カテゴリー別アーカイブ: GlenBurgie – グレンバーギ

グレンバーギ 21年 1995-2017 シグナトリー for 信濃屋

わかりやすくキャッチーなトロピカル感でした。

Glenburgie 21yo 1995-2017 (Signatory “The Un-Chillfiltered Collection” for Shinanoya,Hogshead Cask#6512, 54.6%)

香りはパイナップルや桃の缶詰シロップ、エキゾチックなスイーツ?、バニラ、少しシナモン、少し溶剤のニュアンス、木の生皮。

味わいはやや強めの刺激で、凝縮した甘さ、桃、パイナップルの缶詰、やはりシロップ感が強い、鼻抜けにはマンゴー、軽めの紅茶、ヒリヒリとアルコールの刺激を伴いながら、甘みと香木感を伴う長めの余韻が残る。

少量加水すると、香りに甘いフルーツヨーグルトと火薬のニュアンス。味にはオレンジのような柑橘が現れ、アルコールの刺激が抑えられ甘さも引き立つ。

【Very Good】

信濃屋さんが2019年末にリリースした、シグナトリーのアンチルフィルタード・コレクション、1995年のグレンバーギです。ボトリングは2017年3月ということですが、リリースは2年半ほど遅れての2019年末。このあたりは、諸々の事情がある模様ですが、それはさておいて。

キャラクターとしては、まずはなんといっても南国フルーツ感でしょう。わかりやすくキャッチーな甘さトロピッカルな果実の要素があります。ケミカルというよりは果汁3%くらいのジュースのイメージ、そこまで人工的なニュアンスはありません。トロリとした粘性を感じさせる部分もあって、缶詰のシロップのよう。

やや樽の味付けがメインで、ボディの分厚さがあるかと言われるとそこは普通レベルのようにも思いますが、総じてレベルが高い。あれこれ考えても良いですが、考え過ぎずにただ味わえば、これはかなりの満足感。おそらくは嫌いな人が少ないであろう果実感でしょう。

年々価格が高騰しつつどれも似たり寄ったりな味付けになりがちなこのご時世、これだけの品質のものを、売値としてはかなり良心的な値段で引っ張ってこれたというのが凄い。90年代半ばのモルト、ホグスヘッドとあるのでバーボン樽だと思いますが、バーボン樽の良いものがまだまだ眠っているのではないでしょうか。やや樽の強さが出やすいようなので、25年以上の長熟まで行く前に熟成のピークが来ているものが多い印象です。とはいえ、30年以上の熟成を経て初めて出てくるような味わいもあるので、選定する人にとっては難しいところ、でしょうか。

この手のバーボン・ホグスヘッドの味わいといえば、オーシャンズのタムデュを思い出しました。今回のバーギの方が南国感が強く、桃のニュアンスはやや控えめですが、どちらもキャッチーなフルーツ感があります。

また、グレンバーギといえば、以前に飲んだJIS向けのG&M1997バーギも、フィニッシュにかけてトロピカル感が出ていたこともあり、フルーティなフレーバーがよく出てくる蒸留所なのかもしれない、と感じています。そこまでメジャーではない蒸留所ではあるものの、バランタインの原酒として使われてきた実力は折り紙付き、というところでしょうか。今後も良いリリースがありそうな蒸溜所なので、こまめにチェックしていこうと思います。

グレンバーギー 19年 1998-2018 The Whisky Trail 台湾向けシングルカスク

中間にほんのりとしたグァバっぽさがあるバーギーです。

GlenBurgie 19yo 1998-2018 (Elixir Distillers “The WHISKY TRAIL” for Taiwan, Barrel Cask#900897, 58.3%)

香りは豊かな麦と穀物由来の甘さ、バニラ、イチヂク、アップルタルト、ややハーブのような青い草のニュアンス。

味わいはやや強めのアタックでコクのある甘み中心、綿飴、中間にグァバや完熟パパイヤなどのトロピカル感、イチヂクのタルト、少しハッカ、フィニッシュに掛けてはかなりビターな樽感が占める。

【Good/Very Good】

エリクサー・ディスティラーズの台湾向けグレンバーギー。

このシリーズは4種類のボトルがあるようで、いずれも花と鳥が描かれています。白を貴重とした中国的なイラストが美しいですね。エリクサー・ディスティラーズのリリースですと、日本向けとしてはドラゴンシリーズやウォリアーシリーズなどがありますね。中世ファンタジーの要素が強いというか、ちょっと厨ニ的だと思っているのは自分だけじゃないはず……。(でもそういうの、嫌いじゃないです)。

さて肝心の中身ですが、ここ最近飲んできたバーギーに似たところがあり、割と綺麗めのバーボン樽原酒のミドルにグァバっぽいトロピカル感が見え隠れするところが特徴的。少し樽が強めに出てきているのか、後半はピリピリとしてドライさがややキツめですが、全体としては飲みごたえがあり良いボトルです。度数が高いので、慣らしが終わった2杯目か、加水してゆるゆると楽しむのも悪くないでしょう。

ここでグレンバーギー蒸留所について手元の写真を探そうとしていて、軽くショック。訪問リストからすっかり抜けてしまっていて、今年2019年のスコットランド旅行の際にも近くを通ったのにスルーしてしまっていました。なぜ忘れていたのか……。

もちろん行っても見学ができるわけではない(ペルノ系列は基本どこもNG)のですが、外観だけでも見てこなければならなかったのに、失敗しました。いつかリベンジしなければ。

Thanks for Gen, Good Bottles!!

グレンバーギー 1997-2016 G&M Exclusive for JIS

GlenBurgie 1997-2016 (G&M Exclusive for Japan Import System, Refill Bourbon Cask, #8570, 57%)

香りはリンゴやアプリコット、ココナッツ、ローストしたカシューナッツ、やや火薬のニュアンス。

味わいはやや硬いアタックで焼きリンゴ、アプリコットジャムを塗ったトースト、ミドルからココナッツの甘いフレーバー、少しピリピリするタンニン様、フィニッシュにかけてややトロピカル感も感じる芳醇なフルーツフレーバーを残して消える。

【Good/Very Good】

昨年、G&Mはラベルチェンジを行ったためこのラベルは現在は使われなくなってしまいましたが、今でも酒屋さんには残っていますし、自分なんかは長らく見てきたExclusiveのラベル。ジャパンインポートシステムとのつながりも深く、for JIS のラベルもこれまでいろいろとリリースされてきていました。

今回のグレンバーギーもそんな G&M Exclusive for JIS のひとつで、なかなか秀逸だと唸らされる一本でした。

ものすごいトロピカル感! というわけではないのですが、フィニッシュにかけて喉奥から立ち上ってくるフルーツ感には南国フレーバーが見え隠れしていて、マンゴーの皮に近い部分やグァバのような、甘いだけじゃなくちょっと渋みもあるような、そんなニュアンス。ココナッツっぽい香りも南国感を少し醸し出しています。

とはいえ、主体となるのは麦っぽい甘みとナッツのようなオイリーさ。ノージングでいろいろな表情を見せるので、香りだけでかなり長い時間楽しめ、その全体のバランスと複雑さがよくできていると感じる一本でした。

こちらは Bar Laddie さんでいただきました。先日の写真展にお越しいただき、また、マスターも以前アイラ島で働いていらっしゃったという経緯から、アイラ島の風景などを中心にいろいろとお話することができました。楽しいひととき、ありがとうとざいました。

グレンバーギ 20年 1995-2016 シグナトリー ビンテージ

dsc01498

GlenBurgie 20yo 1995-2016 (Signatory “Vintage”, Hogshead Cask#6486 + 6487, 43%)
香りはバタースコッチ、メロン、ハチミツ、レモングラス、ややヨーグルトドリンクのような若いニュアンス、奥に清涼感のあるハーブ、微かに小豆のニュアンス。

味わいは優しい口当たりでメロン、軽く桃、熟したパパイヤ、ミドルから木の皮、やや胡椒のようなピリピリとした刺激、フィニッシュは甘いハチミツとシナモン、カルダモンのような爽やかさも伴って程よく続く。

【Good/Very Good】

シグナトリーのビンテージシリーズからグレンバーギ。

程よく乗ったフルーツ感に、そこそこ木の皮や樽のニュアンスも出ていて、突出したところは無いもののバランス良く広がってきます。90年代蒸留の綺麗に作られたモルト、その中熟ボトルとしてちょうど良い、普段使いのモルトといった感じです。昨年末ころに、知人が「安いけど美味しいよ、これ」というオススメがあり、試飲したところ確かに良いな、ということで
1本購入しました。

シグナトリーのこのシリーズは、加水のおかげか値段も抑えめなのが嬉しいところ。また、同スペックのグレンバーギは前の年も19年熟成でリリースされていたらしく、同じような味わいだったことから今年の末や来年あたりにも同じようなボトルがリリースされる可能性が高いでしょう。気になった方はのんびり待ってみると良いかもしれません。

ところでシグナトリーというと羽の絵柄が昔からのアイコンらしいのですが、現在のこの羽はパッと見、エビに見えるのは自分だけでしょうか……。昔のボトルは羽根ペンみたいで格好良かったのですが。

dsc01500

グレンバーギ 1966 GM Caskシリーズ

GlenBurgie 1966 (Gordon & MacPhail “CASK” 61.2%)

香りはハッカやシナモンのような清涼感のあるスパイス、ココナッツミルク、クローブなどの甘味のある香り、メロン、青リンゴ、蜂蜜のニュアンス。円熟したとてもリッチな香り。

味わいはアプリコットジャム、リンゴ、バニラ、ミドルからオイリーでミルキーな味わい、とても良い麦感、軽くタンニン様が引き締める、シェリー樽のニュアンスもあり、スイカの白い部分のような瓜、鼻抜けにココナッツミルク感がどっしり、フィニッシュにかけてはタンニン様とバニラ様が長く後を引く。

【Very Good/Excellent】

GMのカスクシリーズから1966のグレンバーギです。

香りからとても独特で、清涼感のあるスパイシーさと同時にミルキーさのある香り立ちで、普通のモルトとは明らかに違う、とても美味しそうな雰囲気をこれでもかと出していました。メロン系のフルーツ感もしっかりで、香りだけでもかなり多彩な印象でしたが、ちょっとうまく拾いきれませんでした。

飲んでみると、61%というハイプルーフとは思えないほどまろやかなアタックで、円熟のボトルであることがここからもわかります。香りと同系列のミルキーな味がしっかりで、フルーツ感もしっかり載っています。少しシェリーカスクのようなニュアンスがあり、リフィルのシェリーカスクなのかそれともヴァッティングなのか、ちょっと分かりませんでしたが、良い下支えになっていました。

味も勿論ですが香りが特に良くて、何度も何度も香りを楽しみたくてグラスを近づけてしまいたくなる。少し飲んでは鼻抜けの香りを楽しむ。呑み終わった後も暫くはグラスの残り香を楽しんでいました。近年のモルトとは明らかに異なる味わいに惚れ込んでしまいました。

グレンバーギはあまり経験が無いのですが、色々な方のテイスティングノートを見ると、ハウススタイルというわけでは無いのかもしれませんね。G&Mの豊富なストックだからこそ出せたボトルでしょうか。手に入らないとなると欲しくなってしまいます。

兎にも角にも、素晴らしいボトルでした。