カテゴリー別アーカイブ: Caol Ila – カリラ

カリラ 18年 1997-2016 ウイスキーファインド 山海經シリーズ “精衛填海”

DSC04838.jpg

Caol Ila 18yo 1997-2016 (WhiskyFind, “山海經/精衛填海”, Sherry Butt Cask#2, 40%)

香りは白い海岸を思わせる塩とヨード、爽やかなヨーグルト感、バニラ、レモンの皮、ビターオレンジ、とてもバランスが良い。

味わいは柔らかめのタッチで、塩たらこ、素朴な麦感、控えめなオレンジなどの柑橘系フルーツ、ミドルからミネラル感、再び塩気とバターが現れ、ピート感と合わさっていくフィニッシュ。

【Good/Very Good】

台湾の新興ボトラーズ、ウイスキーファインドが詰めたカリラ18年。

90年代後半のカリラ、というかいつの時代でもカリラは安定した品質を提供してくれますが、こちらもとても良いカリラでしたあ。派手さはなく、落ち着いているけれどもアイラモルトの良いところを凝縮したような味わいで、バランスも良く飲みやすいボトルでした。

加水ではない度数落ちの40%ということなのですが、さすがに18年でそこまで落ちるのかはちょっと不思議な気もしますが……。ちなみにシェリーバットなのですが、あまりシェリー樽のニュアンスが取れませんでした。この日はマッカランやストラスアイラなど良質のシェリーカスクものが多かったためか、軽めのシェリーのニュアンスが拾えなかったようにも思えます。

広告

カリラ 1991 23年 ケイデンヘッド スモールバッチシリーズ

DSC04333

Caol Ila 23yo 1991-2016 (Cadenhead “Small Batch”, Bourbon Hogshead, 53.3%)

香りはオレンジ、少しパイナップルのニュアンスもある、シリアル、濡れたシダのような植物感、粘土質なアーシーさとヨード。

味わいはややパワフルにオレンジマーマレード、ハチミツがけのシリアル、やや薄めの紅茶、ミドルから落ち着いたピート、ホワイトペッパーのピリピリしたニュアンスがハチミツ感と共に続くフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズから、こちらはカリラ23年。

前出の32年と同様に、やはり安定したカリラです。色合いからこちらの方がやや赤みがかっていて、そのためかオレンジなどの柑橘や麦の甘さなどがハッキリとしていて華やかな印象でした。32年で魚介系の出汁の旨味を強めに感じた部分はこちらにはそこまで出ていないなど、どちらもそれぞれの特徴があり、同じカリラでも違いを愉しむことができました。

この他にも黒ケイデンの10年という短熟カリラも同時に頂きました。10年にしては未熟感は無く、一方でヤングアイラらしいパワフルさ、若さとピートの良い相性がバッチリ愉しめる一本でした。

ケイデンヘッドは安定して良い樽をリリースしてきますね。黒ケイデンという呼称もすっかり定着して、ケイデンヘッドの豊富なストックと選別眼の確からしさが伺えます。まだまだ様々なリリースがあることと思いますので(70年代もまだ結構あるそうで)往年の味わいを期待する人も満足できるリリースがあるのではないでしょうか。

良いカリラの垂直テイスティングでした。ありがとうございました!

カリラ 1984 32年 ケイデンヘッド スモールバッチシリーズ

DSC04332

Caol Ila 32yo 1984-2016 (Cadenhead “Small Batch”, Bourbon Hogshead, 49.5%)

香りは青いリンゴ、青い麦の穂、少し紙のニュアンス、レモン、しっかりとヨード、粘土のニュアンス、コクのある魚介系フレーバー。

味わいは柔らかいアタックで白パン、プーアル茶、ミドルからホワイトペッパー、旨味の強い魚介出汁、ほのかにレモングラス、フィニッシュにかけて茶葉とオレンジオイル、らしい粘土質のピーティさが後をひく。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズから、カリラ32年。

カリラらしい安定したアイラ・モルトです。強すぎずしっかりと効いたピートに、魚介系の出汁とレモングラスのニュアンスがあいまって、ややアジアンテイストな印象を受けました。モルトで感じやすいお茶のニュアンスも、普通は紅茶を良く感じることが多いですがここではプーアル茶のようにやや異なる印象。

とても多彩でそれぞれが良くまとまっていて、開けたてからでも美味しいカリラでした。まだ開栓後時間が経っていないということで、今後の開き方にも期待できそうですね。

こちらは持ち寄り会にてテイスティングさせて頂きました。ありがとうございます。

 

カリラ 1981 29年 ダンカンテイラー レア&オールド

image

Caol Ila Duncan Taylor RARE&AULD 1981-2010 29yo Cask#3491 Matured in Oak Cask 55.2%

ヨードの薬品臭さ、磯の香り、熟れたイチジク、うっすらとレモン、青リンゴ、藁のような香り? 奥の方にオレンジピールのようなニュアンスもあり。結構複雑で色々なフレーバーが楽しめる。

味わいは、オイリーなアタックから始まり果実感のすぐ後にピートを感じる。過熟したイチジク、完熟した柿のような甘さと渋さが同居する味わい。鼻抜けはピートに加えて少し強めのメンソールやヨモギ。フィニッシュは果実の甘さとアルコール由来のスパイシー、ブリニーな味わいが比較的長い。

【Good/Very Good】

ダンカンテイラーの1981ビンテージのカリラです。開栓してから随分と時間が立ってしまっているため、既に開ききって少しヘタり気味な部分があると思うのですが、複雑な味わいが楽しめる良いカリラだと思います。カリラらしいオイリーさ&ブリニーな味わいもさることながら、熟れすぎて腐るギリギリ一歩手前な果実のニュアンスがあり、良い長熟のモルトに仕上がっている印象でした。

カリラは80年代前半までは呑んだことがあるものの、70年代のものは呑んだことが無いのですが、傾向としてはあまり変化が無いのでしょうか。生産量が多いカリラですが、他の蒸留所と同様、どんどん貴重な品になっていくのでしょうね。