カテゴリー別アーカイブ: Teeling – ティーリング

ティーリング 10年 蒸留所限定 ハンドボトリング

10年と短いながらも、アイリッシュらしさに溢れていました。

Teeling 10yo (OB “Hand Bottling”, Cask#22060)

香りは洋ナシ、チョコレート、ダークフルーツ、フルーツたっぷりのヨーグルト、コロンやムスクのニュアンス、近年系シェリーらしさ、微かにゴムが焼けた後の暖炉。

味わいは少し強めのアタックで、チョコレートの甘さ、イチジク、ドライアプリコット、奥にダークチョコレート、ミドルからアイリッシュらしいトロピカル感も見え隠れする、ビターチョコとキャラメルの甘さが重なったようなフィニッシュ。

【Good/Very Good】

アイルランドはティーリング蒸留所で購入できるハンドフィル。自分が行った時は2種類の樽が用意されていましたが、購入者のSさんが行かれた際も同様に短熟、長熟の2種類が用意されていたそうです。こちらは短熟の方、シェリー樽で10年熟成のものです。(Sさん、ありがとうございます!)

香りは基本的には近年系シェリーのそれですが、味わいが思ったよりもずっと綺麗めで端正。良いフルーツ感とチョコレート、アイリッシュらしいトロピカルフレーバーも感じられ、妙な引っ掛かりがほとんどない、全体的にレベルが高く美味しいアイリッシュでした。

先日ウイスキーフェスティバルで、ティーリングの白ワイン樽を使った10年熟成のものを飲んだのですが、そのときにも奥の方にしっかりとしたトロピカル感があり、なるほどアイリッシュらしいと思いました。今回のも10年ほどで同様の傾向。これはやはりティーリングの長熟なら、誰もが思い描くようなあのトロピカル感が出てくるのかもしれません。少なくとも、1990年前後だけに発生した特別なもの、というわけではないのかもしれませんね。

相変わらずアイリッシュのこのトロピカル感はどこからやってくるものなのかが不明なのですが、今後も同様のフレーバーが生き残ってくれるなら、アイリッシュ・ウイスキーの将来は明るいのではないかと思います。

なお、長熟のハンドフィルの方はやはりトロピカル全開だそうで。もしティーリング蒸留所に行かれた際には是非試してみてください。

ティーリング 9年 2007-2017 蒸留所限定 ハンドボトル

DSC04740

Teeling 9yo 2007-2017 (OB, Hand bottling, Port Butt, Cask#11650, 59.2%)

香りは黒蜜、赤ブドウ、レーズン、焦がしたカラメル、綿菓子、少し清涼感のあるハーブと切った木材。

味わいはブドウ、濃いカラメル、ビターチョコレート、ハイプルーフらしくピリピリとスパイシー、タンニンの収斂味、フィニッシュはブドウ、焦げた木や炭のニュアンスが残る。

加水するとブドウ感が強まるが、味に焦げたニュアンスが強まり好みが別れる所。ざらざらした粒状感も特徴的。ほんの少しパイナップルやライチのニュアンスが顔をのぞかせる。

【Good/Very Good】

ティーリング蒸留所のハンドボトル、樽出し原酒を直接詰めたもの。今年4月のアイルランド旅行でティーリング蒸留所を訪問した際に購入してきたボトルです。

 

DSC02993-2

ざっくりと言って、近年系シェリーカスクの短熟ウイスキー、という内容です。シェリーカスクではなくポートカスクですが、内容的にはほぼ同様の味の傾向でした。素性は悪くなく、10年にギリギリ満たないものですが未熟感も特に無く、良い熟成を経たものであることが分かります。一方で度数が60%近くもありストレートで飲むにはちょっと辛い内容。加水するのが良いでしょう。

ダブリンで稼働し始めたティーリング蒸留所はクーパレッジも抱えており、バーボン樽、シェリー樽は勿論、ポート、マディラ、ラム、カルヴァドス、ワイン、etc… といったように世界中から様々な種類の樽を仕入れて使っているようです。場所もコストもかかるため小さめの蒸留所では独自のクーパレッジを抱えるというのは難しいと聞きますが、自分たちが納得いくような品質の高い樽を造り続けるためには必要との判断でしょう。

アイルランドではスコットランドに比べてシングルモルトは総じて高額な傾向にありますが、こちらはハンドボトルでも値段が控えめな方ということもあり、それなりに売れ行きは良いようです。無くなったら入れ替わりで概ね10年前後のものが準備されるので、時期によって樽の種類が違いそうです。ダブリンを訪れるウイスキー関連の方は多いので、モルトBarなどではもしかしたらバーテンダーの方が現地で買ってきたボトルがある、なんてことがあるかもしれません。見かけたら是非試して見て下さい。