カテゴリー別アーカイブ: カルヴァドス

マルキ・ド・サン・ルー 40年 オードヴィー・ド・シードル

dsc01460

Marquis de Saint Loup 40 years old (37.5%, Eau-de-vie de cidre)

香りは高貴さがあり良く薫る、煮崩したリンゴ、シナモン、カルダモン、紅茶、白い花をイメージさせるフローラル感、桃、桜の花、ムスクのようなセクシーさもある。

味わいは紅茶、フルーツ感はリンゴと桃、それよりもプラムのような酸味が強め、ボディは薄いがアタックがある、やや強めの紅茶とリンゴの皮のような苦味、余韻は酸味の強い紅玉のようなリンゴと少しバニラのニュアンスが長く続く。

【Good/Very Good】

リンゴの蒸留酒、有名なペイドージュ地区のもので本来ならば「カルヴァドス」を名乗れるものであったのですが、度数が40%に満たなかったために「オードヴィー・ド・シードル」(リンゴの生命の水)という名目でリリースされたのがこちら。

上記の通り、非常に素晴らしい熟成感とランシオ香のような高貴さ、たっぷりと香辛料を効かせたリンゴ煮のような多彩な香りを拾っていくのが愉しいです。飲みくちのアタックは度数からすると思いのほか強く、ボディは想像通り強くない、しかしフィニッシュにかけての余韻はとても心地よく長く続く、というなんとも不思議なエンベロープ。決して水っぽいとかそういう感じはしません。

【Very Good】にしようかどうか迷うくらいのところなのですが、個人的には少し苦味と酸味が強く捉えられてしまい過熟感をマイナスと感じてしまいました。40年という希少性はありがたいものですが、30~35年くらいで良かったのではないかという思いも。こればかりは個性や好みの範囲だと思います。

いずれにしても、特に香りは素晴らしくこれだけのものがカルヴァドスを名乗れないものの敢えて値段を抑えてリリースした生産者の方々には感謝しかありません。

1

 

ボトル交換でいただきましたpさん、ありがとうございます!!