カテゴリー別アーカイブ: Knockando – ノッカンドゥ

ノッカンドゥ 25年 1964-1989 エクストラ リザーブ

しみじみ美味い、いい具合の枯れた古酒感です。

Knockando 25yo 1964-1989 (OB, “Extra Reserve”, 750ml, 43%)

香りはもったりとしたポリッジ、綿あめの甘い香り、ローストしたナッツ、古い家具、微かに灰と焼けた薪のニュアンス。

味わいはさらりとした麦の甘さ、穏やかな酸味、少し出汁醤油、薄めたバルサミコ酢、熟成の厚みはそこそこ、まろやかで落ちついた、強すぎないフィニッシュ こういうのでいいのですよ、

【Good/Very Good】

オフィシャルのノッカンドゥ、1970年前後に似たようなラベルで継続的にリリースがあったボトルです。以前は短熟のトールボトルを頂きましたが、今回は長熟のデキャンタボトルです。

やはり落ち着いていて、ある意味枯れたようなしみじみタイプの味わいなのですが、このゆるさが良いですね。味わいにはそこそこシェリー樽のニュアンスも感じられ、熟成から来ると思われるオイリーさと合わさって幾分重層的な味わいが印象的。甘さに少し酸味が交じるところは、トールボトルと共通した味わいのように思われました。

ボトリングからおよそ30年。加水のボトルなのでそろそろ状態が気になってしまう頃合いではあるものの、ヒネなどは感じず、かなり良い状態でしょう。こういうのをスターターとして1日の締めくくりにモルトを楽しめたら、なんて贅沢な想像をしてしまいました。

ノッカンドゥ 1967-1980 J&B オフィシャル トールボトル

古き良き時代の名残を愉しめました。

Knockando 1967-1980 (OB – Justerini & Brooks, Bottle No.605, 43%)

香りは麦の甘味、青リンゴ、杉のような酸味も感じる清涼感、ニカワ、少し革製品。

味わいは優しく染むこむようなタッチで、バタースコッチ、穀物の甘さ、薄めたリンゴ果汁、少しオイリーでトローチのようなケミカルなニュアンス、ほんのりとヒリヒリする刺激もある、染み込むようなフィニッシュ。

【Good/Very Good】

オフィシャルのノッカンドゥ、1970年前後に似たようなラベルで継続的にリリースがあったボトルです。トールボトルが12年程度の短熟、四角いデキャンタボトルが25年程度の長熟、という整理。

ボトリングからおよそ40年が経過していることもあって、瓶熟というかこなれた麦感が心地良い。元々が加水のボトルなのでアルコール感が強いわけではないと思いますが、経年によって角が削られたような円やかさに変わっています。とはいえ、ボディはまだ残されており抜けた感じもなく、変なヒネ感もありませんでした。

オールドのノッカンドゥは経験があまり多くありませんが、割と軽めのタッチに、リンゴや白ブドウのようなやや酸味のあるフルーツ感が特徴的だと感じています。昔の麦感とともにフルーツ感がかなり多彩に出ているボトルもあるらしく、そういうのに当たると嬉しいですね。一方、入手経路はセカンドハンドしか期待できないため、博打要素が大きいのが残念なところでしょうか。

加水のウイスキーは、ボトリングから30年くらいで状態が怪しくなってくるものが多い印象です。もちろん適切に管理すれば40年でも50年でもいけるのでしょうが。この頃のボトルが愉しめるのはそろそろ限界に近づきつつあると思います。今のうち、という感じがしますね。

今回のボトルは日本に直接輸入されたもので、表には特急表記、裏ラベルを見ると輸入業者は三井物産となっています。ボトルナンバーが振ってあるのは見たことがありませんでした。どれくらいの数が入ってきたのでしょうね。同じようなボトルは各国の文字でインポート表記があったりと、日本だけではなくイタリアやフランスなど世界各国に輸出されていた様子。バッチ単位で各国向けに割り振ったと、とは思えないので日本向けというわけでもなく、詰められたボトルのうち一定量のケースを輸入してきた、ということかな、と推測しています。

1980年という当時、シングルモルトは本当に知る人ぞ知る、というものだったはずです。日本のウイスキーと比べればかなり違う味わいに、当時の人達がどう感じたのか、興味はつきません。

こちらのボトルは、西武秩父駅前にある秩父令和商会さんで頂きました。ありがとうございました。