カテゴリー別アーカイブ: Glenrothes – グレンロセス

グレンロセス 27年 1989-2016 ケイデンヘッド “CASK ENDS” シリーズ

dsc01477

dsc01478

Glenrothes 27yo 1989-2016 (Cadenhead “CASK ENDS”, Cask#15/212-3 Bourbon Barrel, 53.1%)

香りはハチミツ、やや重めでオイリー、バタースコッチ、熟したリンゴ、アンズ、レザー、メンソールのような樹木のスッキリした香り。

味わいはメロン、バナナ、酸味のあるサクランボ、ややオイリー、ウイキョウのような爽やかなハーブ感、少し塩気と磯のニュアンス、熟した柿、鼻抜けからの香木感と、少し樹の苦味が残るフィニッシュ。

加水するとややビターなチョコレート様が香り立つ。味わいは特に際立つ所なくスムーズに伸びるが、あまり特徴は無い。

【Good/Very Good】

ケイデンヘッドの CASK ENDS シリーズから1989年のグレンロセス。
ラベルが消えかかっているのは、一緒に運んでいて割れてしまったボトルの被害のためです……。

27年という長熟レンジではありますが、熟成感はかなり中庸で未熟でも過熟でもありません。味も割りとプレーンで、前出のグレンリベットと似た系統の味で、素直な良いバーボンバレルが熟成するとこういう味だよね、という模範的な回答のようでした。強いて言えば、リベットが19年に対してこちらは27年、ややオイリーなニュアンスなどから熟成感によって香味に重厚さが混じりはじめていることが比較できました。

 

dsc00349

CASK ENDS シリーズはまだまだ他にも候補がありましたが、現地で試飲した中でピンときたものを選んで持ち帰ってきました。今回紹介したもの以外にも、オルトモアやアラン、ブルイックラディやモートラック etc…、実に様々な蒸留所の樽がありました。会社で考えれば大資本のディアジオから独立資本まで揃っており、ケイデンヘッドのコネクションとその実績がなせるわざといえるでしょう。

スコットランドでは一般的なこうした樽の売買や交換は、一方ではスコットランド独特ではないでしょうか。少なくとも日本ではこうした原酒のやりとりはありませんよね。多様性の確保、競合他社でも時には手を取り合う。よくよく考えると、不思議でもあり、でもやはり素晴らしいもの。今後も様々なウイスキーを育てていってほしいです。

 
このツアーに関してはモルト仲間のRさんGさんに幾つかの情報を頂き、不明なところは体当たりで進んでみましたが、結果的に運良く参加までこぎつけることができました。お二方には本当に感謝です。

 

グレンロセス 1998 シングルカスク#5166 for 信濃屋

DSC04620

Glenrothes 1998-2015 (Official Bottle for Shinanoya Cask#5166 52.1%)

香りは甘やかで濃厚なシェリーカスク、ドライプラム、イチジク、ビターチョコ、酸味もあるアメリカンチェリー、レザーオイル、微かにおしろいの花と清涼感のあるハーブのニュアンス。

味わいはダークチョコ、ビターカカオ、濃厚なプルーン、ミドルから酸味を伴うレーズン、焦げるほど焼いた皮付きリンゴ、渋み、炭や灰のニュアンス、フィニッシュにかけても酸味と苦味、甘味が混在していて長い。

【Very Good】

今年の初めに信濃屋からリリースされた2種類のプライベートカスクのうち、こちらはシェリーカスクのもの。同時に1997年のバーボンカスクのものもリリースされていましたね。

 

まず驚くのがその色、先日記事にしたグレンファークラス1968陶器ボトルに迫るような漆黒です。まさか近年のシェリーカスクでここまでのものが出てくるとは思いませんでした。色から想像される通りのどっかんシェリーで結構酸味が乗った味わいは、チョコレートの中でもマダガスカル産のチョコ、といったイメージです。ひとによってはかなりキツめの渋みは受け入れないかもしれませんが、自分は許容範囲でした。

どちらかというと味よりも香りが良いです。ノージングする度にふわりと香る濃厚なシェリーカスクのニュアンス。知人の話によると、どうやら山崎シェリーカスク2014に似ているらしい。自分は飲んではいないのですが、確かに以前飲んだ山崎シェリーカスク2012やオーナーズカスクの濃厚シェリー系のものに近い印象がありました。香りの方向といい、粒子感のある口当たりといい、共通点が多いです。

ちなみにこのモルトも、飲んだ後のグラスが多少白濁します。グレンファークラス1968ほどではありませんが、こんなところにも似ている部分があるのかと。面白いですね。

近年系ではあるのですが、そこらの近年シェリーカスクとは一線を画するような香味はとても貴重なものです。オフィシャルボトルを日本の一酒販店にリリースさせてもらえるというのも、信濃屋だからこそのでしょうか。あまり詳しくはないのですが、少なくとも個人がひょいひょいと行って買えるものでもなさそうですし、良い樽を割り当ててもらえるにも商売上の信頼関係などが必要そうです。

信濃屋さんの今後のリリースにも期待しております。