カテゴリー別アーカイブ: Strathisla – ストラスアイラ

ストラスアイラ 1953-2010 G&M 蒸留所ラベル

DSC04844.jpg

Strathisla 1953-2010 (G&M, Distillery Label, 43%)

香りはカラメル、高貴さは無いが往年のシェリー感、ダークチョコ、プルーン、アーシー、ニガヨモキなどのハーブ、タバコの葉、少しタール感がありオイリーなニュアンス。

味わいは柔らかいタッチで、カラメルの甘さ、カカオチョコレート、種有りのプルーン、ミドルから少し粒状感があり、砂糖なしのココア、土気やミネラル感、タール、燻した肉にブーケガルニが添えられているよう、とても複雑なフィニッシュ。

【Very Good】

GMの蒸留所ラベルのストラスアイラは様々なヴィンテージのものがリリースされていますが、1953年蒸留の2010年ボトリングということで、50年オーバーの熟成ということになります。当然自分よりも先に生まれているわけで、そう考えると本当にめまいがしてしまいそうでした。

度数的にも実際の飲み口もかなり軽めではあるのですが、内容は重々しく複雑。全体的にシェリー感が支配的、と思いきやその中でも様々な要素が複雑に絡み合い、とてもすべてを拾うことができませんでした。やや野暮ったさも含まれているところがマッカランとは別の方向性で、複雑さはマッカラン以上でした。本当に凄いモルトです。

 

G&Mのこのシリーズは、同一ヴィンテージの複数樽ヴァッティングなのでしょうか。シングルカスクであればそのように明記しそうですし。いずれにしても、これまでのリリースから考えて同系統のシェリーカスクがかなりの数、G&Mには存在していたことになります。そして、これらのストラスアイラは2005年頃~2012年頃に結構な数がボトリングされリリースされていたように記憶しています。

そこで気になるのが、これらを払い出した後の空樽はどうなったのか、ということです。流石にかなりの長期間熟成に使われてきたこともあって、そのままリフィルで使うことが難しいものもあったかもしれませんが、きっと他の原酒に使われたものもあると思うのです。

そうなると、20年後くらいには良質なシェリーカスクのリフィルがリリースされるかもしれませんね。樽のポテンシャルがどの程度残っているのか、親が良くてもその子供が良いとは必ずしも言えませんが、将来にちょっと期待してみても良いんじゃないかな、なんて思うわけです。

近年のシェリーカスクのマネジメントも凄い進歩ですが、往年のシェリーカスクの再利用もありえるのでは、ということで将来のモルトに期待してみたいと思います。

広告

ウイスキー大規模持ち寄り会

先日、モルト仲間で声掛けをして、大規模な持ち寄り会が実施されました。総勢で50人以上の参加があり、ひとり1本以上のボトル持ち寄りだったため、60本以上のボトルが並ぶという壮観な図。普段はお話できない方とも会話できたり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。主催、運営の方々、ありがとうございました&お疲れさまでした。

その中で、特に印象に残ったボトルを幾つか。

Balblair 10yo (OB 1970s(?) 100proof 750ml)

古いバルブレアのオフィシャル10年、カスクストレングス。年代は失念しましたが、70年代の流通ボトルでしたでしょうか。

少しオールド感も併せ持つ芳醇な麦の香りと甘さ、100プルーフながらきつくない飲みくちとしっかりしたボディも併せ持っていて、とてもバランスが良かったです。最近の10年ものとは明らかに異なる複雑さ、素晴らしいですね。

Strathisla 37yo (Kingsbury “Hand Writing” 48.2%)

キングスバリーのストラスアイラ37年。プレミアムレンジのハンドライティングシリーズです。

コクのあるベリージャムのような甘さと麦感、濃厚な木の香りは恐らく樽の影響でしょうか。きつくはなく好ましい範囲でした。若干のセメダインは複雑さを増すファクターになっていたと思います。

CO-OP Whisky (Toa shuzou 100% Scotch Malt Whisky 43%)

こんなの初めて見た&予想以上に美味い、という声続出のボトル。イチローズモルトとも関係の深い東亜酒造が、CO-OP向け(?)に作成したモルトウイスキー。100%スコッチモルト、ということはモルトを仕入れて自前で蒸留したのでしょうか。

結構ライトですが、単なる麦の甘さだけでなく若干のピーティさもありスモーキー。意外と侮れない味わいですが、今の時代でこそ評価される気がします。昔はこういうのはあまり好まれなかったのではないでしょうか。

Bowmore 34yo 1968-2002 (Duncan Taylor Rare&Auld Cask#1421 43.3%)

60年代のボウモア。ダンカンテイラーのレアオールド。この頃のラベルは自分は大好きなボトルです。

香りから独特のフルーツとヨードの混合した複雑なフレーバーが感じられます。飲みくちは思いの外柔らかく、そして意外と素朴な麦を最初に感じました。スルスルと流れるような麦と草のニュアンス、そして過熟感もあるフルーツ、裏打ちするピートのバランスが楽しめるボトルでした。

===================================================

少しずつ飲んでも相当な量になってしまったため、どのボトルもしっかりとテイスティングできたわけではないのですが、面白いボトルが沢山あり目移りしてしまいました。またこのような会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

ブラインドサンプル from 銀牙さん (2014-09A)

モルト仲間の銀牙さんと不定期にやりとりしているブラインド・テイスティング。今回は一挙に4種類も頂いてしまいました。いつもありがとうございます。

まずはひとつ目。

ブラインドサンプル from 銀牙さん (A)

香りはすこしくぐもった甘い果実、バナナ、黄桃、良い果実感が広がる、少しワクシー、少し乳製品のニュアンス、バター、蜂蜜のニュアンス、微かにレザー感、湿った土

味わいは穏やかなアタック、蜂蜜のような甘さ、柑橘系の味が乗ってくる、少しグレープフルーツとその皮のニュアンス、染みこむような麦の味わい、ミドルからスパイシーさが出てくる、ペッパー、ジンジャー、クローブのような甘さ、落ち着いたアーシーさを伴ったフィニッシュ。

【Good/Very Good】

香りはとても良いフルーツ感と、若干のワクシーさ、オイリーさのようなニュアンスがある点が特徴的。バタースコッチのような魅力的な甘さが香る点が好印象です。一方、飲むとそこまで果実感に支配されておらず、少し柑橘の皮のような甘さと渋さが同居するようなニュアンスがあり、後半はスパイシーさが目立ってきました。

若さは感じないが控えめなアタックから度数は低いものの、加水か自然な度数落ちかの判断が難しい。それなりに長熟のニュアンスがあるが、具体的な年代が思い当たらなかった。蒸留所は、スペイサイドよりは北ハイランド系の方向性と感じられるが、どうもピンと来ない状態。

最終的には以下のとおりの推測となりました。

【予想蒸留所】 ①グレンモーレンジ ②グレンオード ③グレンカダム
【蒸留年】1980年代前半
【熟成年数】25年程度
【度数】40-43%

この内容でメールを送ったところ、正解は……

ストラスアイラ Strathisla 12yo (Offcial Bottle 40%)

なんと、現行のストラスアイラ12年でした。

なかなか良くリッチさも感じられる現行品ではないか? ということでの出題でした。確かに、ブラインドで飲んでもなかなかの評価でしたし、個人的に最近の現行オフィシャルはもっともっと若いアルコール感が強く出ているイメージがあったのですが、そんなことはありませんでした。

現行で12年ということは2000年代になってからということになりますね。蒸留所はもちろんですが、年代、熟成年数ともに全然見当違いになってしまいました。これはちょっと……。もう少し現行品も先入観無しで試してみないといけませんね。