カテゴリー別アーカイブ: GlenBurgie – グレンバーギ

グレンバーギ 20年 1995-2016 シグナトリー ビンテージ

dsc01498

GlenBurgie 20yo 1995-2016 (Signatory “Vintage”, Hogshead Cask#6486 + 6487, 43%)
香りはバタースコッチ、メロン、ハチミツ、レモングラス、ややヨーグルトドリンクのような若いニュアンス、奥に清涼感のあるハーブ、微かに小豆のニュアンス。

味わいは優しい口当たりでメロン、軽く桃、熟したパパイヤ、ミドルから木の皮、やや胡椒のようなピリピリとした刺激、フィニッシュは甘いハチミツとシナモン、カルダモンのような爽やかさも伴って程よく続く。

【Good/Very Good】

シグナトリーのビンテージシリーズからグレンバーギ。

程よく乗ったフルーツ感に、そこそこ木の皮や樽のニュアンスも出ていて、突出したところは無いもののバランス良く広がってきます。90年代蒸留の綺麗に作られたモルト、その中熟ボトルとしてちょうど良い、普段使いのモルトといった感じです。昨年末ころに、知人が「安いけど美味しいよ、これ」というオススメがあり、試飲したところ確かに良いな、ということで
1本購入しました。

シグナトリーのこのシリーズは、加水のおかげか値段も抑えめなのが嬉しいところ。また、同スペックのグレンバーギは前の年も19年熟成でリリースされていたらしく、同じような味わいだったことから今年の末や来年あたりにも同じようなボトルがリリースされる可能性が高いでしょう。気になった方はのんびり待ってみると良いかもしれません。

ところでシグナトリーというと羽の絵柄が昔からのアイコンらしいのですが、現在のこの羽はパッと見、エビに見えるのは自分だけでしょうか……。昔のボトルは羽根ペンみたいで格好良かったのですが。

dsc01500

グレンバーギ 1966 GM Caskシリーズ

GlenBurgie 1966 (Gordon & MacPhail “CASK” 61.2%)

香りはハッカやシナモンのような清涼感のあるスパイス、ココナッツミルク、クローブなどの甘味のある香り、メロン、青リンゴ、蜂蜜のニュアンス。円熟したとてもリッチな香り。

味わいはアプリコットジャム、リンゴ、バニラ、ミドルからオイリーでミルキーな味わい、とても良い麦感、軽くタンニン様が引き締める、シェリー樽のニュアンスもあり、スイカの白い部分のような瓜、鼻抜けにココナッツミルク感がどっしり、フィニッシュにかけてはタンニン様とバニラ様が長く後を引く。

【Very Good/Excellent】

GMのカスクシリーズから1966のグレンバーギです。

香りからとても独特で、清涼感のあるスパイシーさと同時にミルキーさのある香り立ちで、普通のモルトとは明らかに違う、とても美味しそうな雰囲気をこれでもかと出していました。メロン系のフルーツ感もしっかりで、香りだけでもかなり多彩な印象でしたが、ちょっとうまく拾いきれませんでした。

飲んでみると、61%というハイプルーフとは思えないほどまろやかなアタックで、円熟のボトルであることがここからもわかります。香りと同系列のミルキーな味がしっかりで、フルーツ感もしっかり載っています。少しシェリーカスクのようなニュアンスがあり、リフィルのシェリーカスクなのかそれともヴァッティングなのか、ちょっと分かりませんでしたが、良い下支えになっていました。

味も勿論ですが香りが特に良くて、何度も何度も香りを楽しみたくてグラスを近づけてしまいたくなる。少し飲んでは鼻抜けの香りを楽しむ。呑み終わった後も暫くはグラスの残り香を楽しんでいました。近年のモルトとは明らかに異なる味わいに惚れ込んでしまいました。

グレンバーギはあまり経験が無いのですが、色々な方のテイスティングノートを見ると、ハウススタイルというわけでは無いのかもしれませんね。G&Mの豊富なストックだからこそ出せたボトルでしょうか。手に入らないとなると欲しくなってしまいます。

兎にも角にも、素晴らしいボトルでした。