カテゴリー別アーカイブ: Cardhu – カーデュ

カーデュ 蒸留所限定ボトル 2018年ボトリング

ワイン樽も使っているようですが、やや特徴に乏しいような…。

Cardhu Distillery Exclusive Bottling (OB, Bottled in 2018, 3 Cask Types Including 1st Fill Red Wine, 48.0%)

香りは落ち着いた麦感、洋ナシ、バニラ、少しスーッとするメンソール、サワーヨールグルト、溶剤のニュアンスが少し。

味わいはもったりした立ち上がりでポリッジ、やや生焼け感のあるホットケーキ、サクランボのニュアンス、ミドルから少し焦げたニュアンスがありビター、カカオニブのビター感があるがさらっと終わるフィニッシュ。

【Good】

カーデュ蒸留所でのみ売られている蒸留所限定ボトルです。3種類の樽で熟成された原酒のブレンドで、うちひとつはワイン樽のファーストフィルということが明記されています。

その香味はというと、目立つ若さは特にはないものの熟成感がさほどなく、プレーンな素の味わいといった感じ。ワイン樽のニュアンスもそこまで感じられず、実は樽の話は飲んだ後から知ったくらいで、情報のインプット無しだと全くワイン樽とは分かりませんでした。

やや生乾きっぽさが目立つ印象で、あまりリッチさが無いのが逆に印象的です。蒸留所限定のボトルとしては少々普通にすぎますし、カーデュらしさという点でもあまり感じられないので、どういう意図でこれをリリースしたのかがちょっと気になる所です。

カーデュ蒸留所を訪れるのも5年ぶりとなりましたが、蒸留所へのアプローチの道が少々変わっていて戸惑いました。ショップも少し改装したように思いましたが、ちょっと記憶が曖昧です。どこの蒸留所もここ数年で多少なりとも設備が変わっているようで、近年の蒸留所への投資状況が伺えました。

今回のサンプルは、現地でディアジオのパスポートを持っていったところご好意で頂けたもの。スタンダードツアーが無料になるこのパスは以前もご紹介しましたが、この日はツアー参加する時間がなかったので代わりに、といったものでした。蒸留所スタッフの方に感謝です。

カーデュ12年 特級表記 1980年代流通ボトル

安定した味わい、素朴な麦感のモルトでした。

Cardhu 12yo (OB bottled in 1980s, 75cl, 43%)

香りはやや酸味を伴う麦感、トースト、ナフタレン、松ヤニ、透明感のあるハチミツとオレンジ、なめした革のニュアンス。

味わいは優しくベルベットのような口当たりで、ハチミツ、トースト、オレンジの皮、微かにリンゴのコンポート感、しっとりと染み込むクルミのオイリーさ、穏やかに短く消えるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

カーデュのスタンダードボトルである12年の、1980年代に流通していたボトル。ラベルにはウイスキー特級の記載があります。

基本的に麦感主体で、フルーツ感もあるのだが儚げで強さはありません。スペイサイドの割にはフルーティさや華やかさをそこまで感じない、やや無骨な佇まいが特徴的でしょうか。麦の美味しさをふんだんに感じられるモルトです。

香りの時点で、どことなくオールドボトルのジョニ黒との共通項が見え隠れするあたりは、流石にカーデュらしいというか。ジョニーウォーカーのキーモルトとしての役割がメインの蒸留所ですが、その座はしっかりとした品質があってこそのもの。シングルモルトとしても当然安定の美味しさといえるわけで、もう少し知名度が上がってもおかしくはないと思うのですが、今ひとつ表舞台には登ってこない感があります。

こちらは先日アップした旧ボトルのダルウィニーとともに、往年の麦感たっぷりのモルトを味わいたいと思いながら、これならどうだと思ってゲットしたボトルです。結果的にはこのカーデュも期待通り。いい具合に麦麦しいボトルでした。

現行12年もあまり味は変わっていないと思いますが、そういえばここ数年飲んだ記憶が無いので、今度どこかで試してみたいですね。