カテゴリー別アーカイブ: Bruichladdich – ブルイックラディ

ブルイックラディ 35年 1970-2006 創業125周年記念ボトル

DSC06318.jpg

Bruichladdich 35yo 1970-2006 (OB 125th Anniversary Bottling, 40.1%)

香りはやや昔のスタイルでやさしいモルティさとシェリー感、古い家具、樹木の香り、ホワイトペッパー、微かに高貴なランシオのニュアンス。
味わいは染み込むような優しい麦とシェリー樽感、ボディは緩いが芯のあるバーボン樽感、バニラ、オレンジ、干したアプリコット、フィニッシュにかけて軽くランシオ系の高貴さを伴いながら儚く消える。

【Very Good/Excellent】

ブルイックラディはあまり長熟のものを飲んだことが無い蒸留所です。それは、1994年から2001年ころまで閉鎖されていたということもあり、自分の飲み始めた頃にはあまり目立ったリリースが無かったことと、アイラ島というとやはりピートの効いたボウモアやラガヴーリンなどを求めてしまうもので、ブルイックラディをちゃんと評価することが出来ていなかったと思っています。

今回のラディは1881年の創業から125周年となる節目にリリースされたもので、復活からようやく前途が明るくなってきたところでの並々ならぬ力が入ったボトルと言えると思います。往年のシェリー樽のニュアンスが存分に漂っている中に、各種のフルーツ感やヴィンテージ家具のような古酒感が良いアクセントに。ランシオのような高貴なニュアンスもありノージングが楽しくなります。
味わいはしっとりと優しく染み込むようで、引っ掛かりのなさは本当に秀逸。徹頭徹尾、バランスの良さと陶酔感にやられっぱなしでした。スルスルと飲めてしまうので、ある意味危険なボトルとも言えるでしょう。

流石の記念ボトル、間違いなく自分の中で最高のラディと言えます。この時代の原酒の良さを感じるために、オールドボトルを求める気持ちもよく分かりました。昔の12年とか、美味しいですよね。もっとラディもいろいろと試してみないと。

DSC06320.jpg

広告

ブルイックラディ 27年 The Stillman’s Drum

DSC02271

Bruichladdich 27yo (OB “The Stillman’s Drum”, 45%)

香りはアプリコット、カスタード、アーモンド、少しバニラ、少し火薬のニュアンス。

味わいは素直な麦の甘さ、バタースコッチ、ミドルから少し紹興酒、野暮ったい青草様、薄めたブドウ果汁、落ち着いてじんわりと残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

もうかなり昔にリリースされた Stillman’s Drum シリーズからブルイックラディです。

高貴さや陶酔感は薄いですが、昔らしいシェリーカスク感があり、度数が45%ということもあってだらだらと飽きずに飲めそうなところが好印象でした。

口開け直後ということだったので、まだ開いていないのでしょう。ややフルーツ感に乏しい印象でしたが、今後開いてくればレーズンなどのフルーツ感が乗ってくるかもしれないという期待が持てそうなボトルでした。

このシリーズは以前にタリバーディンを記事にしていますが、麦の旨味がしっかりと乗っていて、どこか古風な味わいが特徴的です。最近の華やかな感じはありませんが、噛みしめるほどに旨みが増すような、しみじみと愉しむのに向いている感じ。度数が高くないのも寄与していますね。

やや没個性的なところが逆に近づきやすい、寄り添うようにあっていつでも心おきなく愉しめる、そんな位置づけ、良いと思います。

DSC02272