カテゴリー別アーカイブ: テイスティング

ノッカンドゥ 25年 1964-1989 エクストラ リザーブ

しみじみ美味い、いい具合の枯れた古酒感です。

Knockando 25yo 1964-1989 (OB, “Extra Reserve”, 750ml, 43%)

香りはもったりとしたポリッジ、綿あめの甘い香り、ローストしたナッツ、古い家具、微かに灰と焼けた薪のニュアンス。

味わいはさらりとした麦の甘さ、穏やかな酸味、少し出汁醤油、薄めたバルサミコ酢、熟成の厚みはそこそこ、まろやかで落ちついた、強すぎないフィニッシュ こういうのでいいのですよ、

【Good/Very Good】

オフィシャルのノッカンドゥ、1970年前後に似たようなラベルで継続的にリリースがあったボトルです。以前は短熟のトールボトルを頂きましたが、今回は長熟のデキャンタボトルです。

やはり落ち着いていて、ある意味枯れたようなしみじみタイプの味わいなのですが、このゆるさが良いですね。味わいにはそこそこシェリー樽のニュアンスも感じられ、熟成から来ると思われるオイリーさと合わさって幾分重層的な味わいが印象的。甘さに少し酸味が交じるところは、トールボトルと共通した味わいのように思われました。

ボトリングからおよそ30年。加水のボトルなのでそろそろ状態が気になってしまう頃合いではあるものの、ヒネなどは感じず、かなり良い状態でしょう。こういうのをスターターとして1日の締めくくりにモルトを楽しめたら、なんて贅沢な想像をしてしまいました。

ノースブリティッシュ 30年 1988-2018 ダグラスレイン XOP

円やかさと熟成感はさすが。品のある飲みやすさでした。

North British 30yo 1988-2018 (Douglas Laing’s “XOP” Extra Old Paticular, Refill Barrel #DL12538, 50.7%)

香りは少し酸味のある穀物、バター、ハニーオーツのクッキー、ミルクココア、微かに溶剤のニュアンス。

味わいはとてもまろやかな口当たりから 、コクのある穀物感、洋ナシ、金平糖の甘さ、少し糊、カシューナッツのようなオイリーさと甘味が儚く消える。

時間が経つと香りに酸味が出てくるが、味わいにはオイリーさが強くなり不思議なバランスが感じられる。変化が早く、時間をかけて愉しむことで奥の深さが見えてくる。

【Good/Very Good】

ダグラスレインの最高級レンジ、XOPからノースブリティッシュのグレーン30年熟成です。

グレーンとしてはようやく中熟? な部類に入るようですが、とはいえ30年の熟成期間は伊達じゃない。とてもまろやかな口当たり、飲んでいて引っかかるところの無いスムースさ、長く続かずさらっと消えていく余韻など、飲みやすいところが良いところ。

とはいえ薄っぺらいわけでもなく、50%程度の度数相応に適度なボディと飲みごたえは残っており、ちょうどいいところに落ち着いている印象です。

モルトの30年は、昨今はかなり高額になり手が出しづらくなって来ましたが、グレーンなら30年もほどほどのお値段で手に入るところが嬉しいですね。単純に「時間を愛でる」という目的であれば、これもまたひとつの選択肢として入れても良いのでは、と思いました。突出したところは無いかもしれませんが、円熟した味わいを愉しむ手法としては「あり」ではないかと。

そういえば、ノースブリティッシュ蒸留所はどこにあるんだろう、というのが気になりました。モルトの蒸留所はそのほとんどが地図上で頭に入っていますが、グレーンの蒸留所となるとかなり怪しい……。数は少ないはずなのですが、どれも全くと言っていいほど知らないことだらけです。

調べてみたところ、エディンバラの中心からそこまで遠くない場所にあるのですか。これはちょっと驚きました。

エディンバラの駅からエディンバラ城へ向かう南西方向を、さらに5kmほど先に行った場所に位置するようです。中心街からならトラムの Murrayfield Stadium 駅が近くに通っているため、訪問するならこれで行くのが良さそうですね。とはいっても、巨大な工場で一般見学も受け付けていないような場所ですから、行ってみるのはよほどの物好きな方しか居なさそうですが……。ちょっと興味が出てきました。

ベン・ネヴィス シングルグレーン 27年 1963-1991 ジェームズ・マッカーサー

非常に珍しいベン・ネヴィスのグレーン。歴史を感じる味わいでした。

Ben Nevis Single Grain 27yo 1963-1991 (James MacArchur “Fine Grain Selection”, 54%)

香りは針葉樹のような爽やかさ、バタークッキー、ピーナッツ、微かに溶剤、少しセロリのニュアンス。

味わいはややサッパリとした口当たりから、バニラとバター、デニッシュ、ホワイトクリームのクッキー、しっとりとホワイトペッパーの刺激、ニュートラルなトーンでさらり消えるドライなフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ボトラーズのジェームズ・マッカーサーからリリースされていた、ベン・ネヴィスのグレーン、27年熟成。Fine Grain Selection とシリーズは聞いたことが無い……と思っていましたが、主に1960年代のカースブリッジやカレドニアン、ロッホサイド(!?) などが幾つかリリースされていたようです。

27年という熟成はグレーンでは比較的若い部類に入るのか、熟成感はやや控えめ。オイリーさによる厚みと同時に、清涼感を感じるさっぱりとした味わいが印象的。適度なボディで枯れ感はなくまだ活き活きとしている。かといって54%にしては刺激は少ない。このあたりは30年ほどになる瓶熟による影響があるのでしょうが、状態は良好で、まだまだしっかりと楽しめるボトルでした。


ところで、ベン・ネヴィスでグレーン? という方も多いかと思います。自分もそうでした。なので、ちょっと調べてみることに。

ベン・ネヴィス蒸留所は1825年にLong Jhon = ロング・ジョン氏が設立。その後1908年に一度閉鎖されます。1941年からベン・ネヴィス蒸留所のオーナーとなった Joseph Hobbs は、1955年にベン・ネヴィス蒸留所にコフィー・スチル(Coffey Still = カフェ式蒸留器) を導入、ベン・ネヴィス蒸留所はモルトとグレーン双方を蒸留する初の蒸留所となりました。

ベン・ネヴィス蒸留所ではないが、アイルランドはキルベガン蒸留所にあった昔のコフィー・スチル。

Joseph Hobbs は 1957年にロッホサイド蒸留所でもグレーンの蒸留器を導入しており、おそらくは戦後の復興と共に拡大するウイスキー需要に応えるため、という側面もあったのでしょう。

ベン・ネヴィス蒸留所は、その後1981年に Long Jhon Distillers に買収されるまでの26年間、あるいは1984年に蒸留所の設備整理が始まるまでの29年間、複数の情報があり定かではありませんが、その時点までモルト&グレーンの蒸留を続けることになります。その後1989年にニッカが買収し、現在もニッカ傘下で操業を続けているのは御存知の通りかと思います。

ベン・ネヴィス蒸留所のコフィー・スチルがどこに行ってしまったのかは定かではありませんが、ニッカがベン・ネヴィス蒸留所を手に入れたのが、コフィー・スチルを使っていたことがあったから、と言われても納得してしまいそうな繋がりです。実際には、ニッカは1963年に日本にやってきたコフィー・スチルを1969年に吸収しているため、連続式蒸留器を求めてベン・ネヴィスを手に入れたわけではないでしょうが。

いずれにしても、ベン・ネヴィスがグレーンを蒸留していた時期はかなり限定的で、今となってはかなり昔のものばかり。そもそも大半がブレンデッド用にまわされたようで、確認できたリリースはシグナトリーと今回のジェームズ・マッカーサーから1963年蒸留のものがそれぞれ一本ずつだけ。オフィシャルボトルも無く、相当希少な部類に入るでしょう。

2019年のベン・ネヴィス蒸留所のポットスチル・ルーム

蒸留所は、歴史の中で絶えず市場に合わせて変革を迫られ、ときに様々な需要に応えてきました。好況期もあれば不況期もあり、その中で消えていった蒸留所やなくなっていった設備があります。今回のベン・ネヴィスのグレーンは、そうした歴史のひとつが、時を越えて形として残った稀有な存在とも考えられます。美味しいかどうかはその人次第ですが、そういった歴史のひとつを飲んでいるのだと考えると、ちょっとした時間旅行のようなロマンを感じられるのではないでしょうか。

こちらのボトルは、秩父駅前の秩父令和商会さんで頂きました。マスターのグレーン好きの中にあって、ベン・ネヴィスはなかなか手に入らないであろうレアボトルでしたが、運良く縁を繋げることができ、今は秩父で開封されております。

ベン・ネヴィス以外にも様々なグレーンが揃っており、これだけのグレーンが飲み比べできるところもそうないのでは、というラインナップ。興味がある方は、ぜひお立ち寄りください。

オールドプルトニー 10年 2006-2019 シグナトリー for 信濃屋 WHISKY KID

非常にコスパに優れた、プルトニーらしさを味わえる一本です。

Old Pulteney 10yo 2008-2019 (Signatory for Shinanoya “CASK HAND PICKED by WHISKY KID”, 1st Fill Bourbon Barrel, Cask#800071, 60.4%)

香りは蜂蜜、塩飴、レモンバウム、アプリコットジャム、ハーブ系の植物のニュアンス、やや硬くミネラル感のある香り。

味わいは強いアタックで、濃厚な蜂蜜、レモン果汁、ハッカ、リコリス、少し焦げた木のニュアンス、強いアルコールの収斂味、ヒリヒリと強いフィニッシュには魚介系の旨味と肝のような苦味も微かに感じる。

加水すると、溶剤と微かにゴムっぽい香りが少し現れてくる。味わいは蜂蜜の甘みが取りやすくなるのと共に、リコリスのような苦味も持ち上がって甘じょっぱくほろ苦い、不思議なバランス。

【Good/Very Good】

信濃屋さんのプライベートボトル、シグナトリーのアンチルフィルタード・コレクションからプルトニーの10年熟成です。

Cask Hand Picked by WHISKY KID とあるように、このボトルは WHISKY KID ことバイヤーの秋元さんのチョイス。ラベルデザインも手がけられたということで、他とはちょっと違うシグナトリーらしい羽ペンがあしらわれたラベルは、シンプルながら品のあるクラシカルな佇まいでとても好みです。

さて、その中身はというと、熟成感は無いもののプルトニーらしさがしっかりと出ているボトルだな、という印象。らしさという点では、やはり一口目の蜂蜜と柑橘系の甘さ、続いてやってくる塩気。二口目からは複雑さがあり単に甘いだけじゃないところも面白いですね。まだ開けたてのため硬い印象がありますが、もう少しこなれてくるとボディの厚みが出てきたりしそうで、さらに良くなっていくであろう予感があります。

度数が高いため、自分の好みまで適度に加水するのが良さそうです。

比較的マイナーとも思えるプルトニー蒸留所の樽も、ここ最近はシングルモルトブームに乗ってなかなか手に入らないと聞きます。そうした時代背景と共に、気がつけば主戦場は2000年台後半から2010年台のものも。そんな中でも良いものを選ばなければいけない。しかも比較的価格を抑えながら。バイヤーの方々の苦労は計り知れません。たくさんのカスクサンプルの中から、様々な制約を考えた上での取りうるベストな樽を引き当てる、その結果が我々の前にボトリングされてくるわけです。

今回はプルトニーらしさをしっかりと持っていながら、税込み10000円弱というプライス。なかなか普通にはできることでは無いのは、最近のボトラーズの価格を見れば分かる通り、非常にコスパに優れた一本だと思います。

ちなみに、昨年2019年にプルトニー蒸留所でハンドフィルしてきた2006年のプルトニー12年カスクも、値段はおよそ11000円です。年数が2年ほど違うなどはありますが、そのくらいの値段が蒸留所のスペシャルカスクの値付け、ということを考えると、このプルトニーのコスパの良さも分かるというものです。

蒸留所のハンドフィル、通称ヴァリンチの樽。タイミング次第だが、最近はやはり2000年台後半が主力らしい。

長熟ではなく、まだまだピチピチの若いプルトニーですが、それも含めて愉しめる一本だと思います。まだ店舗には少量残っているかも? ということで、気になった方はお求めになってみてはいかがでしょうか(宣伝)。

プルトニー好きとして、痺れるチョイスがグッとくるリリースでした。

ラフロイグ 6年 2011年蒸留 スリーリバーズ ダイナソー

若いのにしっかりと旨味が詰まったラフロイグでした。

Laphroaig 6yo 2011 (3Rivers “Dinosaur”, Refill Sherry Hogshead, 57.2%)

香りはフレッシュなレモンやオレンジ、酸味あるヨーグルト、バターと炭の燃えかす、しっかりとしたピートの香り。

味わいは粘性の高いテクスチャで、バタースコッチ、ハチミツがけのグレープフルーツ、オレンジピール、魚介類の燻製、ベーコンのニュアンス、力強いが旨味と甘味が程よく混じり合う、温かみのあるフィニッシュは長い。

【Good/Very Good】

スリーリバーズのダイナソーシリーズ、もはや何番目かは分からなくなってしまいましたが、アイラモルトのシリーズとして定番となってきた感があります。今回はその中でも6年熟成という短熟のラフロイグ。

グラスに注いだ瞬間から良く広がる香りは、柑橘の酸味とハチミツのような甘味、そしてピート感を伴うもので、若いアイラモルトらしさがしっかりと出ていました。そして口に含むと、確かにフレッシュでハツラツとしていて長い年月を感じさせるものではないものの、特段若くて嫌なニュアンスがあるかというとそんなこともなく、良く仕上がっているな、という印象でした。

特に、ねっとりとオイリーな口当たりということもあって、度数ほどのキツさがないのも面白いところ。魚介や豚肉の燻製のようなジューシィさ、ミーティさがあり、力強い旨味を持っている。若い原酒でも、それが逆に魅力として映る、そんな典型例のようでした。

ここ数年の原酒不足は凄まじいという話はあちこちで聞かれ、それは業界関係者の会話からだったり、情報サイトの記事だったりしますが、実際にリリースされるボトルの熟成年数とその値段を見ていれば明らかなことです。その結果、数年前には熟成年数の最低ラインと考えられていた(少なくとも自分の中ではそうでしたが、みなさんも同じでは?)10年にも満たないリリースが数多く見られるようになってきました。

一見ネガティブな印象ばかりを持ってしまうのですが、今回のように、逆に若いからこそ生まれる個性だったり面白さを持ったボトルも見つかるようになってきたことは、原酒不足という時代における、瓢箪から駒のような幸運なのではないかと思います。

1970年台や80年台頃のオフィシャルボトルにも5年や8年というボトルがいくつか見られるのですが、飲むと、若いのになんでこんなに仕上がっているんだ、という印象を持った記憶があります。もちろん、年数表記は最低ラインを記載しますから、5年とはいいつつも10年、15年のものも含まれている可能性はありますが、それでも若い原酒が使われていることも確かです。今、8年前後のシングルカスクでもしっかりとした個性を持ち飲みごたえと満足感のあるボトルなら、それこそ30年後くらいに飲んでみたら、面白いくらいに化けている、なんてこともあるかもしれませんね。

もちろん、そんな未来に救いを求めなくても、今飲んでもしっかり美味しいボトルでした。

こちらはM氏の隠れBarにて頂きました。ありがとうございました!

グレン・グラント 37年 1974-2012 BB&R

長熟らしい円やかさと樽の味わいが良いバランスでした。

GlenGrant 37yo 1974-2012 (BB&R, Cask#7646, 49.3%)

香りはミルクチョコ、オレンジ、プルーン、カカオ、ポリッシュした家具とレザージャケット。

味わいは オレンジ、デーツ、カカオパウダー、強めの樽感、濃く煮出した紅茶、革を噛んたような渋み、やはりカカオ強め、余韻は穏やかだが長く続く。

【Good/Very Good】

BB&Rのグレン・グラント、37年という長熟ボトルです。

色合いからイメージする通り、かなり濃厚なシェリー樽のニュアンスが出ていますが、ゴムや鉛筆のようなネガティブな要素はほとんどなく、紅茶やカカオのようなビターな味わいがギリギリ心地良い程度にまとまっています。ちょっと樽感が強すぎるかな、というギリギリのところ。濃い目の紅茶を特濃ミルクで割ったような、ややオイリーさも感じるところが印象的でした。

1970年台前半蒸留のグラントは、2010年前後に様々なボトラーズからリリースされていた記憶があります。BB&Rもシスターカスクをリリースしていたり、OMCやA.D.ラトレーなどからも近いものがリリースされていました。どれも35年前後の超長熟で、やはり長い熟成による樽感の強さはありますが、ギスギスしたところもなく割と丸く収まっていたように思います。

ただ、オフィシャルのスクエアボトルのような綺麗でやや高貴さを伴うニュアンスは出にくかったような。そういった味の傾向の違いも、オフィシャルとボトラーズそれぞれの特徴が良く出ていた、と今更ながらに感じます。これだけの熟成年数なら、オフィシャルからリリースされたらとんでもない値段になったはずですが、ボトラーズらしく今では考えられないくらいリーズナブルな値段でした。ボトラーズらしい仕事だったと思います。今ではマーケット事情が異なる時代の記憶です。


こちらは西武秩父駅前の秩父令和商会さんで頂きました。この他にもオールドのモルトや、長熟のグレーンなどのラインナップが。物産店の一部という位置づけで、Barとは異なりゆるく愉しめるところが特徴的。

モルト以外では、蜂蜜酒(ミード)を作って提供しており、ハチミツの種類別で7種類程度のラインナップがあるようです。蕎麦のハチミツで作ったミードを頂きましたが、独特のクセのある味わいから発酵と熟成によって、フィノシェリーのような香味が。こういう味になるとは思わなかったので面白いですね。他のミードもどんな味なのかちょっと興味津々でした。

秩父に行かれた際は、帰りの電車の待ち時間などで寄られてみてはいかがでしょう。駅から目の前にあるのでギリギリまで大丈夫そうです。

ノッカンドゥ 1967-1980 J&B オフィシャル トールボトル

古き良き時代の名残を愉しめました。

Knockando 1967-1980 (OB – Justerini & Brooks, Bottle No.605, 43%)

香りは麦の甘味、青リンゴ、杉のような酸味も感じる清涼感、ニカワ、少し革製品。

味わいは優しく染むこむようなタッチで、バタースコッチ、穀物の甘さ、薄めたリンゴ果汁、少しオイリーでトローチのようなケミカルなニュアンス、ほんのりとヒリヒリする刺激もある、染み込むようなフィニッシュ。

【Good/Very Good】

オフィシャルのノッカンドゥ、1970年前後に似たようなラベルで継続的にリリースがあったボトルです。トールボトルが12年程度の短熟、四角いデキャンタボトルが25年程度の長熟、という整理。

ボトリングからおよそ40年が経過していることもあって、瓶熟というかこなれた麦感が心地良い。元々が加水のボトルなのでアルコール感が強いわけではないと思いますが、経年によって角が削られたような円やかさに変わっています。とはいえ、ボディはまだ残されており抜けた感じもなく、変なヒネ感もありませんでした。

オールドのノッカンドゥは経験があまり多くありませんが、割と軽めのタッチに、リンゴや白ブドウのようなやや酸味のあるフルーツ感が特徴的だと感じています。昔の麦感とともにフルーツ感がかなり多彩に出ているボトルもあるらしく、そういうのに当たると嬉しいですね。一方、入手経路はセカンドハンドしか期待できないため、博打要素が大きいのが残念なところでしょうか。

加水のウイスキーは、ボトリングから30年くらいで状態が怪しくなってくるものが多い印象です。もちろん適切に管理すれば40年でも50年でもいけるのでしょうが。この頃のボトルが愉しめるのはそろそろ限界に近づきつつあると思います。今のうち、という感じがしますね。

今回のボトルは日本に直接輸入されたもので、表には特急表記、裏ラベルを見ると輸入業者は三井物産となっています。ボトルナンバーが振ってあるのは見たことがありませんでした。どれくらいの数が入ってきたのでしょうね。同じようなボトルは各国の文字でインポート表記があったりと、日本だけではなくイタリアやフランスなど世界各国に輸出されていた様子。バッチ単位で各国向けに割り振ったと、とは思えないので日本向けというわけでもなく、詰められたボトルのうち一定量のケースを輸入してきた、ということかな、と推測しています。

1980年という当時、シングルモルトは本当に知る人ぞ知る、というものだったはずです。日本のウイスキーと比べればかなり違う味わいに、当時の人達がどう感じたのか、興味はつきません。

こちらのボトルは、西武秩父駅前にある秩父令和商会さんで頂きました。ありがとうございました。