カテゴリー別アーカイブ: Bunnahabhain – ブナハーブン

ブナハーブン 1987-2018 “An Antique Armchair” ウィームス カスククラブ向け

香りが独特のシェリー爆弾でした。

Bunnahabhain 1987-2018 “An Antique Armchair” (Wemyss Malts for Cask Club Release 2, Ex-Sherry Butt, 46%)

香りはイチゴシロップ、カボチャの皮、味醂と甘やかな醤油、ポリッシュしたアンティークテーブル、革張りの家具感が確かにある。
味わいは優しい味わいで枝付きレーズン、マーマレード、濃く煮出した紅茶、大量のクローブ、樽感強く炭のニュアンス、ニガヨモギ、カカオ80%のチョコレート、非常にビターだが濃厚プルーンの甘さも感じるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ウィームスから30年ほどの熟成となるブナハーブン、「アンティーク・アームチェア」と銘打たれたシェリーバット熟成のシングルカスク。ウィームス・カスククラブという、コミッティというかファンクラブのような位置づけでしょうか、そのクラブメンバー限定でリリースされたボトルです。

醤油とみりんのあわせ技のような独特の香りは、近年系のシェリー樽に30年という長期熟成の賜物でしょうか。しょっぱさではなく甘さを感じさせる香りに、どことなく古びたニュアンスが漂っていて、ああこのあたりがアンティークの家具っぽさかな、と納得。味には意外と醤油っぽさはありませんが、かなり強めの樽感を伴った近年系のシェリーが支配的。ドライでスパイシー、口の中の水分が持っていかれそうな感じです。

こういうのはヨーロッパというか、特にドイツあたりで人気が出そうな「シェリー爆弾」ですね。好きな人はとことん好きそうな内容ですが、自分からするとちょっとこれは行き過ぎているかな、と。ある意味、ターゲットの客層がどのあたりか、というのが明確になっている良い例かと思います。

ブナハーブン 18年 オフィシャル現行品

dsc01119

Bunnahabhain 18yo (OB, Distributed +/- 2016, 46.3%)

香りはサクランボ、イチジクとワインでコンポートのよう、やや汗臭いような穀物の甘さ、バニラエッセンス、バターナッツ、微かに清涼感のある香草、焦げたパン、錆びた鉄のニュアンス。

味わいはドライレーズン、イチジク、やや粒状感のあるカカオ、ビターチョコ、ややラフだが旨味のある麦感、ハニートーストのような甘さ、少し醤油、焦げたニュアンスとバナナ様のフルーツが残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

アイラ島の蒸留所を訪れた際、現地で試飲したら思いの外美味しいと思ったブナハーブン18年。

結構なフルーツ感がのっており、また近年系ながらもなかなか良いシェリーカスクのニュアンスがしっかりと感じられるところが好印象でした。一方、フルーティではありつつもエステリーに振れきれない、どこか野暮ったさも残るところがブナハーブンらしいといえばらしいところ。アイラでは異色であるノンピート仕込みですが、ヴァッティングの妙かなかなか良いモルトです。

構成原酒はシェリーカスクが40%にバーボンカスクが60%。12年(25%:75%)や25年(10%:90%)よりもシェリーカスクの構成比率が多めとなっています。野暮ったさ、洗練されすぎない、どこか土着的な印象がありますが、自分はこれは個性だと捕らえました。最近はどれも綺麗なモルトが多くなってきていますが、こういうスタイルもまたありではないかと。

 

なお、通常ライトピートで仕込まれるブナハーブンですが、夏季の休業前に少しだけピートを炊いたモルトで仕込むそうです。特別なシングルカスク用のもので、実際に蒸留所限定で売られていたりもしました。こちらも試飲はしたものの、若さとチグハグな印象があり購入はしませんでした。その代わり、こちらの18年はなかなかの出来と思い日本に帰ってきたから探してみました。そうしたら、18年は正規では取り扱っていないのですね。とりあえずレートが良いうちに海外から引っ張ってみました。

現地マジックもあったかもしれませんが、日本で飲んでも概ね現地と似た印象でした。