カテゴリー別アーカイブ: Littlemill – リトルミル

リトルミル オフィシャル12年 フルプルーフ 1980年代流通

Littlemill 12yo (Official Bottle in 1980s 54%)

香りはバター、ショートブレッド、バニラ様の甘さと不思議な苦味がありそうな香りが混在。草っぽいニュアンスもあるが、穏やかにピートが効いているような印象も受ける。複雑さが相まって野菜ソースのような部分もあり。

味わいは、透明感ではなく旨味が凝縮した麦感。ネーブルオレンジや蜜柑から、洋ナシやパイナップルなどへ変化する多彩で華やかなフルーティさ。ミドルから香木、湿ったおがくずのニュアンス。奥に穏やかなピート、スモーキーさ。鼻抜けにはフルーティさからくる高貴な香りもあり。フィニッシュも長く素晴らしいバランス。

【Very Good】

リトルミルのオフィシャルボトル。こちらはイタリア向けで1980年代に流通していたフルプルーフ、54%のものです。

香りも味わいもかなり複雑さがあり、特に味わいは様々な味が立体的に層をなして押し寄せてくるような、多彩なところが魅力的でした。どんどん違う味が出てきて拾うのが大変なくらいです。華やかなフルーツ感には飲んでいて多幸感があり、オールドボトルとは感じないようなパワフルさ、若々しさを持っていました。

リトルミルと言うと、段ボールのような……という印象が先に立ってしまいますが、少なくともこのボトルはそんなネガティブな部分は全くありませんでした。こんなオフィシャルボトルが普通に買えた時代なのでしょうか? 当時としても高価なボトルだったのかもしれませんが、通常出回っているボトルがこのレベルだったとすると、とてもうらやましく思えてしまいます。