カテゴリー別アーカイブ: 【Good】

スリーシップス バーボンカスクフィニッシュ

DSC05820.jpg

Three Ships Bourbon Cask Finish (OB, 43%)

香りはカスタード、バニラ、穀物由来の甘やかな香り立ち、井草っぽさと紙のニュアンス、バナナと微かにパパイヤのようなフルーツ感。

味わいは薄めたような紙とトロピカル感、穀物の単調な甘さ、ミドルから草模様が広がり、若干のエグみが口腔内を覆う。フィニッシュにかけては微かなトロピカル感が再び顔を覗かせるがややドライに終わる。

【Good】

南アフリカのジェームズ・セジウィック蒸留所が手がけるブレンデッドウイスキー。アワードを受賞した5年ものの姉妹品で、バーボンカスクフィニッシュというこちらは3.5年の熟成期間だそうです。

最初に飲んだときの第一印象は「割とよくできたアイリッシュ・ウイスキー」でした。アイリッシュに独特な紙っぽさと裏返しのほんのりとしたトロピカルフルーツ感があり、軽やかな仕上がりも手伝ってアイリッシュっぽいという印象でした。「グリーンスポット」や「キルベガン」などに近いように感じます。

開けたてはもう少しフルーツ感が出ていたのですが、開栓後3ヶ月ほど経ってこなれてきたのか、やや草っぽさが主張してくる感じになってきました。前述の5年よりは華やかさがあって、自分はこちらの方が好みでした。夏の暑いときにロックで飲むのもなかなかに良かったです。ハイボールは少し紙っぽさが目立ってしまったので、1回だけ試したきりになってしまいました。

 

バーボンカスクフィニッシュの3年半という熟成期間は、マルコポーロがヴェニスからイェルサレム、そしてクビライ・カーンに謁見したという東方見聞録の旅程からヒントを得ているとか。その航路に南アフリカは関係が無いはずですが……(笑) まあ、そういう旅の時間というのを意識したシリーズなのでしょう、スリーシップスというのは。

 

広告

スリーシップス 5年 南アフリカ ウイスキー

DSC05819.jpg

いわゆる5大ウイスキーといえばスコットランド、アイルランド、US、カナダ、日本ですが、それ以外の国でも勿論ウイスキーは作られています。インドのアムルット、台湾のカヴァランなどはかなりメジャーになってきたと思いますし、オーストラリアや北欧のブランドも勢力を増してきているのを感じます。

一方で、南アフリカでもウイスキーが作られているのをご存じの方はどれほどいらっしゃったでしょうか。自分はウイスキーマガジンのこちらの記事で初めて知りました。スリーシップスを作っているアンディ・ワッツ氏は、ボウモアで実務経験を積んでいらっしゃるようです。ちょうど日本の竹鶴氏がスコットランドで修行をして自国でウイスキー造りを進めたように、どこの国にも先駆者としてウイスキー造りと普及に邁進されている方はいらっしゃるのですね。

かねてから飲んでみたいと思っていたこちらのボトルは、2012年のウイスキーワールドアワード(WWA)で「ワールドベスト・ブレンデッドウイスキー」を獲得したものです。

さて、その味はといいますと……

Three Ships 5yo (OB, 43%)

香りはスモモ、ラズベリー、ジンのようなジュニパーベリーのニュアンス、カスタードクリーム、軽くカモミール、タールのようなニュアンスも潜んでいる。

味わいは優しい立ち上がりの麦感、徐々にヒリヒリとホワイトペッパー、ヨモギのようなハーブのような植物感、やはりジンのようなジュニパーベリーのニュアンス、グレーン由来と思しき軽い風味で〆るフィニッシュ。

【Okey】

正直、かなり軽いですね。ちょっと平坦であまり特徴の無いブレンデッド、という感じではありますが、しいて言えば華やかな甘さだけではなく様々な要素が混在していて複雑さはあると思います。ちょっと不思議なのは、ジンに感じるようなジュニパーベリーのニュアンスが含まれていること。ハーブ感もとらえているのでそのあたりから派生した香りでしょうか。ちょっと面白いところです。

が、これがワールドベストのブレンデッドかと言われると、正直首を捻ってしまいます。同価格帯でももっと分かりやすく美味しいものはありますし、わざわざこれを選ぶ理由が無いかな、というのが率直なところ。物珍しさはありますし、未熟感は明らかにバランスが崩れているということはありませんから、品質的には優れたものだと思いますが……。

 

とまあ、味の感想はこのくらいにして。

南アフリカと言うと暑い地域という印象ですが、ジェームズ・セジウィック蒸溜所があるのはケープタウンの近郊。ケープタウンの気候を見ると、最高気温は冬は平均10℃弱、夏は平均26℃程度で意外と冷涼なようです。結構穏やかな熟成となりそうですが、雨がちで湿度がやや高めというあたりがスコットランドと異なるところでしょうか。アフリカに行ったことはないのでなんとも言えませんが、温度湿度的には日本に近い気もします。

ジェームズ・セジウィック蒸溜所は130年ほどの歴史があるということで、日本のウイスキー蒸留所よりも長いようですね。ただ、その間ずっとウイスキーを製造していたかというとそうではなく、元々は主にブランデーの蒸留を行っていたようです。そこに、前述のアンディ・ワッツ氏がスコットランドから技術を得て、ウイスキー造りに適した設備を導入し、スリーシップスのブランドを立ち上げていきました。

ブレンデッド・ウイスキーなので、もちろんグレーンも入っています。グレーンは当初はスコットランドからの輸入で、そこに自社蒸留したモルトと混ぜていたようですが、現在はコラムスティルを導入しており自社製造しているとのこと。今では100% Made in South Africa というわけですね。

スリーシップスの名は、大航海時代かそれ以前から港町として栄えたケープタウンにちなんだもの。また、5年という熟成年数は、ビーグル号でガラパゴスを含む世界各地を航海したダーウィンからヒントを得ているようです。確かに、途中でケープタウンにも寄港していますね。

未知への憧れが世界を動かした時代のロマンを、現代に再現したいのかもしれませんね。最近はシングルモルトもリリースされたという話も聞きましたので、機会があればどこかで飲んでみたいと思います。

 

ジョニーウォーカー グリーン 15年 台湾向け 48%

DSC05688-2.jpg

Jonnie Walker 15yo Green Label for Taiwan (OB, Blended, 48%)

香りはハチミツ、やや若さを感じるヨーグルトとバターの風味、レモンバーム、青りんご、ハーブとグラッシー、奥の方に焦げたような、タールのようなニュアンスが潜む。

味わいはスムーズ、リンゴ、ハチミツ、ややグラッシーさが強め、アンズ、ホロホロと崩れるような線の細い甘さ、鼻抜けはややミネラル感がある、ブレンデッドらしいスムーズさで消えるようなフィニッシュ。

【Good】

サンプルとして頂いた、台湾向けのジョニーウォーカー グリーンラベル。いつもありがとうございます。

18a9f17a-s

image via くりりんのウイスキー置場

詳細は頂いたくりりんさんのBlogにまとめられていますのでそちらをご参照頂くとして、緑のジョニーといえば、2012年に日本では終売になっており、色合いがひとつ消えることになったのか……なんて感慨を抱いたものです。2016年に復活したわけですが、台湾ではそのまま売られ続けていたという、ちょっと謎でしたね。

 

元々の緑のジョニーも1度くらいしか飲んだことがないため、その味との比較ができないのですが、このボトル単品で言うならば線の細い万人受けしそうな、でもスコッチらしい一品、という印象です。全体的にはモルトらしい甘さでまとめつつも、奥の方に潜む焦げ感、スモーク、タールといったニュアンスが味を引き締めている。48%という度数は、でもそこまでは強くは感じさせない優しさがあります。

15年という熟成年数にしては少々香りに若さが感じられるところがあるものの、レモン系の爽やかなところは暑い夏でも清涼感を感じられそうです。線の細さから割って飲むと風味が消えてしまいそうですが、少し濃い目のハイボールならありかもしれません。

 

20171001_133644625.jpg

ジョニーウォーカーといえば、ちょうどつい先日試飲で21年XRを飲んでいました。こちらの方がボディの膨らみがしっかりとあり、リンゴのようなフルーツ感が乗っていてリッチなニュアンスでした。線も太く飲みごたえがあるのは流石にプレミアムレンジですね。同じジョニーウォーカーでもキャラクターがかなり違うところが面白い。値段も全然違うので比較にはならないとは思いますが、単純に美味しさを求めるならこの値段の差は当然か、と思わせるだけの実力がありました。

キルベガン アイリッシュ・ウイスキー

DSC04752.jpg

“Kilbeggan” Irish Blended Whiskey (OB, bottled in 2017, 40%)

香りは熟したリンゴ、パイナップルの缶詰、微かにライチ、ハチミツ、奥から清涼感のあるミントのようなハーブ、濡れた藁と馬小屋のようなニュアンス。

味わいはアタックに乏しくややボケた印象だが、桃やパイナップルサクランボなどのフルーツポンチ、ややケミカルで缶詰のよう、風邪シロップ、少し紙っぽさ、ヨモギのような草と野菜のニュアンスが後を引くフィニッシュ。

【Good】

アイルランド旅行で寄ったキルベガン蒸留所。その名を冠したキルベガンは、原酒はキルベガン蒸留所ではなくクーリー蒸留所で作られているもので、熟成年数としては6年ほどのモルトと4年ほどのグレーンによるブレンデッドだ、とはツアーガイドさんの弁でした。

正直ノンエイジのブレンデッドなんて、と高を括っていたのですが、試飲してみると、あれ? 思ったよりも美味しいぞ? と。このミニボトルをもらったため、蒸留所マジックかどうかを判断するため、家に帰ってきてから再度飲んでみたところ、やはりなかなかに良い味わいです。

ノートの通り、アイリッシュらしさとも言えるフルーツ感が良く出ていて、未熟感もほとんど感じません。香りのトロピカル感はかなり秀逸。味わいも悪くはなく及第点以上です。流石にボディの弱さは否めませんが、飲みやすさでいえばピカイチでしょう。飲み進めていくと浮ついた紙っぽさを感じるようになるため、パッと飲み始めの一杯に、といった飲み方が合うように思います。

ハイボールではフルーツ感と紙っぽさが分離して強調されるため、ちょっとチグハグかな、という気もしますが、なかなかに悪くありません。とにかくじゃぶじゃぶいけちゃうタイプでしょうか。

エントリークラスながら、非常に出来の良いアイリッシュ・ウイスキーです。

リンクウッド 19年 1991-2011 ハートブラザーズ

dsc01502

Linkwood 19yo 1991-2011 (HART BROTHERS, First Sherry Butt, 55.5%)

香りはイチジク、プルーン、苦そうなカカオ、なめした革、もったりとした麦、全体的にやや控えめ。

味わいはパワフルなアタックからプラム、ドライイチジク、ダークチョコレート、強めのシェリー樽らしい渋み、同時にチョコレート系の甘みもかなりある、少しクレヨンのニュアンス、後半はピリピリとした黒胡椒が口腔を多い、プルーンのニュアンスと合わせて長く続く。

加水するとチョコレートの甘さが引き立ち、一方で後半の胡椒のニュアンスは消え去らない。口に含んだ後の波を愉しめる。

【Good】

ハートブラザーズのリンクウッド、もうこれもかなり前の2011年ボトリングでした。

ファーストフィルシェリーバットということでかなり強めのシェリー樽が効いていて、香り味ともに苦めのニュアンスが出ています。飲んで見ると原酒由来なのかかなり甘さもありますが、近年系シェリーの苦味部分も良く出てきており、パワフルさもあってビシバシやってくれている感じです。

ちょっと飲み疲れするタイプですが、原酒の素性は悪くないんですよね。2ndフィルのシェリーバットだったらちょうど良い塩梅だったんじゃないかなという感じです。一方でブレンド用としては個性的なこのモルトも良いアクセントになりそうです。

リンクウッド蒸留所は昔からブレンデッド用の原酒を製造していたところ。現在もほぼブレンデッド用の原酒工場のような側面もあります。一方でシングルモルトもそれなりの量があり、ボトラーズからのリリースも多いですね。ラガヴーリン蒸留所などではそのほとんどが2ndフィル以降のものしか無いと云われていたりもしますし、そういうのと比べれば様々な種類の樽が出てくるあたり、結構いろいろと試しているのかもしれませんね。

dsc01503

オールドプルトニー FLOTILLA ヴィンテージ

dsc01137

dsc01501

Old Pulteney FLOTILLA 2005 (OB, 2015 Release, Ex-Bourbon Casks, 46%)

香りは塩気の強いパン、水仙のような花の香り、オレンジ、火薬のニュアンス、フレッシュなオリーブオイルの青さ、粘土のようなアーシーさ。

味わいはやや若くモルティ、強い塩気とハチミツ、ミドルから強めの草、畳、口腔を覆うようにオリーブオイル、ナッツ、フィニッシュにかけてポン菓子や煎餅、穀物系の甘さが残るフィニッシュ。

【Good】

プルトニーのオフィシャルボトル、NAS表記でリリースされている FLOTILLA シリーズの2005年ヴィンテージです。サンプルとしてYさんに頂きました、ありがとうございます。

味わいはやや単調で、それなりに若さも残しつつモルティでややオイリー、そしてブリニーさが目立ちます。ある意味プルトニーらしさがよく出ていますが、もうひとつ味に奥行きがほしいところですね。このあたりはプルトニーのNAS表記のものは概ね同じような印象があります。一方で、前に飲んでいた免税店向けのWKシリーズなどはハイボールにするとサッパリとした良い味わいでしたので、このボトルもハイボール向けには結構期待できるのではないかと思います。

FLOTILLA シリーズはフランス市場向けで、これまでに2000年、2004年、そして今回の2005年の3種類がリリースされています。この2005年ヴィンテージはWhisky Live Paris用にメゾン・デュ・ウイスキーとコラボ・リリースされたもの。FLOTILLA とは小型帆船のことで、プルトニーが掲げている “Maritime Malt (海のモルト)”のキャッチコピーに相応しく、また同蒸留所がサポートしているボートレースなどとも関連しています。

 

以前のNAS表記のリリースでは WK シリーズというものもありました。WK209WK499など、こちらも実在した帆船をモチーフとしたシリーズで、4種類ほどリリースされていました。

dsc02419

プルトニー蒸留所のビジターセンター内にある WK499 “Isabella Fortuna” の模型

ニュースリリースなどを見ているとプルトニーは良くボートレースの話題を取り上げており、並々ならぬ熱意を感じます。自分はそのあたりは余り詳しくないのですが、かつてはニシン漁で栄えたWickの町、そこに根付いたプルトニー蒸留所の、いわばアイデンティティなのでしょう。ビジターセンター内も、帆船に関するモチーフや小道具などがそこかしこに置かれており、他の蒸留所とはひと味違った雰囲気を感じられる造りになっています。

北の海の誇りを感じながら、今夜はプルトニーを一杯、いかがでしょう。

グレンタレット 18年 1994-2012 OMC

dsc01465
GlenTurret 18yo 1994-2012 (Douglas Laing OMC, Sherry Cask, 50%)

香りは焼いた木材、紹興酒、レザー、近年系シェリーが支配的、レーズン、軽くビニールゴムのニュアンス、ややワクシーさもある。

味わいはとろっとした口当たりで黄桃とサクランボのフルーツ感、すぐに木材、タンニンの渋味が覆う、ミドルからはピリピリと痛さを伴いながらターメリックのスパイス感、セージなどのハーブのニュアンス、フィニッシュはプラムやレーズンのフルーツ感が残り不思議と悪くない。

【Good】

OMCのグレンタレット、少し前の2012年リリースのボトルです。

かなり支配的な近年系シェリー樽が特徴的で、香りはほとんどその要素にマスクされてしまっています。木材とゴムのニュアンスもありちょっと身構えてしまいましたが、飲んでみると結構フルーツ感が乗っていて、特にアタックとフィニッシュに顕著でした。ミドルのスパイシー、ハーバルなニュアンスもなかなか面白いものです。香りで損してしまっているタイプかな、という印象でした。

グレンタレットらしさはほとんど感じられませんでしたが、粘性のある口当たりがもしかしたらその片鱗だったのかもしれません。もうちょっとオイリーでミルキーなニュアンスがあればタレットらしいとも思ったのですが、そんなのお構いなしの樽感でした。

そういえばウイスキーを飲み始めた頃は、シェリー樽のモルトというのはとかく甘くなるイメージがありました。当時飲んでいたシェリーカスクというとマッカランの12年やグランレゼルバ、アベラワー105あたりだったと思うのですが、今考えるとそこまで甘口というわけでもなかった気がします。恐らく味覚や嗜好が変わってきたことや、いろいろなモルトを飲んでもっと甘口なものを経験したりしたためではないかと思います。このモルトも、最初の頃に飲んだらもっと違う印象になっていたかもしれませんね。

2