カテゴリー別アーカイブ: Caol Ila – カリラ

カリラ 1981 29年 ダンカンテイラー レア&オールド

image

Caol Ila Duncan Taylor RARE&AULD 1981-2010 29yo Cask#3491 Matured in Oak Cask 55.2%

ヨードの薬品臭さ、磯の香り、熟れたイチジク、うっすらとレモン、青リンゴ、藁のような香り? 奥の方にオレンジピールのようなニュアンスもあり。結構複雑で色々なフレーバーが楽しめる。

味わいは、オイリーなアタックから始まり果実感のすぐ後にピートを感じる。過熟したイチジク、完熟した柿のような甘さと渋さが同居する味わい。鼻抜けはピートに加えて少し強めのメンソールやヨモギ。フィニッシュは果実の甘さとアルコール由来のスパイシー、ブリニーな味わいが比較的長い。

【Good/Very Good】

ダンカンテイラーの1981ビンテージのカリラです。開栓してから随分と時間が立ってしまっているため、既に開ききって少しヘタり気味な部分があると思うのですが、複雑な味わいが楽しめる良いカリラだと思います。カリラらしいオイリーさ&ブリニーな味わいもさることながら、熟れすぎて腐るギリギリ一歩手前な果実のニュアンスがあり、良い長熟のモルトに仕上がっている印象でした。

カリラは80年代前半までは呑んだことがあるものの、70年代のものは呑んだことが無いのですが、傾向としてはあまり変化が無いのでしょうか。生産量が多いカリラですが、他の蒸留所と同様、どんどん貴重な品になっていくのでしょうね。