カテゴリー別アーカイブ: Tomatin – トマーティン

トマーティン 19年 1977-1997 ソサエティ 11.9

DSC02269

Tomatin 19yo 1977-1997 (SMWS, Cask No. 11.9, 54.4%)

香りはカスタードクリーム、キャラメル、やや紙っぽいニュアンス、ヒノキかクスノキのような木香、少しメロンのようなフルーツ感があるが控えめ。

味わいは薄めのヘザーハニー、とかしたキャラメル、緑の草、青みのあるイチゴ、樹木のエグミのニュアンス、鼻抜けはケミカルなフルーツ感、風邪薬のシロップ、もっさりとしたリンゴのフレーバーとケミカル感が残るフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ソサエティの11番はトマーティン。かなり昔のボトリングで、ソサエティのラベルもかなり古びた印象がありますね。ボトリング後20年が経過していますが、オールド香のようなものは特に感じませんでした。

 

DSC02270

ボトルに書かれた一言コメントを見ると、なんと “Peaches, peaches…and more peaches”。ピーチ! ピーチ! ピーチ!! なんていうコメントが近年でもどこかで書かれていた記憶がありますが、20年前にも同じコメントがあったとは……(笑) 面白いですね。

しかしこのボトルからはあまり桃のニュアンスは取れませんでした。どちらかというとアタックに顕著な植物感の印象が強く、ミドルからのフルーツ感は植物感と混じってやや青いイチゴのようなニュアンスではないかと。人口甘味料的な、どことなく作為的な甘さは1976トマーティンにも通じるところがあると感じたものの、この1つ前に飲んだキンコー向け1976ベンリアック2ndに比べると、さらに桃やフルーツ感は薄めでした。

このあたりは、もしかしたらボトリング後の経年で飛んでしまったのかもしれません。もし本当に桃感満載ということであれば、昔からトマーティンにはその手のフレーバーが備わっていたということでしょうし、76ヴィンテージだけではないのでしょう。90年台トマーティンにも桃感がよく出ているものもあるということで、今後も76に匹敵するボトルが出てくるかもしれません。楽しみですね。

 

 

トマーティン “ディケイズ”

dsc01462

Tomatin “DECADES” (OB, 2011 Release, 46%)

香りは軽めのハチミツ、麦の甘さ、リンゴ、ミカンの皮、少し若さも感じる乳酸菌系のニュアンス、少し紅茶のニュアンス、若い木の芽、森のような爽やかさ。

味わいは麦芽の甘み、青りんご、やや熟したパパイヤのようなトロピカル感が少し、アルコール感によるヒリヒリとした刺激、ミドルからはホワイトペッパー、月桂樹の葉、フィニッシュにかけては麦の甘みにフルーツの皮と木の苦味があり、やや短めだがじんわりと熱が残る。

【Good/Very Good】

トマーティン蒸留所のマスターディスティラーであるダグラス・キャンベル氏。その勤続50年を記念して造り上げられたボトルで、1967年、1976年、1984年、1990年、2005年のカスクをヴァッティング。50年間の変遷をまとめ上げたボトルと言えるでしょう。樽構成は以下の通りとの情報がありました。

  • 1967 – Refill Sherry Hogshead
  • 1976 – Oloroso Sherry Butts
  • 1984 – Refill Sherry Hogsdeads
  • 1990 – First Fill Bourbon Barrels
  • 2005 – Fill Bourbon Barrels

多彩な香味は複数樽のヴァッティングならではでしょう。しっかりとしたフルーツ感がありますが、トロピカルな要素も微かにあり、完熟はしていないがほどほどに熟したパパイヤのようでした。決してマンゴーとかピーチでは無いと思いますが、確かにありますね。

加水46%にしてはやや強く、荒々しさも感じられるのは若い原酒によるものでしょう。一方で滋味深い味わいもあり、コンセプトを考えればなるほどと頷く出来です。

1976年が入っているあたりが「ニヤリ」とさせられる部分でしょうか。やはりトマーティンといえば1976を思い浮かべる人も多いでしょう。一方でオロロソ・シェリー樽とはちょっと意外でした。全体としてケミカルさはそこまで感じられませんでしたが、らしいフルーツ感もあり、トマーティンが好きな人には間違いなく「買い」だったことでしょう。

こちらのボトルはリリースは2011年と随分前だったのですね。結構最近まで残っていたようにも思いましたが、流石に今はネットでも完売ばかりのようです。

owdthurk

 

こちらはボトル交換でいただきました。pさん、ありがとうございます。

トマーティン 38年 1965 ダンカンテイラー

Tomatin 38yo 1965-2004 (Duncan Taylor “Peerless” Cask#20944 51.5%)

香りは酸味を感じるリンゴ、とその花のようなフローラル、樹木、流れるような糖蜜、微かに鞣した革、煮出した紅茶。

味わいはとても柔らかい、蜂蜜、アプリコット、洋ナシなどのフルーツ感、ミドルから木の樽感が強めに出る、濃く煮出した紅茶、甘さと微かな苦味を伴うフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ダンカンテイラーのピアレスシリーズから、トマーティン蒸留所の1965、38年という長熟ものです。

全体的に柔らかく、長熟らしいとても丸く円熟といった表現が適当なのではないかと思いました。トップからミドルまでは甘味とフルーツ感がふわっと出てくるのですが、ミドルからは樽の影響が少し強めに出ているのか、渋みやアクのようなニュアンスがあり、全体として引き締めている印象です。でも決して嫌味はほどではなく、また渋さといっても強く収斂味を伴うようなものでもありません。この辺りは長熟のなせるわざなのでしょうか。

頂いたのは口開けだったため、これからまだ大きく変わる可能性もあるのでしょう。何度も試してみたくなるような、不思議な魅力がありました。

トマーティン オフィシャル ハンドボトル 2003-2015

Tomatin 2003-2015 (OB HandFilled Ex-Bourbon Cask#1903 56%)

香りはやや控えめで、洋ナシ、透明な麦感、スイカの皮に近い部分、瓜のよう、酸味のあるヨーグルト、ベビーパウダー、ややケミカルなニュアンス。

味わいはミルキーさを初めに感じる、次いでフルーツ感(マンゴスチン、ライチ)、ミドルからワックスのようなオイリーさ、樽のエグみ、青リンゴ、ややオイリーさが口腔内を覆いながら後をひくフィニッシュ。

【Good/Very Good】

トマーティン蒸留所で樽から手詰めして買えるハンドボトリング。こちらもモルト仲間の渡辺さんが旅行の際に購入したものをサンプルとして頂きました。ありがとうございます。トマーティン蒸留所でも、2013年頃からハンドボトリングが始められたようですね。自分が行った2012年ではやっていなかったのですが。

内容はというと、若干ニューポッティさが目立つものの、味わいのミルキーさ+ライチ系のサッパリとしたフルーツ感が好印象。若々しさに溢れている、樽から出てきた元気なモルト、といった印象です。ややケミカルな印象を受けるのが面白い部分ですね。なんとなく、ここ最近のトマーティンのオフィシャルには似たような味わいを感じることがあります。ケミカルと言って的確なのかが分からないのですが……。

それにしても、12年物って既に2000年も過ぎた頃に蒸留されたものなんですよね……。どうしても飲みはじめた頃との年数差を感じてしまい、10年ほどというと90年頃、80年頃なら20年、といった具合に時差のようなものを感じてしまいます。歳月を感じますね。

トマーティン オフィシャル12年 旧ラベル

Tomatin DB 12yo 43%

香りは熟れた黄桃、軽く麦、緑茶、清涼感のある葉。複雑さはあまり無いが、安っぽさも感じない。

味わいは、まずスッと流れるような砂糖水、じんわりとやはり桃のようなフルーツ感。ミドルから後半にかけて、少しピートっぽいような土のニュアンス、続けてスパイシーでピリッとした感覚が舌に広がる。度数よりも高めに感じるが、ボディがあるというよりは荒い。フィニッシュにかけてもドライで熱い感覚。

【Good】

トマーティンのオフィシャルボトル12年。現行よりもひとつ前のラベルでしょうか。5年くらい前のものだったかと思います。

全体的にプレーンな印象ではあるのですが、香り、味ともに黄桃のようなフルーツ感が感じられ、嫌味なニュアンスがほとんど無いため好印象でした。ドライでスパイシーな方向ではあるものの、フルーツ感と混じって良い塩梅に感じられます。

トマーティンというと、有名なヴィンテージでは1976年がとても印象的ですが、あちらも桃や南国系フルーツのフレーバーが出ていたとと思います。今回のオフィシャルでも、うっすらとではありながら似たようなフレーバーがあり、ハウススタイルのひとつなのかもしれませんね。

ライトタッチでも満足感があり、スタンダードかつ完成度の高いオフィシャルボトルだと思います。

トマーティン 蒸留所限定ハンドボトリング2013 バーボン樽

Tomatin 2002-2013 Distillery Hand-Bottling Ex-Bourbon Cask#1793

香りはヨーグルトっぽい乳酸系、若々しさとニューポッティな麦、フレッシュレモン、奥にチャーした木樽が微かに香る。

味わいはバターのオイリーさ、ショートブレッドのようなもったりとした甘さ、ミドルにヒリヒリとしたスパイシーさがやってきて、若さを感じる。鼻抜けには良い花の香りが良く出ており、口腔内も徐々に花のニュアンスで満たされる。フィニッシュまで力強く、ペッパーのようなスパイシーさが残る。

【Good】

蒸留所で直接樽から詰めたハンドボトリングです。10年ほどの熟成ということで、やはりかなり若いニュアンスが出ていますが、あまり嫌味な部分は無く、よく出来た最近のモルトといった感じです。トマーティンのハウススタイルが分かるほど呑んでいないので、どういう部分が該当するのかは分かっていませんが、フレッシュなレモンとフローラルなニュアンスは結構好みでした。

2013年は多くの蒸留所でハンドボトリングが提供され始めたようで、自分が行った2012年10月には無かった蒸留所でも始められていたりと、蒸留所の方針が色々と変わり始めたように思えます。同じ頃、徐々ボトラーズから良いリリースが減っていったように感じられるのも、きっと偶然ではないでしょう。原酒不足が深刻になり、ボトラーズに良い樽をまわすよりもオフィシャルとしてしっかりしたものを出したい。蒸留所を訪れてくれるようなコアな人たち、あるいはそうでない人には興味を持ってもらいたい、そんな意図が見える気がします。