまで食指が動かなかったのかもしれません。2013年頃でも8thや9thが残っていて、それも4万円ほどでしたので、またまた同じような傾向ではありましたが、やはりいつしか売り切れてしまっていました。

この個性的な味わいは、近年ではあまり見られなくなってしまいました。もっとクリーンでクセのない方が一般的には受けるのでしょうか。この個性的な味は残して欲しかったですが、残念ですね。

DSC02274

広告

ブローラ 19年 1981 ザ・ボトラーズ

Brora 19yo 1981-2000 (The Bottlers Cask#1077 Refill Sherry Butt 60.4%)

香りは陶酔感のある高貴なニュアンス、軽くオールド香、過熟感のあるフルーツが華やかに香る、黄桃、アプリコット、少しカモミールのようなハーブ感、レーズン。

味わいは粘性のある旨味の強い麦感、甘さの強いカスタード、バニラ、煮出した紅茶、タンニンの渋さが味を引き締めている、ミドルから熟れた果実感、微かにスモークサーモンのような磯のニュアンス、フィニッシュにかけては塩気と過熟のフルーツ感が長く続く。

【Very Good】

ザ・ボトラーズがボトリングしたブローラの1981年、19年ほどの熟成です。

良いシェリー感とともに、ブローラらしいと云われる過熟感のあるフルーツがしっかりと主張してきて、そのバランスがとても素晴らしい味わいにまとまっていました。ボディの芯がしっかりとしていて旨味があり、それが長く続くような印象です。トロッとした粘性のあるテクスチャも、熟れた果実らしさを助長しているようでした。

ボトリングからかなりの年数が経っていますが、香りに軽くオールド香のようなものを感じたのはこのためだったのでしょうか。今ではなかなか手に入らない、比較的短い熟成年数のブローラ。今ではもう閉鎖されてから30年を超えてしまいましたから。こういうボトルはますます貴重になりそうです。ボトルを買うことはもう難しそうですが、キャンベルさんで飲めるうちはいろいろと飲んでおこうと思います(笑)