カテゴリー別アーカイブ: Dailuaine – ダルユーイン

ダルユーイン 1980-1999 マキロップチョイス

DSC04850.jpg

Dailuaine 1980-1999 (Mackillop’s Choice, Cask#1236, 55.2%)

香りはメロン、青い草、バニラ、プレーンなオーク樽、少しメンソールのニュアンス。

味わいはややパワフルなアタックで、バニラアイスのような甘さと柑橘類や梅のような酸味、少しオイリーな乳製品、素朴なオートビスケット、ホワイトペッパーが刺激的に残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ダルユーインはどういったところがハウススタイルなのか、今ひとつ明確に理解できていないところ。香りにメロンや青い瓜的なニュアンスが特徴的ですが、一方で味にはあまりメロンっぽさは無く、プレーンなバーボン樽の良い部分が出てきている印象でした。20年弱という長熟ではない熟成が樽感の強さを回避しているのでしょう。

80年頃のモルトとなると近年では30年オーバーになるわけで、どうしても過熟による樽の強さにつながってしまいがちです。そう考えると、中熟の飲み頃のモルトは過去のリリースでないと味わえないわけで、こういったボトルで往年の味わいを勉強するのも難しくなってきてしまいました。貴重な経験をありがとうございます。

ところで、マキロップチョイスというとどうしても思い出してしまうのが、某酒屋で投げ売りされてしまっていた時期があったこと。確かにその頃は他にもっともっと素晴らしいモルトがひしめき合っていたため、マキロップチョイスはそこまで注目されることがあまり無かったように思います。結果的にその投げ売りの印象から「安かろう悪かろう」のイメージが付いてしまったように思います。しかし、このボトルは良い香味で素晴らしいものでした。飲まないで印象だけで語ってはいけませんね。

 

ダルユーイン 35年 1976 信濃屋 禽獣図会

dsc02056

Dailuaine 35yo 1976 (Shinanoya “禽獣図会 – 獅子”, Bourbon Hogshead, Cask#5966, 56%)

香りは甘酸っぱい、アプリコット、タンジェリン、ワクシー、蜜蝋、少し青リンゴ、微かに溶剤のニュアンス。

味わいはやや強めの刺激でドライ、オーキーな樽感、ハッカ、ミドルからアプリコット、ドライアップル、スポンジケーキの甘さ、徐々にホワイトペッパー、奥にカレー粉のようなスパイシーなニュアンス、フィッシュはシナモンとアプリコットが心地よく続く。

【Very Good】

信濃屋さんが5年ほど前にリリースした、歌川国芳の「禽獣図会」シリーズからダルユーイン35年。今考えるととても贅沢なスペックですね……。ラベルの華やかさもさることながら、中身も相当に良いものでした。

70年代の長熟ダルユーインは、シングルカスクで出て来るものはどれもフルーティさとコクが強くあって飲みごたえがある印象です。このボトルは少し樽の影響も大きいようで、特にアタックはドライで樽感を感じました。その後は不思議と複雑なスパイス感があり、これはあまり感じたことがなかった要素でおもしろいニュアンスでした。