カテゴリー別アーカイブ: KAVALAN – カヴァラン

モルト持ち寄り会でのボトルたち 201504-2

引き続き、持ち寄り会でのボトルたちです。

image

Glenfarclas 30yo (OB around 1990′s 43%)

1990年代流通のファークラス30年。60年代~70年くらいまでのシェリーカスクは、現在主流のシェリー樽とはとは全く別物だということを再認識させられました。近年のものは原酒の若さなどもあるのかもしれませんが、尖ったところのない、生木っぽさが無い、ゆっくりと染みこんでくるような味わいが素晴らしかったです。

.

image

YAMAZAKI

1996-2011

Single Cask Whisky (OB Sherry Butt Cask#AX70015 59%)

山崎のオーナーズカスク、シェリー樽。山崎らしい粉っぽさを伴うダークなチョコレートのようなビッグなシェリー。昔のシェリーとは異なるけれども、生木っぽさは無く硫黄感も少ない。確かに美味いシェリー、という感じであり流石のサントリー。チョコ菓子との相性が抜群すぎます。太りますが……。

.

image

KAVALAN Solist Sherry Cask (OB 1st Lot 59.4%)

WWA 2015 で最高賞を受賞したカヴァラン蒸留所。これはそのボトルではありませんが、初期のロットのものだそうです。前述のサントリーのシェリーカスクと似た傾向を持っていて、樽の出処は同じボデガなのではないかという話でした。短い熟成のハズなのですが、この色、この味は本当に不思議です。

.

他にも色々なボトルを頂き、料理も美味しく、様々な話に花が咲く、素晴らしい持ち寄り会となりました。ありがとうございました!

カヴァラン ポディウム

Kavalan Podium (Official Bottle 46%)

香りは熟成感を伴う正統派のシェリー樽、アプリコット、マンダリン、少し若さを感じる麦感、酸味の強い柑橘系のニュアンス。

味わいはヒリヒリとスパイシーなアタック、麦の甘さ、赤ぶどう、レーズン、紅茶、収斂味やエグいニュアンスは無い。

【Good/Very Good】

台湾のカヴァラン蒸留所から、ポディウムと銘打たれたボトルです。アメリカンオークの新樽とリフィルの樽のヴァッティングとのことですが、リフィルはシェリーカスクでしょうか。

簡素だが引っかかるところのないライトなシェリーカスクという印象で、とても良くまとまっていると思います。度数よりも比較的ライトな飲みくちですが、余韻は結構長めに続いてくれるのと、香りがなかなか好みだったため、スワリングしながら十分時間をかけて楽しめそうだと思いました。

それにしても、カヴァラン蒸留所がウイスキーを作り始めてからまだ10年と経っていないはずですが、この完成度の高さは何でしょうね……。熟成が早い点も驚きですが、ブレンディングや樽のコントロールの技術が恐ろしいくらいしっかりされているように思われます。うかうかしていると、ジャパニーズなんてあっという間に追い抜かれてしまうのではないでしょうか。

一方、熟成年数が早いものの長熟には向かないのでは、というイメージもあります。つまり、熟成感の伸びしろとしてはあまり無いので、と。15年くらいが限界になって、それ以上は樽に負けてしまったり残る原酒が少なすぎたり、とか弊害がありそうです。

いずれにしても、品質の高さは目を瞠るものがあります。あとはブランドイメージだけではないでしょうか。欧州などのマーケットで認知度が高まれば、もっともっと広がりそうです。

カヴァラン キング・カー コンダクター 頂極指揮

Kavalan King Car Conductor (Official Bottle 46%)

香りは白桃のようなフルーティさ、若い木の樽、バニラ感、篭っておらず良く開いている感じ。

味わいは若い草木、ハーブティーのような染みこむ苦味、その後に糖蜜のような甘さ、バニラの利いたクリーム、返りにジャスミンのようなニュアンス、フィニッシュにかけてはヒリヒリとスパイシーさがある。

【Good/Very Good】

台湾のカヴァラン蒸留所から、キング・カーコンダクターと銘打たれたボトルです。このボトルは8種類の異なる風味の樽を用いて熟成させたとのことですが、確かに甘さからスパイシーさ、ハーブ感など多彩な味わいがありました。ベースとなるのはバーボン樽のように思われますが、奇をてらうことがない、とても正統派な一本です。46%という度数は、飲みごたえはありつつスッと流れていくように飲める、とても良いバランスだと思います。

とにかくバランスが良く、基本にして正道、ウイスキー業界に対して直球勝負をしている、そんなイメージがあります。カヴァラン蒸留所のしっかりとした方針が伝わってくるようで好印象でした。

カヴァラン ソリスト ヴィーニョ バリック

Kavalan Solist Vinho Barrique 57.8%

香りは爽やかな酸味を持ったチェリー、イチゴ、少し工業的なアルコール感がモワッと包み込む。ベリー系のフルーツ感が強く、梅、スモモのようなニュアンスも。軽くバターっぽいオイリー。

味わいは、優しいアタックから始まり、イチゴと練乳のような粘性のあるミルキーな甘さ。ミドルからチェリーやラズベリー、オレンジピールのような酸味と苦味の共存、クローブなどの多彩なニュアンスが見え隠れする。かなり濃厚な味わい。フィニッシュはイチゴバニラのアイスクリームのよう。

【Good/Very Good】

台湾のカヴァラン蒸留所のソリスト・シリーズから、ヴィーニョ・バリックというものです。ヴィーニョというとワインのことを指すと思われますが、その通りアメリカン・オークのワイン樽を用いています。このワイン樽を24ヶ月以上自然乾燥させ、トースト、リチャーを施し、フルーティなバニラの香りを引き出すことに成功した、とのことです。

最初はフィニッシュものかと思ったのですが、そうではないようですね。実際に味わってみると、確かにバニラの成分がかなり強く出ていますが、強すぎるきらいはありません。フルーティさはイチゴのようなニュアンスで、濃厚なイチゴバニラのアイスのような、面白い味わいでした。嫌味なところもあまりなく、デザートに一杯いかがでしょう、というようなシチュエーションに合いそうですし、実際にアイスクリームなどとのマリアージュも面白そうです。

カヴァランのソリスト・シリーズは前に試したシェリーカスクもかなり良い味わいに仕上がっていましたし、全体としてレベルが高いと思います。熟成年数が書いていないため、実際にどの程度の熟成となっているのかはわかりませんが、味わいから考えると10年以上は経っているように思えます。

台湾はスコットランドに比べて気温も高く、夏場は40℃にもなる環境。樽内での蒸発や熟成はかなりのスピードで進むようです。ニューメイク・スピリッツの度数を高くし、短い熟成期間で品質に耐えうるものを作る方針だとか。土地に合った作り方をしなければならない、ということなのでしょう。

ところで、日本からするとお隣の台湾ですが、人口は日本の1/5程度なのに対して、ウイスキーの消費量は日本よりも多いとか。台湾市場が活気がある、といわれるのも納得ですが、日本ももっともっと盛り上がって、東方のウイスキー熱を盛り上げていきたいですね。